| Admin |
雑談ですが
2014年04月04日 (金) | 編集 |
捕鯨問題で感じること。
捕鯨問題ではいろいろと着てきたが、結局日本は世界にハメられたというか日本的考えが不幸を招いたというんだろうか どちらにせよ悪い結果になったと思う。
ハメられた 日本的考え方ってのが調査捕鯨という手段だろう。
おいらにはどちらが先かわからないが日本は調査捕鯨があるためか もしくは近海捕鯨が禁止されたから調査捕鯨という手段を取ったかであろう理由で調査捕鯨という形で捕鯨をしてきたわけだ。
どちらが先かは知らないが結果的に日本は調査捕鯨という名目でしか捕鯨が許されなくなっていたわけだ。

これを調査捕鯨は名目だけだ!と非難する声ってのはその背景を無視した行為だと推測できる。
日本は近海(沿岸)捕鯨が認められていればある意味わざわざ南極にまで足を延ばす必要もないとも考えられるよね。
ところがそれは禁止されているという。
日本は調査捕鯨でしか捕鯨ができないようなのだ。
では、IWCがなぜ日本に調査捕鯨を認めているかという事を考える人は少ないんじゃないだろうか?
日本人ならその理由として調査捕鯨名目で取ることを許していると考える人はいただろう。
ところが外人の中には調査捕鯨はおかしいだろう?という声が上がったわけだ。
面白いことにそういう声を挙げた国の人間が加わっているIWCで認められているのにそれはダメだといっているってことだね。
ある意味IWCっていうところでは日本の立場を配慮した形で調査捕鯨による捕鯨枠を認めていたということなのだろう。
ICJの決定はそのIWCの裏の取引ともいえる形を否定してしまったんだな。
IWCにしてみれb今回の決定ってのは非常に微妙な決定だと思うね。
なにせIWCは認めていたことにICJが違法だという決定をしたわけだ。同時に調査捕鯨自体が問題にされたことで今回の決定はあくまで南極だがIWCが認めた調査捕鯨すべての正当性に疑問符が打たれた格好なわけだ。
ある意味日本が唯一行える調査捕鯨がすべて曖昧なものとしてとらえられ、南極での捕鯨は禁止されたわけで 今後にはすべての地域での捕鯨の違法性までも指摘されたに等しいわけだ。

日本はこれに対し当面は何曲以外での調査捕鯨を続けられるとはいえその正当性にはすでに疑問符が打たれたわけで調査捕鯨そのものが危ういと言える。
そして日本は調査捕鯨しか認められていないことから捕鯨ができなくなる可能性さえあるのである。
おいらはこの件で当初は数を増やして調査の正当性を訴えることも可能だと書いていたが基本的にそれが認められるとしてまずIWCに新たな調査捕鯨の枠組みを説明しそれを元にICJに新しい決定を待つて事になるように思うんだ。
さて、今回の判決にしたって2010年に訴えられた決定がやっと出たわけで結果からいえば日本が南極で捕鯨をするには最低でも3年ほどはかかるであろうことが想像できる。
そして今回の決定でほかの地域での調査捕鯨への疑問がでればそれはそれで危険なわけで(まぁICJの決定には従うがIWCにはまだまだ日本の政治力はあるのだろうけど)そうであればモラトリアムに反対して捕鯨をするか、IWCから脱退するしかないともいえる。
IWCにとっては日本がいなければある意味無用の存在だともいえ分解しかねないだろう。
逆にIWCに加盟していない国ではカナダがあり加盟はしているがモラトリアムに反対し捕鯨をしている国があることで日本がそういう立場を取った方直接的に動向を考える必要もないと個人的には思う。
もっとも世論を味方につけたいアメリカなどから圧力がかかるという事はあり得ると思うがそれによって日本が譲歩する必要はないとおいらは考える。
安全保障が揺らいだとして今の世の中でもはやアメリカの後ろ盾ってのがそれほど重要だとは言えないと思っているからね。
緊張する中国との関係で言ったって局地戦に限れば今の日本でも十分にこなせると思うからだね。ついでにアメリカの後押しがなくてもそういった局地戦が長引くとも思えないからだね。

尖閣で戦争になったとして日本本土や中国で戦闘行為が許されるとも考えにくいわけでそうであるならアメリカの抑止力といってもせいぜいそんなものでしかない。
東日本大震災で考えても日本が戦争状態になると世界の経済が非常に大きなダメージを受けるのは間違いがないだろう。
それを見過ごせるとは考えられない。

さてさて、ここで調査捕鯨というシステムについて考えてみればある意味ではどこが考えた制度化は知らないが危うい制度だったことは間違いがないと思う。
一方で日本がモラトリアムに賛成をしたうえで捕鯨を続ける手段としてはある意味有効な方法だったことも間違いがないだろう。
外国人の批判の中には調査捕鯨という手段を否定する声が多いがそこにある背景について理解を示す人が少ないことが人種の差といえるんじゃないかなぁ。
日本人でもこれはまずいだろ?という声はあるが、一方で大人の解決策と見れる人も少なくないんじゃないだろうか。
日本の捕鯨で日本の税金の使い道を心配している声もあるが 逆に言えば当事者であるオーストラリアなどもIWCに加盟しておりある意味では調査捕鯨を認めている国の一つでもあるわけだ。
そして日本がいなくなればIWCの存在意義も大きく失われるだろう。
加盟国の中でも捕鯨をしている国はあるが調査捕鯨をしてきた国は日本しかあるまい。
そしてIWCの中で捕鯨に反対しつつも捕鯨をしている国さえあるわけだから困ったものだ。
そういう国の反対で日本は沿岸捕鯨さえでき無くされてしまっているわけだ。
アメリカがその国だがアメリカは沿岸捕鯨が認められているというのだから・・言葉を失う。

日本に捕鯨を認める手段が調査捕鯨であると思えば今回は世界に日本は裏切られたともいえるだろう。
上でも書いたが今回の決定の理由が調査とは言えないんじゃないかであるためにほかの地域での調査にも疑問符が打たれるわけで しかも調査捕鯨以外の捕鯨が認められていないという事実が問題なのだ。
少しニュアンスは違うが慰安婦問題の上で大きな河野談話がある。
河野談話はこういう形にしてもらえば今後は責任を問わない的な話に乗った結果 いまでも揚げ足取りのようにその談話が日本に暗い影を落としている。

捕鯨についてもいかなる理由でかは知らないが結果として日本は調査捕鯨しか認められていないことが悪い結果に出たということなんだろう。
世間で言うようにノルウェーのようにモラトリアムを否定して捕鯨を続ける方が正当性もあるしカナダのようにIWCを脱退する方が正しいと思うが、日本は独自の考えでか圧力による妥協案かはわからないが調査捕鯨という理由でほげいができていたわけで今更それを後悔したってしかたがないだろう。

とりあえずは決定の理由になった調査の内容の問題を見直すと同時に同じ過ちを繰り返さないためにモラトリアムへの反対やIWCの脱退を視野に入れた政策が必要だと思う。

同時に日米安保についての考え方の見直しもするべきだと思う。
日本はアメリカの守られているというが、現状で日本を一番浴び屋化している国を考えたときにアメリカが一番だろう。
中国との問題もあるが結局中国は手を出してこない。
アメリカさえいなければ手を出せるかどうかを考えても局地戦では中国は日本だけを相手にしても勝てるとは限らずむしろ中国は手を出せば負けることができないだろう。
これは日本以上のプレッシャーがあるだろう。
それ以外で日本に手を出すかもしれない存在は北朝鮮しかありえない。

逆に日本を守ってるという声の裏で日本を恫喝するアメリカにどれほど譲歩したかを考えたときに日米安保が基軸だというのには疑問しか浮かんでこない。

日本の不安はとりあえず中国と北朝鮮しかない上にそれらの国が直接的に日本に戦争を仕掛ける理由も多くはないのだ。
尖閣でさえ日本本土を戦場にする理由にはなりえないだろう。
多くの人が考えるとおりに尖閣しか戦場になりえないだろう。ある意味それは尖閣が無人島だからである。

ウクライナ問題でも見えるようにクリミアでさえ世界はロシアに反対するのだ。
内戦には手を出しずらいかもしれないが国同士の問題は黙って見過ごせまい。

ちなみに尖閣問題も、今回のICJのように日本は訴えられれば従うしかないのである。
それでも中国は訴えないだろう。主張の危うさを知っているからだね。

竹島も同様に日本は韓国にICJ行きを促すが韓国は乗ってこない。
中には尖閣と同じだと朴一氏のように言う人がいるが今回でもわかるように日本は逃げ隠れしないと宣言をしている。
根本的に考え方が違うのだ。

捕鯨問題でも慰安婦など韓国の言い分に対し日本が悪いという風潮が世界の中には存在しているようだが、日本ほどの国はそうそう存在しないだろうことも知るべきだろう。
世界に先駆けて人種差別撤廃を口にだし、ICJに訴えられれば従うという宣言もしている。

人種差別撤廃を訴えた日本の提案に反対した国がアメリカだし京都議定書に反対したのもアメリカだったろう。
捕鯨にしても日本に圧力をかけ捕鯨を認めないとしながら自分はちゃっかり捕鯨をしているのもアメリカだよ。
さらに言えば日本が良い国であれば一番困るのもある意味アメリカなんだな。

まぁ日本って国は資源に乏しい国であることが唯一問題なわけで、それが日本にとって非常に厳しいわけだ。
その一つが食料問題で農業を守るために観世は今のところ必須なわけだよ。
対米黒字が問題にされるがしかたがないよね。
日本は農業は守らなければならないから関税は譲れない。一方で車や家電ではアメリカ製品を凌駕しているから黒字になってしまうだけのこと。
人口が多い国で日本ほどの社会が整備された国はないんじゃないだろうか。
国民皆保険などは一部の国では同様なものはあるだろうが、少なくても1億人を超える人口の国でやれる国はないだろう。
テレビなどで途上国の救急救命などで助かる命が救えない実情などというものをやっているがアメリカなどは先進国でありながらそういう国なわけだ。
金がなければ医療も受けられない。火事になった家も保険に加入していなければ消火さえしてもらえないなどと言う動画もあったのがアメリカの姿だろう。
ヨーロッパで人口一億人を超える国ってのはなかったと思うがドイツ以外はそれなりに大きな問題を抱えているように思う。

日本が悪い国の印象を与えているのが韓国だが個人的にはそれを後押ししているのがアメリカだと思うんだな。
なにせ第二次世界大戦後に一番日本に対する資料を持っていながらさらに時間がたってそれが公開されているにもかかわらずにメディアなどで日本批判を煽っている国こそがアメリカだからね。

さらに言えばw、アメリカは映画などで自国のシステムの不安さを描く割りに正しい国だという自負のようなものが存在し正当化する気質のようなものまであることに問題を感じるんだよね。
その例が銃の問題だろう。保険にしても貧乏人の保険料を負担することに国民でさえ不満を口にする国なわけだ。
そのくせ、なにかあるとどこよりも率先して寄付とかをしたがるのもアメリカの特徴だろう。
感情的な部分におおきくさゆうされるのもとくちょうてきだと個人的に思うんだな。
だから、陪審員制度なんてものがはびこり印象で裁かれるのはヨーロッパにもみられることかもしれないけど。
魔女裁判や宗教戦争なんてのは白人社会らしい一面だよね。

一応、確認しておくが傾向を言っているのであって皆がそうだとは思わない。
冷静に事実を事実として判断できる人が少なくないのもわかっている。

そういう面では中国人なども議論が好きで考えている人が多いのは知っているが、残念ながら公開されている資料も少ないし判断材料に乏しい上に根本になるべき判断基準も少しずれているのがもったいないと思うw。

とはいえ、日本人が優れているかと言えばそうでもない。
捕鯨問題でも自分は食べないし鯨肉は不味いという自己判断で捕鯨に賛成する人に文句を言う人も少なくない。
そのうえで日本に認められている権利などについて理解しないまま否定している人が結構多いのだ。
自分が関係なければそれでいいのか?とか一部の捕鯨国と同様にすればいいなどと言う声も(今後はそうすべきだとおいらも言っているが)当時の日本の置かれた状況などを考慮できないのも片手落ちの批判だろう。

同様に捕鯨国への理解も不足していると思うんだよね。
アメリカのように批判しながら自分はしっかり権利を守っている国こそ本来は批判すべきだと思うがどうだろう。

こうやって書いているとおいらはアメリカ嫌いに思われると思うが、そうはいっても今の世の中ではアメリカってのは比較的に正論が通じる国の一つでありその中でもまっとうに議論できる国の筆頭的なのは認めているんだけどね。


ひとつ、雑談なんでついでにw。
個人的にだが小保方さんには頑張ってもらいたいw。
論文が不適切だとかどうとかってのには正直関心がない。早稲田の論文に盗用が多かったとかおいら的には当たり前だと思うからだ。修士しか想像できないが基本的に学生の力では他人の本などを用いて書くことでしか論文などかけないと思うのだ。理系なら実験などもできるのだろうけど卒論程度で世界をあっと言わせる論文が作れるとも思えず誰かの実験の証明的なものになるだろうから結果的に引用部分が多くなる方が普通だろうと思うのだ。
おいらは引用に自分の言葉を使って論文をかいたわけで 逆に新しいへっけんでもできたような論文を作った人がどれほどいるのだろうか?
また、他人の著書の引用に詳しく出典元すべてにつけた人がどれ程いるというのだろうか?
かりに新しい発見が卒論程度でできていれば学生の数だけ新しい発見があるという事になるがありえないだろうw。

初戦これまでに分かっていることの検証程度にしかならないわけで人の意見とかぶるのは仕方がないだろ?
言葉の用い方などの違いにすぎずに似るのも当たり前と言えば当たり前だ。
そんなことより誰より先にSTAP細胞の概念をつくったことってのは大きな意義があると思う。
実際にあるのかないのかという興味もそうだし、つい先日香港だかどこかで取り出すことができたという話が出ているが仮にSTAP細胞だとすればSTAP細胞の概念を作った小保方氏にも大きな構成はあると思うんだがどうだろう?
IPS細胞より汎用性がある細胞だとすれば実際には偶然できたかもしれないしできてなかったのかもしれないが、概念が作られそれに類似する細胞が発見されたとしたらそういう分野への誘導も含めた功績はあるとおいらは思う。

やれ研究費の詐欺だなどと言う人もいるがそもそも日本はそういう分野に金を使いなさすぎなだけでどんどん予算は着けるべきだと思う。
他にもっと無駄遣いをしているところはいくらでもあるだろう。

本音も加えればこうやっていままで小保方氏に対する批判を繰り返してきた人たちが今後どういう態度になるのか非常に興味があるってのも事実なんだがw。
まぁ仮にSTAP細胞が彼女の理論でできなかったとしても同様の種類の細胞はおそらくは出来るだろうと思っていて、そうなったときにSTAP細胞の概念を作ったことは評価されるべきだと個人的には思うのだ。
まぁほかのネーミングになったとしてもそういう研究をする人が増えればそれはそれでいいことだとおいらは思う。

そうそう、消費税が上がったね。
とりあえず備えたことは少しだけタバコの買い置きをしたぐらい。
今日も買い物にでたが弁当などの価格は変わっていなかった。
2Lのコーラのボトルは3円だけ値上げをしていた。安売りの店で160円が163円になっていたw。
お惣菜も価格据え置き!まぁ一部ではお寿司などの商品の品ぞろえが少し変わってたなぁ。
おいらが好きな鯖寿司298円は今日は並んでいなかった・・・・。
から揚げ専門店も少し前に内容がかわっていたが増税後としては変わっていない。
まぁ大きな影響はないだろうと想像はしている。
とはいえ、個人的には個の増税はアベノミクス的には結構な影響は出ると思っている。
来年の増税ができるかどうかは微妙じゃないかな。
正直個人的には来年にいきなり10%が良かったと思っているが決められたことは仕方がない。
税率が変わることは世間的にはそれなりに影響が出るわけで短期間に二度やる理由がおいらには見当たらないのだ。
段階的にやるというのは言葉ではある意味わかるが手間がかかる分有効的だとは思えない。
同じ売り上げだとしても二度に分ければ手間も二度かかるわけでかかった費用は必要経費なら税収は減るんじゃないかな?しかも公的に影響を抑える資金を使えばその分も実質的に減少するわけだよね?
どう考えても分けることが効果的ではないと思うんだ。
まぁ言っても仕方がないw。

おいらにはジワジワ影響が出るんだろうねw。

長々と書いてしまった。
最近は書いては消しのくりかえしだったからね。
スポンサーサイト