| Admin |
考え方なんだよね
2014年01月11日 (土) | 編集 |
ある記事に原発を稼働させないと毎日100億円損をしていると書かれていた。

記事のように毎日100億円損をしているとおいらは考えないんだが 人によってはそう思っているのだろう。

よく言われることだが、健康は金で買えないってこともあるし、そもそも何基準で損をしていると考えるかだろう。



基本的に原発による電力の何を持ってして安いと考えれるのかがオイラにはよく理解できないんだよね。
あまり人は触れないんだが実は確実に後世に危険を残していることを忘れるべきではないと思う。
廃棄物の処理場はいつになっても決めれずにいるということがこのシステムの最大の問題だが 実際に今の日本 いや多くの国で見て見ぬふりをしているのが現状だ。

唯一処理場を決め作り始めている国があるが テレビによれば地元の住人の理解が素晴らしいと思う。
原発を利用している事の恩恵と国が安全という言葉を信じる力の賜物だろう。

お金の基準の損得というのもおいらにはイマイチ理解できない。

よーく考えて欲しいのだが世界にある多くのもの(物)ってのは企業の努力などで確実に進歩していいものが安く手に入ってきているのではないのだろうか?
それを何も考えなければ 仮に電力料金が上がれば損をしたと考えるのかもしれないが こういったものを当たり前に考えずに 便利になっていること=料金が上がっても不思議ではない と考えれば損をしていると考えずに済むのではないだろうか?

ちなみにだが 仮に 今、損をしていると言っている人も実は事実の一部分を隠していることも伝えておくべきだろう。
ネットを見ると現状の発電のための燃料費ってのは実は日本は結構無頓着に交わされていたという話があることを伝えるべきだということなんだな。
日本はほかの国より高く燃料を買っていると言われているんだな。

原発の可動が止まって初めて電力会社は燃料の価格を気にしだしたわけで アメリカのシェールガスなどの買い付けに動き一部ではさっそくこれまでよりも何割か安く買えるなどという話が出ていたように思う。
ほかにも朗報はある。
ロシアの天然ガスも日本にはプラスだろう。

安倍総理の外交は中国包囲網のように言われているがインドネシアなどの天然ガスなどについても日本にとってプラスになるはずだ。

100億円の損っていうのはあくまである基準の物の見方でしかないってことっを知るべきだと思う。

その時点の一時的な断片的な見方ではそうかもしれないってことだね。

以前に中国が日本に対しレアメタルの出荷を制限したわけだが そのときは日本は一時的にピンチだったかもしれない。
しかし日本はその後どうなったかを考えれば問題は小さくはないかもしれないが 乗り越えられないものでもないってことだね。

人は日本の成長について 失われた20年などというかもしれない。

しかし20年は決して失われたとはオイラは思わない。
20年前の水準のものなど物価以外にはないと思うのだ。
電化製品は実際に進歩しているし物の性能だってほとんどが進歩しているが価格はそう高いものでもないだろう。
食品だってどこかでなにかの犠牲はあるかもしれないが裕福ではなくったって美味しいものがいつでも食べれる環境を失ってもいない。
電力料金が高くなったとしても文句を言う水準ではないんじゃないだろうか?

国によってはいつ停電してもおかしくないってところは少なくもないだろう。

ある意味 日本は贅沢に慣れてしまっているのだろう。
おいらは欧米の考え方が優れているとは思っていないが、いいものを多少高くたって使おうっていう考え方だけは見習うべきだと感じている。
日本人は冷静にモノを考えれる力ってのは欧米よりも優れているとオイラは思っている。
キリスト教の考え方なのか 欧米人ってのはどこか独りよがりのところがあるが 日本人はそういうところでも相手のみになれる面があると思う。まぁ反面的にどこかで彼らよりも二面性を持っているのは理解するべきなんだが・・・w。

水準が上がっているのを当たり前と考えなければ税金が高くなっても 料金が上がっても損をしたと単純にkンが得ずに済むというものだろう。
そういう考え方をするべきなんじゃないかと思うね。
スポンサーサイト