| Admin |
美味しんぼの問題
2014年05月12日 (月) | 編集 |
個人的にはこういう漫画がでることに違和感を覚える。

これで間違いはないという対応を政府は取れているとは思えないが、曲がりなりにも検診などを行っており漫画がいうような問題は科学的には実証されていないだろう。

あくまで個人的にではあるが、福島の原発問題を語る際にそもそも福島というひとことで片づける傾向に問題があると思っている。
福島は広い範囲があり除染しても住めないかもしれない地域は福島全土ではなく一部地域でしかないことをもっと慎重に頭に入れるべきだろう。
したがって原発問題を語る際にも福島ということばで括らずにもっと細かく認識するべきだとおいらは思うのだ。

実際に危険な地域というのがある子とは間違っていないのだろうが福島で括れば安全な地域も多くあり福島で生活をし仕事をしている人も多くいることを考え責任ある発言を心掛けるのは多くの人の目につく出版物にかかわる人間の責任ではないかとおいらは考えるのだ。

福島には住めないでは原発から離れた場所にいる福島県人の立場はどうなるのか?まで頭に入れた発言とは決して思えないだろう。
それだけにとどまらず現実問題として原発の収拾に働いている人たちは命を捨てていると言っているようなものだし、住めないの一言で済ませるなら原発の収拾をどう考えているのかをはっきりさせる必要もあるだろう。
そこまで言えて初めて公に向けた発言ができるんじゃないだろうか?

それにしたって週刊誌で掲載されている漫画で議論を小出しにするやりかたで発表する方法がこの問題を扱うのにふさわしいかと言えばそれも違うというしかないだろう。

仮にだがそういった今後どうすればいいのか?なども含めた内容だとしてもそれを小出しに何週間も引っ張って発表するのは間違いでしかないと思うのだ。
一度の発表で完結した内容で多少は議論の余地はあるが一話の内容で被爆が原因だ!で終わりそれについて詳しい話は次号ででは単に世間を騒がせるだけでしかない。
そういう意味でも週刊で掲載する漫画という媒体で扱う話でないことは明らかだろう。


原作者は自分は悪くないと思っているようで2年の取材に自信があるようで言論の自由についても口にしているようだが、今の言論人らしく責任という面をどうやらはき違えているようだね。
自由に発言した結果が編集部や出版社へのクレームになっただけのことだろう?
作者の発信で迷惑を受ける人たちが声を上げたら言論への弾圧になるというのだろうか?
そんなものはただのエゴでしかない。

おそらくは編集部や出版社も同様に考えている節があり、最初のクレームに対し連載を続行したわけだからっ供御の上だろう。
所詮彼らは訴訟でも起こされ金銭的に痛い目に合わなければわからないのだろう。
個人的には個人で訴訟を大人数で起こすのが有効だと考えている。対応が大変だろうねぇw。

まぁこの件で特集を組むらしいがおそらくは火に油という結果になると思う。

上でも書いたが福島で一括りにして記載したものは取り返しはつくまい。
あくまで本当に問題なのは原発の周囲だけのはずだからね。それを福島で括れば問題にならない方がおかしいのだ。

どちらにせよ、この件に関して出版社が声を上げ続ける限りは火に油状態は続くとおいらは思っている。
スポンサーサイト