| Admin |
本田の現状は?
2014年06月04日 (水) | 編集 |
昨日からずっと話題にしているねw。
おいらの頭の中は本田でいっぱいなのだろうかwww.

岡崎などが本田にキレとスピードアップを要求しているっていう記事を見たんだよね。

概ね それについては賛成です。

昨日も書いたように大迫のパスへの反応についてみる人によって意見が違うというのもそうなんですが、あの場面本田は普通に走っているわけですよ。で、パスに追いつけなかったわけですね。
人によっては正に追いつけないパスが悪いとなるわけです。
でも、例えばですが岡崎や大迫ならどうだったかと想像すれば彼らはディフェンダーとの駆け引きを常にしているから動きが本田とは違っただろうと思うんですね。
単純にパスよ、来い!という姿勢で行くと思うわけですよ。
すると、パスが出てからギアを上げる本田とは違い 来い!と思った瞬間にギアを上げてボールを受けに行くというのがおいらの見方なわけです。

岡崎を取り上げてもらったのがある意味わかりやすいんだとおいらは思うのですが、岡崎や大迫ってのは普段からパスが出せる選手がボールを受ける瞬間に動き出すんですね。
コスタリカ戦でも何度かおいらも見たわけですが、本田が受けた瞬間に岡崎が前に突進しているわけですよ。
しかし、ボールは出てきません。
こんなことを彼らはいつもしてきているわけです。
そのたびに後ろに戻ってボールを受けに戻るわけです。

おいらはずっと書いてきているわけですが 得点チャンスってのは攻撃が早いほど相手の守備は整わずにチャンスになるわけですよ。
時間をかければかけるだけ相手の守備は整います。

代表のサッカーが時間をかけるにせよFWは本能で前に行きますよ。
そういう動きにもっと目を配って実際に使ってほしいと思うわけですね。

かつて山口が呼ばれだしたころに柿谷にボールが出ないことに対し出せたという話を記事で見たわけですね。
遠藤は見てるけどあの場面では出せなかったと相手の守備との兼ね合いを語っていました。

おいらはそれに対し それが普段一緒にやっているかそうでないかの違いなのだろうという意見を出したわけです。
山口にとっては柿谷のトラップでかわす能力は知っていることであり あれは出せるタイミングなわけです。
一方で遠藤は自分の判断で出せないという事を言っているわけですから両者ともに間違っているわけではないのですね。

ただ、一緒にやっている人間にとって出せるという判断はもっと優先させるべきだとおいらは思うのです。
それは柿谷がそのパスを生かしてきたという実績の裏付けがあるからだと思うからですね。

仮に失敗をしても そもそも攻撃の失敗はある程度仕方がないことでしかないですからね。
攻撃はやり直しがききます。


話を元に戻しますと香川なども本気でボールを受けに走るわけですよ。
多くの場合は香川の場合自分からのワンツーなどになりますが、もらうつもりで走るわけです。
それに対して今の本田はそういう意識が低いと思うし そもそも本田はそういう走りが少ないように見えるんですね。
そういう部分が本田は走らないという印象の原因だろうとおいらは思っています。
もう一つがチェイスはしますが本田はあきらめも早いわけです。
ファーストアタックであきらめるケースはおそらくは多いでしょう。

これはポジション的な面も否定はできませんが、守備に課題があると言われる柿谷でさえ追うときは追います。
本田も追う時は追うんでしょうが 単純にあきらめる姿が目につくんですよね。
コスタリカ戦でも本田のタッチ集などが出ていましたが おいらが気になった守備での諦める姿などは映っていません。

本田のプレーが遅いというのは間違いなく事実でしょう。
コスタリカ戦でもパスの受け渡しで出し手がない時に同じ場所でぐるっと回っただけなんてのもあったわけですね。
現状ではそういうのも含めて本田のプレーなわけです。
本田の代わりを誰かできるのかと言われればできないというしかありません。
そもそも本田を替えるのに本田のプレーをしようと考えることさえ無意味です。
俊輔には俊輔のスタイルがあり憲剛も同様です。高萩に本田のプレーを求めても全く意味がありません。
高萩は高萩のプレーをすることが求められているのですからね。

スルーパスが出せる遠藤と青山でも遠藤のプレーと青山のプレーは違うわけですから選手が変わった時にほかの選手と同様に考えることは全く意味がないわけですよ。

ワールドカップは本田と心中ってのはもはや既定路線です。
だけど 出来が悪すぎたり怪我を心配して準備段階である最後のチャンス ザンビア戦ではたとえ半分でも本田がいない試合をしておくべきというのがおいらの考えです。
本田本人はずっと試合に出たいでしょうが、チームのためにこの試練はやるべきことだとおいらは考えています。

大久保も本田に限らずもっと前を早く使ってほしい、前に急ぐサッカーを口にしているようですね。

おいらはそういう効果がコスタリカ戦でも出ていたと感じています。
それが2点目や三点目の効果だと思っているわけです。

本田を経由しないプレーが多い時は日本は悪くないというのあおいらの代表を見る一つの基準にさえなっていますからね。
このことは周りの選手が多く動いていることでいつだって選択肢が多いといえるし、パスの出し手に選手が良く見えているという判断基準にもあり得るからですね。
本田にばかり集まるときは結局本田にばかり目が言っている悪い傾向だと思うのですね。
本田を経由することが悪いのではなくほかの選手に目が行っていないことが悪いという見方です。また、逆にパスを受けれる場所に選手が言っていないとも見れるわけですね。
ですから本田を経由しないパスが多いってのは日本にとっていいときだとおいらは判断をするのです。
そういう意味ではコスタリカ戦はときに本田にボールが集まるが 結構パスは散らされ効果的な攻撃は出来ていたように感じられるのです。
まぁ時々精度に問題も感じましたが悪くはなかった。と思いますね。

あとはザンビア戦でザッケローニがどういう選手をどう使うかを見所にしたいですね。

おいらが期待するのはレギュラー組でない選手を多く使う事、もう一つは本田を半分でいいから外すことをして欲しいと思うのです。
控えになりそうな選手を使うことは本番での起用に望みをつなぐモチベーションになるだろうと思うし 主力はベンチで試合を見ることも後のためになるはずです。
いい流れや悪い流れを客観的に見ることで生かされるはずです。

もう一つはできればザッケローニは正しいポジションに選手を使ってほしいという事もありますね。
おいらは大久保をサイドで使うことに反対です。
使うならワントップに入るかトップ下に行くべきだと思っています。
右サイドなどでの岡崎が外れた場合の第一候補はこれまでに清武だったでしょう。
おいらはどこでも使えるってのは悪いことではないと思うがその分スペシャルではないと感じてしまいます。
そういう意味ではサブ候補の下の三番手という見方をする人間ですからね。
そもそも大久保は点取り屋なわけですから相手ゴールに一番近いポジションがふさわしいと思いますしね。
本田が外れる場合の可能性は大迫と柿谷の同時出場だってあり得るというのもおいらの考えなわけですから ね。
サイドバックも今野を試したようですが本来は酒井が一番手でしょう。酒井が不安だとしてそれは選んだザックの責任ですよね。

まぁ前にも書いてますが一番の不安はトップ下ですってw。
スポンサーサイト