| Admin |
疑問!?
2014年05月23日 (金) | 編集 |
おいらが考える必要はないのだが、好きなサッカーのことなので書いてみる。

それはなでしこの今行われている佐々木監督の采配についてである。


正直言って前回のワールドカップを取って以降、選手選考や起用方法などいろいろ疑問に思う事ってのはあるわけだが 特に昨日の采配などでもそういうのが目についた。
普段は女子サッカーはほぼ見ないのでこういう時に批判的に言うことについてははばかられるのだが 海外組の多くを呼べなかったとはいえ試合中にポジションをいじりまくった挙句に途中出場させた選手を試合中に下げてしまう采配ってのには滑沢理解できないでいる。
こういうケースってのはよっぽどのへまをやらかさないと普通ではありえないのだ。

おいらには女子サッカーの試合は正直出来がいいとか悪いとかっていうレベルではあまり見れないという思いはある。
いい出来だったか?と言われてもわからないが悪くて目につくという事はなかったと思う。
むしろ、ナデシコの特徴ってのはパスがつなげるっていうのではなかったのだろうか?と思う場面は沢山あった。
宮間のパスなどがそれにあたるのだが縦に永井パスを何度も仕掛けては精度が悪く相手へのパスになってしまう場面をアンド揉みかけているのだ。
おいらはなぜそういうパスをアンドも出すのか?のほうが疑問だったわけだ。
宮間といえば正確なキックを言われているが正直こんなレベルでしかないのか?と言わざるを得ないと思う。
ほかの選手の出来?によってそういうパスを出すというのはわからないでもないが同じように何度も味方に届く前に相手にわたっているのに何故?である。
ほかにも悪くはなかったが川澄などにしてもサイドから中に切れ込む場面は結構あったが府仕事シュートを打たずにパスをしていた。
おいらはもっと自分で打つという意識を持つべきではなかったか?と何度も思ったものだ。
ほかにも日本の選手が強引に打ったシュートはまるでキーパーへのパスかと思うものばかりであったわけで そういうシュートを打つぐらいなら味方につなぐべきでは?と思ったものだ。

おいらが思うには今回の大会ですでにワールドカップ出場は決まったとはいえ佐々木監督の采配に大いに疑問を感じている。
昨日の試合でも宮間一人にしても何度もポジションチェンジをさせている。MF>FW的>ボランチである。
宮間だけではない。高瀬にしてもそうだしほかの選手もポジションをころころ変えられているのだ。
ワールドカップに向け選手が複数のポジションをこなせるってのは確かに武器にはなるだろうが、それ以前に肝心なポジションで結果を出させるってことも重要な意味があるように思うのだ。
高瀬などはFWで基本的に起用されているが今大会では結果を出せていない。

オリンピックでも怪我明けの丸山を読んでいるし今回も呼んでいるが彼女が絶対に必要か?と言われれば疑問を抱く。
なでしこファミリーみたいなものがあれば選手などでも必要という声が出るのかもしれないが 個人的にはもっと試すべき選手を使った方がいいように思えてならないのだ。
そういう意味では気流を途中出場させておきながら選手交代で下げるようなことまでする理由ってのはおいらなどにはわからないと言えばその通りだがやはり尋常ではないと思う。
そもそも猶本などはもっと使ってみるべきだと思うのだが どうにもワールドカップのメンバーを大事に使っているという印象だけが付きまとうのだ。

正直ワールドカップの出来は良すぎたわけで その後の試合で同じほどの出来だった試合はない!と言ってもいいと思う。
ある意味では過去の栄光を大事にしすぎているようにも見えるのだ。
おいらにはだからこそテレビなどの中継で日本をチャンピオンチームという人に気がしれないのだ。

90分で勝ったことがなかったアメリカに勝ったことはあったかもしれないが アメリカの出来も決して良くはない中でのこと。
寧ろドイツなどにはある意味全く歯が立っていないことの方が気になるわけだ。

ワールドカップで勝ったことで佐々木監督がまるで神のごとくに扱われているようにも感じられるのでおいらには余計に今の不思議な采配には疑問を抱かざるを得ない。

本大会ではワールドカップで勝った時に結果を残していなかった大儀見などはいまではエースの貫録を示すに至ったがほかの選手は当時より成長しているかと言えば疑問であのメンバーをそのまま使って結果を出せるかと言えば疑問だと思う。
ついでにいえばベストメンバーを組めなかったときにいろいろな選手を使ってきたわけだが、次の大会で誰を使うかで 誰を成長させたか?という部分がわかるのではないかという気がしている。

若い世代が伸びていると思うのだがA代表レベルでは日本が全身している印象が得られていないように思うのだ。

ネットではなでしこの人気が無くなってきているということも書かれている。

おいらには女子サッカーで思うのはある意味頭での理解などは男子よりいいのでは?と思う反面 パスが適当すぎるように見えて仕方がないのだ。
球際に関しては女子のほうがある意味厳しいのだがプレッシャーにあったときに弱うパスで中途半端になったと思えば そこはそんなに強く蹴らなくても と思うほどの強さのパスが出たりするのだ。

まぁ肉体的な側面で男子に比べ足首が柔らかい分キックの精度が出ないことがあるのかもしれないけどね。

昨日の試合では正直中盤が負けていたと思う。
パスなどで結果的に日本のポゼッションが高かったかもしれないが中盤で個人でモテている分では中国のほうがいい印象を受けたし前への力という部分でも中国の選手のほうに力があったと思う。
日本はほとんどドリブルで前に出ていくことがなかったわけでそういう面ではハッキリ劣っているように見えたのだ。

中国はパスもつながていたわけで いまのまま行けば近い将来には逆転されるようにしか見えなかったと思う。

佐々木監督の下でメンバーを変えると難しい試合が多くなる気がしているので ある意味ほかの監督でやってみるべきじゃないかと思うんだな。
ある意味自分が考えるサッカーに選手をはめようとする傾向があるんじゃないかという危惧があるからなんだが。
そういう意味では選手を生かすサッカーってのを考える監督なら若手が出た際にもっと可能性が広がるんじゃないかとおいらは考えるのだ。

これはザックジャパンで本田がいないと勝て邸内じゃないかという人にも言いたいことだが ザックジャパンでは本田がいないサッカーの形を持っていないから本田がいなければ勝てないと勘違いをしてしまっていると思うのだ。
本田がいないときに香川を使ったり憲剛を使ったりしていたわけだが本田の代わりとして起用されていたのだと思うのだ。
おいらは香川らしいトップ下というもの憲剛らしいトップ下というシステムがそもそもで模索されていればもっと違ったものになっていたと思うのだ。
ザックの場合は本田のトップ下を理想としてそのシステムに合わせることを模索していたと思う。
それがメンバーの選考でも自分のサッカーに合う選手という視点になっていると思うのだ。
そしてそれが同じチームの選手の相性みたいなものは考えずにザックのサッカーに合わせれる選手という視点になっているのだと思うのだね。

おいらは寧ろ出る選手の個性を生かすサッカーというものがもっと必要だと思っている。
だから代表で出る選手には日本代表のサッカーはこうだ!というサッカーをするのではなく出る選手の強みが出せるように柔軟なサッカーをして欲しいと思うのだ。
そうであればFWがなかなか点を取れないという代表のサッカーにはなっていないと思うのだ。

佐々木なでしこサッカーもザッケローニ同様 監督のサッカーに選手をあてはめていないか?という気がしてならないのだ。
まぁ監督だって選手の個性は尊重してはいるのだろうが自分が考えるサッカーに当てはめた上でのことだろう。
おいらとしては寧ろ選手の個性が先でそれにシステムを合わせるぐらいでちょうどいいと思っているのだ。
可能なら是非やってみて欲しいと思う。
スポンサーサイト