| Admin |
どういえばいいかわからないが・・・
2014年02月20日 (木) | 編集 |
昨日というか今朝というか浅田選手が失敗をした途端にネットではネトウヨを批判したりキム・ヨナの演技がすごかったという記事が出まくっている。

正直馬鹿かと!

フィギュア競技の衰退の原因にもなりかねない問題をキム・ヨナはもたらしているだけのことでしかないと思う。

クマとうさぎの漫画は浅田選手とキム・ヨナの比較ではなく金選手が高得点を出すシステムが理解できないというものでしかない。
ネットでは金選手が高得点を出す理由の説明もなしに単にスゴイということが言われているが、漫画のしてきではわかりやすく基礎店が低い、体が硬く美しいポーズのキープができないキム・ヨナとわかりやすく指摘されている。
おいらも実際の演技も見たわけだが漫画のように後ろに足を上げるポーズなど彼女はほかの選手と違い静止しなかったかのように短い時間だけ行っている。

スケーティング技術に関してもネットの動画では以前に番組で解説をしていた荒川氏が漕ぐ回数が少ない=スケーティングがうまいというのがあれば、キム選手のこぐ回数が多いとという指摘する動画も出ているわけだ。
一方ではキム・ヨナはうまいという反面 ことごとくその例となる言葉を覆すかの資料がでてくるわけでやはり普通ではないのだ。
キム選手がすごいという人も確かにいるがほかにも完璧に滑った選手が彼女ほど点が出ないこととの違いを説明してくれる人は実際は少ないだろう。
ほとんどがキム・ヨナがうまいという言葉だけで済ましてしまっているのだ。

その上忘れてはいけないのはキム・ヨナの基礎点が低い演技しかしていないということ。
つまり説明のできない出来に与えられる点が高得点の原動力になっているということだね。

バンクーバーでも4回転を飛ばなかったライサチェックという選手だったしアクセルを飛ばなかったキム・ヨナだったわけだ。
男子は今回皆が4回転に挑んだわけだからバンクーバーの風潮を覆したが女子は相変わらずだということなのだろう。

キム・ヨナにはトリプルアクセルもなければ柔らかい体もない。
リプに付かや選手は柔らかい体に加え多くのジャンプを後半に持ってくるという冒険もしている。
浅田選手はトリプルアクセルを封印しては?という声を振り切って挑戦し続けている。
おいらとしてはそういう姿勢こそが大事なんだと思うのだ。

一部の元選手からは確かにキム・ヨナは素晴らしいという声は出ている。
一方でその選手からもキム・ヨナの演技に高得点が出る理由がわからないという声もあるわけだ。
なら協会はそうなる理屈を説明しなければいけないと思う。

バンクーバーから今までそれはなされなかったことが問題なのだろう。

あるいみクマとうさぎの漫画は採点はこうあるべきという視点で書かれたものであって非常にわかりやすく書かれている。一方で協会は玄人の視点を一切明かさずにキム・ヨナに高得点を与え続けているのだ。

村上佳菜子選手は目標に浅田選手を上げなかった話があると思うのだが、浅田選手にはなれないからというのが理由だったと思う。
女子でほかに大きな大会で飛べる選手がいないからだね。
一方でキム・ヨナのジャンプは多くの選手がもう飛べる技であるわけで目標にした対象にはなりえないのだろう。


浅田選手は引退を表明しているわけだが、中には結婚し子供を作っても競技して欲しいなどという声があるよだね。
個人的には浅田選手には笑顔が似合うと思うしいまの風潮は彼女には厳しいわけでそれならプロとして正しい評価が得られる通ろに行って欲しいと望むんだよね。

アマチュアやオリンピックにこだわる意味などどこにもないとオイラは思うな。


浅田選手にばかり焦点が当たっているが男子の高橋選手は怪我もあって4回転は厳しい中こだわって飛び続けてきた。
ライサチェックの例もあるように飛ばない選択肢もあると思うんだが、それでも挑む姿勢ということが競技スポーツの本質だとオイラは思う。

まぁとりあえず今の女子のフィギュアの採点は死んでいると思う。
キム・ヨナの引退で今後はわからないが・・・・。

さあて、引退するキム・ヨナだがアイスショーなどに出るんでしょうかね?w
スポンサーサイト