| Admin |
ワールドカップが近づいてきたんだね
2014年06月03日 (火) | 編集 |
コスタリカ戦が終わっていろいろな意見が出ているね。

本田いらね!とか 本田いらねってやつは馬鹿 朝鮮人だろ!とかねw。
おいらは本田が嫌いw。
だけど試合に出ることについてはあきらめている。
ザッケローニの仕事は3試合で結果を出すことでしかない。
それ以上のことは基本的に考えていないだろう。

その証拠が本田以外のトップ下を基本部分で考えていないことでわかると思う。

優勝するには7試合?が必要になるだろう。
予選の3試合加えトーナメントで2回勝手ベスト4、3回目に勝って決勝進出。優勝には全部で7試合が必要になるだろう。

その間に累積での出場停止やけがによる交代なども考えられるが基本的に日本代表では本田以外のトップ下は考えられていないだろう。
あるのは本田の代役でしかないのだ。

かつて本田が出れない試合で憲剛や香川がトップ下をやったことはあるが これは本田以外のトップ下の可能性を検証するものではない。
なぜなら本田が出る前提でトップ下をしていないことでわかるだろう。
憲剛や香川がトップ下をした試合で本田がどこかのポジションに入ったか?といえばそのような試合はなかったはずだ。
ザッケローニは初めから本田以外にトップ下を試したことはないんですよ。
彼がしたのは代役を誰にするかであってトップ下を検討したわけではないのだ。

本田が出る試合で本田以外にトップ下に入った選手はいないだろう?
ほかの選手が途中出場や交代で外れる事はあっても本田だけは常にフル出場である。

いま本田の調子に疑問が出ていたとしてザッケローニは途中交代でさえ行わない。

ワールドカップに向けて一番心配なのは実はこの事だろう。
ユン・ジョンファンは代表の欠点を攻撃的な選手の身長をあげていたが 実は本田以外の選手がトップ下でやっていないことが本当の弱点だとおいらは考えている。

大久保がトップ下でも使えるとか言っている人もいるが 仮にそうなったとしてもあくまで代役でしかない。
それが証拠に試合で試されないではないか?

試合中に本田がけがをするとか 累積で出場停止になった途端 日本は本来の力が出せなくなる危険性を持っているという事なんだな。
ワールドカップで7試合なり6試合な利することを想定している監督なら 当然そういう想定もするだろう。

所謂強豪国なら試合でりーどしたら主力を下げて戦ったりするわけだが 日本はそう言うことはほとんどしていない。
ほかの選手は変えるという事はあったがトップ下だけはずっと変えていないのだ。
では本田は怪我をしないのだろうか?違うよね。
カードはもらわないのだろうか?それも違うだろう。
うっぱつレッドでなければ3試合程度ならやれる前提でしかチーム作りをしていないから本田は変えてこなかったとしか思えないだろう。

もし本田が言う優勝を一部でも信じようと思えばザッケローニの選手起用には疑問を感じ 異論が出なければおかしいのだ。親善試合などで本田以外のトップ下を試さないのはどう考えてもおかしなことだと言わなければいけないのだよ。
可能性で言えば、本田がカードを貰わないことや怪我をしないことだってありうるが 6試合、7試合を戦うつもりがあれば多くの可能性を考えるほうが普通だろう。
そのために23人もの選手を選べるのだからね。

おいらは残るザンビア戦で本田を途中からでも外すことを検討してもらいたいと思っている。
一つには本田以外のトップ下を実践で試す必要を感じるからね。
もう一つはその結果で本田にも悪ければ外されるかもしれないという意識をしてもらう必要があると思うからだね。

本田は口では立派なことを言うが 体がついていっていないこともあるだろう。
選手が一番つらいのは試合に出れないことなわけで 悪ければ本田も同じだと意識しておくべきだと思う。

彼自身自分が出れなくても優勝するためのプランがいつだってあると言っていただろう。
実際にそういう立場に身を置くことも必要だと思うよ。

ただザッケローニは同じには考えていないだろうから本番で外すよりはできればその前にやるべきだとおいらは考えるのだ。さすがに本番でぶっつけでこなすには勇気がいる。

ついでにできれば本番で出場しない選手を使ってくれるとありがたいと思っている。
ワールドカップではけっきょくのところ総合力ってのが重要になると思っていて それにはベンチの選手のコンディション作りも大事なことだと思うからね。
スポンサーサイト