| Admin |
参拝に関する続き
2014年01月14日 (火) | 編集 |
きょうも当てもなくネットの記事を見ているといつのまにかフジの記事でも参拝に賛成しないが過半数という記事を見たんだすよ。
この記事の大元では安倍政権への支持が増え過半数を超えたというものの中に参拝の不支持としてでていたわけだが、ここでこれを取り扱う記者ってのは安部総理への支持が増えた理由をなんと考えているかを明らかにするべきだと思うんだよね。

全ての記事を見たわけではないが安倍政権が支持率を回復した理由はなんだと思っているんだろうか?
ここで出てきた参拝で不支持が増えているのであれば本来なら政権支持率が減ってもおかしくはないだろう。
最近のニュースででている沖縄の基地問題が支持率回復の理由なのだろうか?

おいらには基地問題も含め日本の姿勢が支持率回復の理由なんだと思うんだがメディアで世間に向けて記事を書いている人はどう見ているんだろうねw。

えてしてメディアの記者ってのは反政府的な物の見方をしているように思えて仕方がない。


そうそう、全く話が違うのだが 北海道の新聞だかで安倍総理を中心に戦争を望んでいる云々という記事があったんだが、なんていうかなぁ・・・こういうメディアの人たちって基本的に政治かぶれしすぎているんじゃないかと思うんだよね。
いまどき日本が戦争をするとか考える人たちって反日思想でももっていなければ考えないことに思えるんだけど。

さっき関係のない動画でスイスが200年ほども戦争をしていない国だと作家の百田氏が伝えているのを見たわけだが、日本をはじめ多くの国は第二次世界大戦後に戦争を経験していないだろう。
そんな中、アメリカやイギリスなどは戦争をしている。
朝鮮戦争についてはオイラはよくは知らないが連合軍として戦った国などを考えればもう少し戦争を経験した国ってのはあるんじゃないだろうか。
そしてメディアの関係者が実際には戦争体験から遠く平和に暮らしてきた日本の戦争を危惧し、実際に世界大戦後にも戦争を経験して帰宅になどを利用して日本の右傾化を器具しちゃってるんだよね。

ある意味ちゃんちゃらおかしいというしかないよね。
現実には日本は世界でも最も戦争に無縁な国だといえるはずなんだが、不思議なことに日本より最近まで戦争をしてきた国にその右傾化を懸念されるという記事を日本のメディアが書いちゃってるんだよね。
そうした人たちってのが一般人の気持ちとは裏腹に左よりの人たちのこそがいつだって戦争というものを口にしているわけだ。
一般人が想像もしないことを考えるのが左側の人たちってことなんだろうね。。。。

百田氏の話のようにスイスは武装することで戦争を回避してきたこと、非武装中立を訴え続けてきた国が戦争の度に国土を蹂躙されいまでは武装していることなどをメディアこそが伝えるべきだとオイラは思うね。

昨日も書いたが、日本のメディアってのはどうあっても都合がいいことしか書かないんでしょうね。
今回見たフジの記事もそうですが昨日のTBSの話もそうなんですが、自分たちでやった3万人アンケートの結果は都合よく無視できたり、ネットで行われているアンケートの結果には触れないなどということが平気で出来るのが既存のメディアってことなんでしょうね。

それなら嘘も混じっているが本気で探せばいろいろとわかるネットの方が信用性が高いと感じるのはおいらだけだろうかね。
なんせ都合の悪いことは書かない既存のメディアが真実を語れるとはおもえないからね。。。。
スポンサーサイト