| Admin |
秘密保護法の審議に見えるもの
2013年12月05日 (木) | 編集 |
おいらは今の強硬な採血のやり方には疑問を感じるんだよね。

民主党政権時にも書いたことがあるけど 子ども手当の時などもそうだったわけだが事前にこういう問題がでるよっていうのがわかっていながら法案を可決させたわけでしょ?

今回の自民党の特定秘密保護法案にもどうやら同様にそういった問題があるように感じるよね。
内容はよくわからないが福島原発事故に関する資料の提出を求める行為がもしかするとこれに引っかかり処罰の対象になりうるというのなら やっぱり少なからず問題がある法案だろうと感じるんだよね。

この法案の裏にあるものってのを一般人は知る由もないが、これにアメリカとの関係が絡んでいたりするのかという疑問は感じるし なぜ問題点を残したまま法案を通すのかというのがオイラには疑問でしかない。

個人的には安倍政権には期待はしていたが正直 すでに裏切られた感は否めないでいるのだよね。
まぁとはいえ それでもまだ自民党が一番まともな政党だとは思うんだけど だからこそ今の政治に全く期待するところがないと感じているのも事実なんだな。


正直にいって民主党政権時などはこのブログにも政治的な問題などについても結構書いたと思うんだけど おいらはもう政治に関心がなくなったっていう感じかもしれないね。
だって、民主党に限らず自民党にだって何度も裏切られてきたわけで安倍さんならという期待もしたが それもやっぱりダメだったという感じしか受けないんだよね。

政権を取る時に行っていたことの何割が裏切られただろうと考えても 言ったとおりになったことのほうが少ないのは目に見えている。

安倍政権の誕生でハッキリ見えているのは経済界重視の姿勢だけだろう。
日本にとって必要なことと見る人はいるとは思うが、産業の空洞化や経済界のトップの視点や姿勢で日本が失ってきたことを考えると絶対にそれが正しいとは個人的には思えないのだ。

おいらが思う大きな勘違いの一つが法人税の問題だね。
世界で戦うためには下げないといけないというものだね。
ところが世界一の経済力があるアメリカは日本より高いわけだ。
なぜそれでも維持出来るかを考えればアメリカが持っている消費力というものがあるからだろうと思うんだよね。
日本が経済大国になれた原因の一つが日本の消費力にあるとおいらは思っている。
そうであるならば内需を大切にする考えをもっと持つ必要があると思うし法人税が高くたって日本の企業の国内での購買力は下がらないと思うんだよね。

ある意味では世界で二番目に購買力がある日本という市場には多少高い法人税も悪くはないんじゃないだろうかと思う。
ある意味では海外で商売している人たちのためだけに優遇するようなものだろう。
そりゃあ実際は国内向けの企業も安くなると恩恵は受けるがその分 確実に国民負担になるわけだということは忘れるべきではない。
一番恩恵を受けた企業は自分たちだけが高給を得ていたり 実際にはそういう企業こそが派遣社員を使っていたり内部留保を溜め込んでいたりするわけで社員などにさえまともに還元されていないんじゃないだろうか?
役員報酬はまた別口だろうから業績が上がれば報酬は増えたりするんだろうけど・・・。

そう考えれば本当に一部の人間のためだけの政治ってのが今行われている政治の実情のようにオイラには感じられるんだよね。

安倍政権において結局TPPの話も進んでいるし、靖国参拝など特定アジア向けの問題も結局先送り野感はある。
惹かない面もみせてはいるが配慮だけはしているわけで。。。。

正直もうね、なにを言っても無駄な気がしているんだよね。

原発問題も何度も書いているように廃棄物の処理方法も決まらないまま問題の先送りをして使う続けようとする姿勢を感じている。
このことが全てに通じる気がするんだよね。。。。。。。


まぁ気が向いたらまた書くわって感じでしかないね、もう。
スポンサーサイト