| Admin |
いやいや・・・
2014年02月11日 (火) | 編集 |
先日の記事。

カーニー選手をカーリーと書いている、不徳の致すところ。



おいらはニッカンスポーツのウェブページをホームにしているのだが、そこの編集委員が上村が負けた訳をターンが劣っていると書いている。
個人的には単純に素人の浅はかさの表れだと思っている。

なぜかといえばターンの差がわからない素人が今回の判定に疑問を持っていることを理解していないと思うからだ。
ただ、審判がそういう点をつけた!では納得ができないのだ。

日本のモーグルをやっていた人が解説をしているのだが、上村はオーソドックスなスタイルのターンをしているのに対し多くの選手がスライドという技を使っていて今はトレンドでこういうスタイルが評価されているのだろうといっていたが、そういう面はあるのだろう。
ただ、忘れてはいけないのは上村の直後に滑った選手の点は抑えられていたということだね。
単純にターンのスタイルの差ということではないのではないだろうかと個人的には思っている。

上村の後に滑った選手は予選や準決勝では高得点を出していたのである。
ミスがなかったといえばそういうことかもしれないが、おいらは上村の直後に滑ったことで点が出なかったと思っている。比較した結果ですね。

そういう意味では前に書いたとおりにカーニーが上村の直後なら点は出なかったと思うのだ。

そうはいっても、本心は少し違う。
それは予選での点があげられる。
予選でもカーニーはミスをしたが上村よりも点が高かったからだね。

過去の実績が基礎点の底上げをしているとしか思えないのだ。
この選手の実力派こうではないだろう という意識が無意識に働いているのだろう。

単純に一発勝負の世界であるはずのオリンピックでさえそういう意識が働いてしまうのだろう。

このことは多くの種目で言えることだろうと思う。

新しくオリンピック種目になったものってのはXゲームなどを含めアメリカで流行ったことでオリンピック種目になっていると個人的には思っている。
そのために採点基準もアメリカナイズされていると思うのだ。
観客が盛り上がればいい演技になってしまうのだ。
そういう意味では技術云々よりもアメリカの選手など地元の選手がミスなく滑ればいい演技、いい技術になってしまう傾向があるのではないだろうかと思う。

前に書いたように、今回上村が負けた理由は上村が一番に滑り、かーにーが最後に滑ったということが全てだと思う。
上村の後のふたりが上村基準、最後に滑ったカーニーは優勝した選手が基準の評価になっただろうことが原因だとオイラは思っている。
その違いが点の違いになったと思うのだ。
そこには論説委員の御大がおっしゃるような上村とカーニーの滑りの差などではない部分だといえるんじゃないかな。
実際、上村の直後にカーニーが滑っていればあの点の差にはなっていないとオイラは思うのだ。

上村自身もモーグルの大会を戦ってきているわけであの負けを納得しているとおいらは思っている。
そういう点の出方をいつも経験しているだろうからね。

テレビでいま流行のカラオケ採点機があるが あれって実際にいい歌い手かどうかは関係がないと感じるように正確に歌えるかどうかを競うことだけが評価基準なわけだからある意味こういう種目の採点競技には向いているのかもいsれないね。

採点では負けなしの人が売れるかといえば個人的にはそういうものではないと思うからね。
ある意味採点カラオケが日本で流行ることで日本人が歌っていうものがどれだけ忠実に歌えるかが大事みたいなかんがえにならないかと心配してしまうw。ま、そういうことにはならないだろうがwww。
感動する歌を聞けば涙する人もいるわけだが、うまいだけの人はただ関心するだけのことでしかないからね。


昨日チラッと見ただけだが正直日本人に向いていない種目としてスケートのショートトラックが挙げられる気がしてならない。
滑るだけなら日本人が劣るということではないが、戦術的な面も含めて日本人にはあの強引にも見える駆け引きは向いていないんじゃないかと思うのだ。
小さな隙間を付いて割り込んでいく姿勢を持たなければ勝てない種目だろう。
これこそ日本人の美徳に相反する競技にしかオイラには見えないのだw。
中国や韓国が強いのも頷けるというもの。

スポンサーサイト