| Admin |
STAP細胞の小保方氏を批判する理由が知りたい
2014年03月15日 (土) | 編集 |
表題の通りでしかない。

小保方氏の研究発表は世界が評価したわけで 小保方氏を批判しているのが日本のメディアってのが理解できないんだよね。

すくなくてもハーバードの共作者は撤回に否定的だったし雑誌ネーチャー?だって独自に審査した結果載せたのだろう?

おいらは結果的にこの論文が間違っていたとしても それを証明することができるのかについてよくわからないんだよね。
論文通りではSTAP細胞ができなかったとしても それで批判されるのはどうかと思うんだよね。
過去にも高速より早い者の存在で論文の見直しがされたケースだってあったと思うんだが、これほどの反発をうけたわけでもないだろう?

そもそも武田氏なども指摘するように過去にない発送が論文で発表されたわけで今後の検証でしか結果はでないだろう。
たとえ間違っていたとしてこれほど叩く理由があるのだろうかと思うんだ。

ひとつ言えるのはこの論文の発表者が若い女性であったことが考えられるが そんなものが批判の理由なら極めて残念だとしか言い様がない。

不備についてはいろいろあるかもしれないがこの年で多くの論文を発表していたなら批判も起こるかもしれないが経験の浅い人が書いた論文に不備があったとしてなんだと思うんだよな。

ちなみにおいらも大学で論文を書かされたわけだが、概ね誰かの書いたものから了解も取らずに引用してページを埋めたものだった。
文系の人ならそうした論文を書いているって人は少なくないだろう。
ましてや武田氏の指摘によれば結果が同じなら同じような表現になるのも仕方がないわけでだれかの著書などと同じになっても問題はないと言っているよね。

肝心なのはSTAP細胞の可能性という一点だろうとおいらは思う。

メディアは思い切り持ち上げ思い切り突き放しているが後になってこのSTAP細胞が確認された時にどういう対応をするのか非常に興味がある。

まぁ想像はつくけどね。基本的にメディアはみ責任だからね。

最近のメディアっておはずる賢く テレビなどを見ているとある表現が多いことに気がつくだろう。
それが 他人の言葉を使ったかのような~だとか、とかという他人の言葉を用いた表現だ。
これなら間違っていたとしても誰かが言っていたというだけで済んでしまう。
一部の研究者の声を引用して批判をし 仮に確認できれば そういう声を上げていた人間が悪いのだというだけなのだろう。

おいらは個人的にこのSTAP細胞というものの存在を見出しただけでも大きな意味はあると思っている。
これまでの研究よりも安易に利用できそうな細胞の取り出し方を提起したわけで実際にその可能性はあると思うんだよね。
それ自体は近い将来には無理かもしれないしできるかもしれないというだけのことだ。


オイラが本当に不思議に思うのはこの批判が外国によっても足らせれたものなら理解ができるがこれほどの状況を作ったのはおいらには日本のメディアによるものだと思えてならないんだよね。
日本がこういう研究にたいする文化的な素養がない理由がこういう日本の行動に出てきているように思えてならない。

まぁIPS細胞での一件があるのは仕方がないし大きな予算がつくつかないという点もありはするが将来的に大きな意義のある研究に予算がつくことに何の問題も感じないんだが どうだろう?
スポンサーサイト