| Admin |
さてさて・・・
2014年05月14日 (水) | 編集 |
美味しんぼ関連の記事が増えてまいりましたね。

小学館のスピリッツが公式に文章をだして 月日がたった今考え直す一助になればと思って掲載したと書いている。
そこでは政府の対応やメディアの報道についても議論を起こしたいみたいな記述があるが 自ら適切でないものを掲載してしまったようだね。
公式の文章には書かれていないが記事を扱ったメディアによると復興を応援するつもりでと書かれていることに驚くね。

除染の効果も疑わしく今後住めないという記述や低線量被曝の研究は不足していて誰にも正確なことはわからないという体で好き勝手書いたわけだから批判されても仕方があるまい。
一部では旅館などにキャンセルが出ているという報告も来ているようで どこに復興の支援というものがあるというのだろう?
想像では最終的に政府や東電、そして医学界の批判でもっと国民に分かりやすくやれで終わらせるつもりを復興支援だとでも言いたいのだろう。
福島原発周辺なら住めないは理解できるがこの件では福島の一括りであるわけで政府などの発表に懐疑的なコメントpを出した福島大学の先生が住んでいて研究をしているのは福島でではないのだろうか?
鼻血の元町長は福島に住んでいるのではないのだろうか?
話に出てくる大阪の震災がれきで鼻血や気分が悪くなるってのがあるらしいがあの瓦礫は岩手のがれきらしいのだが美味しんぼの表現は正しかったといえるのだろうか?
確かにがれきの受け入れに反対していた人には受け入れただけで気分が悪くなるかもしれないのだが・・・・。

さてさてキャンセルを食らった旅館などの被害に加え食品関係でもかなり手厳しいことが書かれており目に見える実害以外にも精神的に不安になったなども含めれば訴訟を起こされれば勝ち負け以前に小学館には大きな痛手になるだろうことは間違いあるまい。

メディアの中とか反原発のひとからも美味しんぼのことは事実だろう?などと言う声が出ているようだが それは被曝の影響であるという根拠も明確でないのと同様に関係がないと確実に証明できる資料がないと言いたいだけのことでしかないだろう。
福島に足しげく通う小泉進次郎は鼻血など出したことがないというし番組でなんども訪問したTOKIOのメンバーも鼻血を出したことなどないというコメントを出している。

すなわち単純に誰に聞くかで得られる資料が違うという事をすっ飛ばしているとしか思えないのだ。
漫画の作中でも科学的な根拠はないとしながら被曝が原因だとしているではないか?それを小学館はほかの言葉を理由に断定はしていないと詭弁をいい、復興支援だというのは全くおかしな話だ。

おいらには仮に最後に福島を応援しようと括ってもこれまでの内容から政府や東電などを批判してもっと復興に真剣に取り組めとやったところでこれまでの記事でできてしまった負のイメージを消すことは無理だと思うね。
前にも書いたが、作者の思いを込めた警告的なものだとするなら何週にもわたって結果が出ないような漫画という媒体でやるべきものではなかったというしかあるまい。
橋下市長はフィクションだと笑ったらしいが実在の人物を使い実在の場所で起こった事故を題材にしている以上単なるフィクションでは済まないだろう。
現に被害が出てしまっているわけだからね。
出版社はもはや半分逃げに入っているが原作者は取材に基づいた事実だと言っていることでも大いに矛盾があると思う。

とりあえず原作者は少し思い込みの激しい性格であることは間違いがないのだろう。
これまでの作中の言葉などでもここまで問題にはならずとも批判の受けていたらしいし そもそもこういう人たちに言えるのは自分の信じたいものだけを信じるという傾向があるように思えてならない。
鼻血にしたって被曝の影響だと思い込んでいる人にとってはそれ以外は受け入れられないのだろう。
だから岩手のがれきで被爆した気になるんじゃないかな。

まぁこれでスピリッツは売り切れだとかって記事になっているが、訴訟がおこれば簡単には終わらないだろう。
場合によっては億単位の金額が請求されるだろう。
直接被害にあわなくたって精神的に苦痛を受けたで起訴するだけなら十分だろうからね。
原告が大勢いる訴訟を抱えることってのは出版社にとって気持ちのいいことではないだろうからね。
これまで出版社が訴えられるとしたって基本的には掲載された個人もしくは複数の個人があいてでしかないだろう。
今回はもしかするといちどに多数の人間から訴訟を起こされる可能性があるわけで過去にない問題になりかねないのだ。
彼らの文章にはメディアの記事の仕方も議論すべき問題らしいのだが、それ以前に問題の提起の仕方に大きな問題があったことを彼らはわかっていなかったんだねぇ。。。。
スポンサーサイト