| Admin |
ちょっとしくじった!
2014年06月03日 (火) | 編集 |
代表の恭香試合のコスタリカ戦 全く気が付かず!!!

気が付いたら後半20分。
得点が1-1.

三分の二を見逃した。


途中から見ての感想しか書けない^^;

それでも書いておくけど、正直パスがかみ合っていないのが結構目立つ。

それでも体的に多少上がってきたのか踏ん張りは聞いている模様。
ただクリアが相変わらずクリアだけになっているケースも目立ち相手のチャンスを広げている。

まだまだという感じ。

結果的には香川と柿谷に得点が生まれ3-1での勝利。

正直微妙です。
失点につながりそうな場面も作られていたわけで 良く言えば踏ん張った、悪く言えば相変わらず危険なプレーがあると言えるのだろうね。

相手を油断させる(油断してくれる保証はないんだが)意味では1-1でも良かった気はするんだが。

それにしても 本田が好きではないおいらの感想としては まぁある程度分かってはいたんだが本田を外すという選択肢はザッケローニにはないことが改めてわかったように思う。
そのうえで言えばどうやら1っ点目は本田も絡んだようだが 2点目、3点目でいえば本田が絡まない形が良い攻撃につながっていると感じる。
本田が関わらないことで展開が早い。

ベルギー戦などの良かった点といえばおいらには本田を経由しないプレーが多くてそれがいい結果につながったと感じていて そういう意味ではそういうプレーが結構あったことが日本が良かった点だろう。

見れなかった前半 今野をサイドで使ったようだね。
おそらくは怪我明けの内田や結構深刻な怪我を抱えているといわれる酒井の心配がこういった起用につながったのだろう。ただ、個人的にはキプロス戦では伊野波であったことを考えれば伊野波を使った方が今後わかりやすいように感じたね。

ザッケローニはそれなりに考え遠藤を途中出場させ岡崎も同様に使ったわけだが 本田だけは相変わらずである。
正直、替えが効かない形を作ることは代表にとって決していいことではないと思うし 本田に関してはそういう形で扱うことが悪い方向に行きかねないと思うのでラストチャンスで外してほしいと思うが まぁ無理なんだろうね。
本田を外せというのは好きではないと理由以外に ブラジルの気候などを考えれば普通に考えるべきことだと思うからだね。
体が重くプレーの出来に影響する可能性は決して低くはないだろう。
本田だけのことではないが 本田以外は交代したり途中出場の経験があるのに対し本田だけがフルで出続けているからである。
ワールドカップは結果がすべてなら予習をしておくことは悪いことではないはずだ。
出来の悪い本田を使い続けるようなことになれば本田の為にもならないだろう。

ザッケローニは勇気をもって本田を外さざるを得ないケースまで考える必要があるとおいらは思う。

いわゆるレギュラーっぽい人たち以外の選手の使い方はもう少し考えるべきだというのがおいらの考えである。
岡崎の代わりに大久保を使ったらしいがそれは間違いだと思う。
岡崎は点が取れる選手だし 攻守に頑張れる選手である。大久保も似たような選手ではあるが足元ははるかにうまい。
大久保を使うならトップかトップに近い場所であるべきだろう。おいらなら選択肢としてどちらかしか使えない想定よりは同時に使う想定をした方がいいと思うのだ。
どうしても点が欲しいケースは来ると思うし そのときに点を取る実績のある二人はどちらかではなく両方同時に使いたいものだね。
スポンサーサイト