| Admin |
日本、ICJで負けたね^^;
2014年04月01日 (火) | 編集 |
オーストラリアから訴えられていた南極海での捕鯨に関する訴えにICJが日本に対し今のままでの捕鯨は認められないという判決を下したらしい。


まぁ仕方がないかもしれん。
いまの世界がまだ未成熟ということなのだろう。

IWCの決定事項に対しICJが異をとな会えたわけだからある意味IWCの存在そのものにも疑問が出るというものだろうね。
すくなくてもIWCが日本に対し認めてきた調査捕鯨というものの意味や監視状況に対し異議を唱えたことに変わりはないだろう。
このことはIWCの権威自体を落とすものでもあるはずだね。
まぁそもそもが捕鯨をしない国には捕鯨など大きな意味もなく議決権を金に帰る手段でしかないのだろう。

日本はICJの決定に従うという姿勢を取ることになる。
訴えられれば受けるという条約にサインをしているからね。

このことは仮に尖閣問題でも竹島問題でも訴えられれば日本は出て行くということでもあるわけだから、韓国の言う日本での尖閣が韓国の竹島と同じだという理屈は間違いである証明だね。
日本は逃げないという宣言をしているのだから。


今回の判決ってのは上でも書いたが結局IWCで決められた内容に対しその有効性に異議を唱えたことに変わりはない。
日本の現状ではダメという決定をIWCの上から言い渡したことになるというものだろう。
IWCの日本の調査捕鯨の扱いがダメだよというダメだしともいえるわけだよね。

おいらはこの判決が出る前にこの件に対するコメントを見ていたんですが、その中には 調査で使った鯨を余さずに使うことや販売することはIWCで決められているという趣旨のものもあったんだよね。捕鯨数に関しても枠いっぱいまで取ることもある程度義務化されているというものまであったんだよ。
そのどの程度までが本当の話かはわからないが、調査捕鯨に対し日本はレポートを出しているわけでそれについて違法という判断をICJが下していることになる。

わかることはこういった判決で法律に対する解釈というものが極めて曖昧であるというしかないだろうね。
日本が言っていることはIWCの決めたとおりにやっているという主張でありオーストラリアの主張は調査捕鯨とは名ばかりのものであるということだろう。
本来この問題はIWCで議論するべき内容だと個人的には思うんだが、この件でICJが決定を下していることに大きな疑問を感じる。
ちなみにだが、おいらとしてはこの問題に対し本来はIWCがICJに対し発言をしなければいけないものだと思う。
その内容はこの決定に対する不服であるか、もしくはこれまでの管理が悪かったというものになるかはわからないが とにかく声は出さざるを得ないと思うのだ。

まぁ日本がするべきことはコメントなどではIWCの脱退などという声もあるが、結局のところICJの決定には従うといっているわけだからIWCを抜けようが日本は南極海での捕鯨はいまのままではできないことには変わりはない。
仮に捕鯨を続けるには(南極海での)調査捕鯨という枠ではなく商業捕鯨の形ヲトならければならないということなのだろう。それをIWCにみとめさせる必要があるということなのだと思う。

そういう意味では日本の今後の形は商業捕鯨という形で南極海での捕鯨をするか、南極海での捕鯨を辞めるかしかないということだろう。
まぁこれについては政府判断にまかせるしかあるまい。


ひとつだけ言えることは、シーシェパードが色々とやってきたわけだが日本にとって最も有効だったことはICJに訴えることだったわけで いかにシーシェパードが無力だったかを露呈しただけだろう。


それにしてもだ、IWCという専門的な組織の決定に対し単なる裁判所といえるICJの決定が上を行くという理屈に個人的に納得がいかないと思う。
IWCの決定の裏にある意図みたいなものを全く寄せ付けない決定が出せるという意味ではICJに役割はあるのかもしれないがそれではIWCの役割とは一体何だということにしかならない。

今回日本の捕鯨に反対した票が16票のうち12票らしい。そのうち反捕鯨国の票が10票だと書かれている。
調査捕鯨の有効性についてIWCよりICJの判断の方が正しいと思えることがオイラには理解できないし意味を見いだせないんだよね。
ある意味でICJという存在自体に疑問が出ただけの裁判だったように思う。
この判決の詳しい内容はどうせ原文は理解できないおいらにはよくわからないが、すくなくても調査捕鯨のあり方に疑問を呈しているわけで それを認めたIWCに対して意見できる立場にあるのかも疑わしいんだよね。

日本はもっと強い国になるべき必要があると思う。
欧米とは違う文化を持っているわけでそういう意味では欧米との戦いってのはあると思う。
そういう中欧米への追従ばかりにこだわっていても仕方がないと思う。
捕鯨に関しては日本とは比べ物にならないほどのノルウェーやアイスランドが捕鯨を行っているわけで、こういう姿勢をもっと日本も見せる必要があると思う。
政治家の中には国連の立ち位置に従う的な声もあるようだが、それってのは日本の文化を消す可能性があることもしるべきだろう。
国連が唱えることが正しいなどということは決まったものではない。
常任理事国という制度一つを見てもそれが間違っていることはわかるはずだ。

日本がするべきことは正しいと思うことを常に声を上げ続けることだと思う。
ま乗りティーになろうが正しいと思うことに声を上げれる国でいることが国民の利益だとおいらは思うよね。

今後の日本ってのはそういう国であってほしいと思う。
スポンサーサイト