| Admin |
邪教?
2014年01月21日 (火) | 編集 |
昨日だったかのジパングでイスラム教の地を目指せ的な経済活動についてやっていたのだが おいらはそこで日本の宗教の一面を考えちゃったんですよね。

それはよく聞く自分たちの信じる宗教以外は邪教と教えるやり方。



日本は神道が基盤にあって万物に神が宿るという考えは一般的だろう。
反面、仏教に限らずキリスト教などもそうだが自分たちの信じる宗教以外を邪教として批判する傾向はあるだろう。
傾向といったのは今見ていた記事に靖国の戦犯とされた方々が日本の仏教者によってバチカンに献られているというのがあったからです。
宗教を超えて戦没者の慰霊に奔走した仏教者がいると知ったからですね。

話を戻しますと、ジパングで出てきたイスラム教と関連付けると日本で宗教活動をしている人ってのは外国の宗教についてどう考えるのかハタハタ疑問に感じますよね。
邪教を信じると地獄に落ちるってんなら外国人のほとんどは地獄に行っているかと聞いてみたくなりますよね。
まぁ面の皮の厚い人はそうだ!と答えるのでしょうが、おいらはそうは思いません。
宗教で本当に大事なことってのは信じることで道徳を持って生きることができるということなんじゃないでしょうか。
そこには宗派の違いなどあまり関係がないように思います。

オイラは一応仏教の信者になるのですが、その教えの中にも普通に諸天と出てきます。
つまりは神は一つではないということでしょう。

オイラが思うに神にも業というものがあってそれによって戒律などで自制しなければいけないことの違いなどが出るのではないかと・・・・。


ちなみにですが、昨日のジパングではインドネシアの旅行者が温泉での入浴を裸にならなければいけないことで断念していましたが、そこには日本への批判はありませんでした。
日本の慣習なら仕方がないという理解があったんですね。
先日にどこかの国の人が刺青があるからといって入浴を断られてニュースで日本批判になっていたのとの違いを感じましたね。
また、どこかの国の大使がイルカ漁についての批判をしていましたが、そういった人たちの自分基準の判断に比べても他国を理解しようとする気持ちを感じましたね。

おいらは同じようなことが他国にあってもおそらくは日本ほどのバッシングは受けないだろぷと思うんですよね。
一つには日本ほど他国と強調しようとしている国は少なく、常に日本が譲歩するだろうと誰もが意識せずに思っているんじゃないかと思うんですよね。

北朝鮮やイランの核武装にしたって小国であってもしっかり自己主張をする国に対してはこういう形での批判は起こらないんじゃないでしょうかね。
また、本来日本ほどの国であれば普通にもっと自己主張をしているのでしょうが日本の場合は世界情勢というのを気にしすぎているために常にどこか(アメリカですかね)の顔色を伺っている姿勢が他国からの批判を呼びやすいのでしょう。

日本はアメリカにおんぶの抱っこの状態のようですが、実はアメリカ国債を買う費用を軍事費に変えて考えれば日本の防衛ってもっと違ったものになっているんじゃないかと思うんですよね。
アメリカの傘の下に守られているのは確かなんですが、日本も無条件に隷属しているかのように考えるのは間違いだと思うわけです。
思いやり予算やアメリカ国債に当てている費用をそのまま防衛費に加えれば日本は独力でもアメリカ以外の国に対応するぐらいは余裕なんじゃないかと思うんですよね。
日本の軍事産業の力は実際には弱いのでしょう。
それはその能力の実証性などで明らかに劣っていることがおおきく、なぜそうなのかといえば日本は武器の輸出を無地から自粛しているからだと思うんですよね。
個人的には武器の輸出の規制が外れれば日本ってのは魔改造する国ですから産業として一気に発展する可能性はあると思うのです。
まぁ輸出制限が外れることってのは一部にはあっても解禁なんてことはありえないと思いますけどね。
なにせアメリカ様が許さないでしょうしねw。

そうそう宗教ってのは神様が大事なんじゃなくおいらは道徳心を保つことにこそ最大の成果があるのだと思いますね。
人が死を迎えるときに自分の信じる道徳を守った充実感があれば良い死を迎えることができるのじゃないでしょうかね。
そこには国の違いや宗教の違いとは違ったものがあると思うのです。

そもそも外国人がよその国を訪れるときにイチイチ宗教の違いを問題にするのなら観光なんてのはもっと違った形のものになっていると思うんですよ。
よその国を理解する気持ちがあればこそ違った文化を感じようとよその国を訪れるのでしょう。

そうであるならばほかの宗教の否定ってのは簡単にするべきことではないと思うわけです。

そういう意味においてもおいらは個人的に日本の八百万の神っていう考え方は好きですね。


ちょっと神様や仏様を批判すると、あなた方の残した言葉が足らないために教えの理解で食い違い宗派が分かれてしまったわけでもっとわかりやすい言葉を残して欲しかったですねw。
そのために人々が殺し合った歴史があるわけですから。
スポンサーサイト