| Admin |
最近のお気に入り話ですが
2014年06月05日 (木) | 編集 |
本田の話ですw。

どうやら記者から質問でもされたのだろう、首を手術したなど自分で話したことはないと言ったらしいので。
これについては個人的にあ全く気にしていない。
おいらが書いた話でもそのことは触れていないはずである。
試合に出ている以上 ハッキリ言ってそんなことは全く関係がないからだな。

だからそのことにはおいらは触れない。

ただ、そのあとの言葉には異論がある。
自分で後退しているつもりはないというやつだ。
うん、本人にそのつもりがあろうがなかろうが 傍で見ていて落ちていると感じている人は正直少なくないだろう。

本人も人が見ている眼については気がついてはいるのだろうけどね。

ただ強気の彼がそこで引くわけもないというだけのことである。

おいら的には本田が現状でずれている点が本人の認識も知らないうちに変わっていることがあるという事を知るべきだと思うんだな。
それが例えばだが守備に行くときの諦め時なんて言うのに出ているんじゃないかと思う。
また何度も書いているが大迫のパスへの反応(パスを出されてからの反応じゃ遅いんだけど)も大迫がふれる前にどれほどうける意思が強いかなどに出ているのだとおいらは思っている。
おいらはあの場面で岡崎ならもらう前にトップスピードになっていたと思っているからね。
あの場面 明らかに本田はパスが出た後にスピードを一瞬上げていると思うんだな。

他にもある。キーパーを交わしたのは別にして明らかに自分でシュートを打つ意識が低かったのがそれだろう。

シュートを打たずにつなぎだけなら本田よりも優れた選手はいる!とおいらは思っている。

まぁセルジオが書いたことで良くも悪くもトップ下は本田しかいないってのは気が付いて人はいるだろう。
できればもう一つ選手の気持ちとは別にザッケローニが3試合勝ち抜けることしか考えていないってのにも気が付いてほしいものだと思っている。

スポンサーサイト