| Admin |
本当に知る権利を守るタメ?
2013年12月07日 (土) | 編集 |
おいらにはメディアの氷見と保護法への反対は都合のいい理論にしか聞こえないんだよね。


だって彼らは自分たちにとって都合が悪いことを報道しない権利も使っているわけだからだね。
これって今回彼らが言う国民の知る権利にメディアが反していることでもあるはずなわけだよね。

都合のいいようにことがを使うのって非常に愚かしいことだと思うんだな。
もっとも、犯罪者が都合の悪いことについて黙秘する権利は確かにあるのかもしれないが それなら他者がそれを行使することも認めなければいけないとおいらは思うんだねぇ。

都合のいいことは要求し都合の悪いことは伏せておくメディアってのは本当に恥知らずだと思うね。


おいらは保護法が必要ならもっと慎重な議論の上で成立させるべきだと思う。
政治の世界では政治家が与党にただ反発するだけの勢力に野党が成りきっていることが本当に問題なんだと思うね。
政党の争いに国民を巻き込んでいるように思えて仕方がないんだな。
まぁ政治家の中に反日勢力がいるわけだから仕方がないのかもしれんが・・・・。
スポンサーサイト