| Admin |
不思議なのよね・・・。
2014年02月01日 (土) | 編集 |
つい最近の話でフランスで行われている?漫画祭で韓国が慰安婦プロパガンダ漫画を出しているのに それに反論する日本の会見が主催者によって潰されブースまで壊された話が記事になっている。
その後になって会場を訪れた数万人のなかの600人ほどが慰安婦漫画の展示ブースを見たらしく その人たちが日本はひどいなどという感想を言っているらしい。


まぁ個人的には直接そういう人たちに関わることもないので気にならないといえば気にならない。

ただ、改めて単純な人たちってのが多いんだなぁと思う。


ネットで海外の人たちの日本についての話をみているいらだが、ある面で非常に日本人を評価しながら部分的には全く逆に批判している光景ってのがあるんだよね。

この慰安婦問題なんていうのもそこに含まれていると思うんだけど、日本人の規律を守る姿勢や外国人との接し方などを知ってもなおプロパガンダを信じて日本人を批判する傾向ってのにつくづく愚かしさを感じるんだよね。

ついでに単純な思想にも驚くんだな。

普通に考えて日本人のこういう姿勢ってのは短期間に出来上がったわけではないと気がつけよって思うんだよね。


大昔に日本に来た外国人が日本の様子に驚いている本などは少なくないはずだ。


どこの街も綺麗で住んでいる人たちは親切で礼儀正しいなどということが書かれているではないか。

そして泥棒や物乞いという人たちを見たことがないなどと書かれているだろう。


日本人ってのは昔っからそういう人間だったんだよと知ってほしいと思うね。


まぁ韓国のプロパガンダは国家的に行われているので普通の人は国を挙げて嘘をついているなんてのは想像できないんだろうけどね。

もうひとつ言えることは当時の常識を理解できないでいる人たちが本当に多いってことなんだよね。
公娼制度なるものがあり売春が合法だったということへの理解度が明らかに低い。

娼婦の人権などという人がいるが、結局そういう人は今現在性風俗に関わっている人たちのことは気にしないくせにこういう話だけは批判するんだよね。

いまだってお金に苦しみ風俗で働いている人はいるだろうが、そういう人たちへの気遣いはあるんでしょうかね?


もう一つ大事なことを知らないでいる罪をわかっていないだろう。

それは韓国などは日本を批判していながら第二次世界大戦後に起こった朝鮮戦争で国を挙げて自分たちで慰安婦を作っていたということを知らないまま韓国の言う日本の慰安婦問題を批判しているということだね。

日本人なら慰安婦だったと言われる人の証言がどう考えても朝鮮戦争の話だろってのが日本の責任かのごとこ語られ 単純にそれを信じてしまう人がいるってことが非常にバカバカしいのだ。

多くの日本人は韓国っていう国が異常で国を挙げて嘘を信じていることを知っているが普通の国の人ってのは国がそこまではしないだろうと思っているのだろう。


個人的にはそういう韓国って国があるように韓国の言い分などを今の自分たちの基準で考え、また自分たちの先祖がどうだったかを忘れて都合よく批判している人たちを愚かしく思うだけだね。

本来ならNHKの籾井会長が語ったように世界中にそういう話はあるが普通の人たちは自分たちの恥部に触れることも相手にも触れないでいる気持ちを持つことができるんだけど、極東アジアの一部ではそういうことをお家芸にしている国があるっていうことを知らないんだよね。

テレビとかに出ているアメリカ人なども慰安婦問題を批判するが自分たちがやってきたことと周りの環境を結局理解できていないんだよね。

悪いけどアメリカの隣に韓国や中国があったらどうなっているかと思うと・・・。


アメリカは奴隷制度をやっていたわけで 今現在それを問題にする人がいないから過去の過ちを変えたと言えるのだろうけど、アメリカの隣に韓国があればいまでも奴隷制度をとっていたことがずっと問題にされているとかんがえればアメリカ人にもわかってもらえるかも知れない。
今の慰安婦問題なんてのはそういう程度の問題なんだよね。

中には相手が納得しない謝り方をした日本に問題があるという人もいるだろうが、本質はそういうことではない。
単純に隣に韓国という国があることが問題なのだよ。

少なくても国際的な条約でさえいつだって自分たちに都合よく考える国なわけで、それを全く関係のない国に言いふらし自分たちに有利になるようにすることしか考えない国なんだよね。
本当の愚かしいことにそのために国家予算まで使う国なわけだ。

まぁ普通の国ならそんなことはしないがそういうことをする国が韓国なのだから隣にある国はたまったものではない。
幸か不幸か長いあいだその隣にありながら付き合ってきた先輩の中国は自分たちに逆らえない属国にしてきたことで被害が少なくて住んでいる。
日本の不幸は相手も人間だからと同等に暑かったことで韓国の人たちは増長してしまったのだろう。
よく聞く話で世界大戦じに日本が攻勢だった頃は日本人以上に喜び日本が負ければ手のひらを返したことがよくwかる彼らの本質なのだろう。


要は隣に韓国があるかないかだけだ。

そういうことを世界の人たちが感じられれば日本の不幸は少しは減るというもの。

ただ、世界にはおろかしいことにお金で転ぶ人たちが少なくない。
今回のフランスの主催者の一部の人もそうであるだろうし、アメリカにいる議員のなかにも金づるの韓国のために日本を批判する人達がいる。

日本人はとなりに韓国がある以上苦労するしかないというわけだ。

できれば必要以上にかかわらず、できるだけ付き合いをしないで済むように心がけることしかないのだろう。
スポンサーサイト