| Admin |
まだまだサッカーネタ
2013年11月22日 (金) | 編集 |
ヨーロッパでは代表の活躍をいろいろ言っているようですが、少しまだ正しい評価は得ていないと思うんだよな。
これは日本の中でも同じだと思う。

おいらには日本にはまだまだお宝的な選手が大勢いると思えるんだよね。

柿谷や大迫が評価される一方で日本にはまだまだ才能がある選手が大勢いる。

かつてヨーロッパに出た選手である大久保などもその一人だろう。
単純にチームにフィットできなかったから戻ってきたが守備でも貢献できるしテクニックも十分な選手だろう。
ほかにもベルギー戦で見せた柿谷のパスのようなものができる選手は日本にはほかにもいるとおいらは思っている。
同様に狭い空間でダイレクトパスを通せる選手なんてのはいくらでもいる。

バイエルンに行った宇佐美なんてのはテクニックは申し分ないと思うが結局まだ足りない部分があっただけのことでチームによっては十分に欧州クラスで戦えるだろう。
そう考えると日本にはまだまだ世界で戦える選手ってのはいる!と言えるんじゃないかな。
原口なんてのもやれると思うし場合によっては金崎や梅崎だってやれるかもしれない。
中盤にも人材は豊富にいるとおいらは思っている。

なぜ日本がまだ海外で活躍する選手が少ないかと言えば単純にヨーロッパや南米から距離があるために選手が知られていないという理由が一番大きいと思うんだな。

昨今、セレッソのユース出身者が海外で活躍をしているが 育成もうまく言っているんじゃないだろうかね。
今年U19は世界に出ることができなかったがU17は世界でそのポテンシャルを見せることができただろう。
ある意味日本に負けたチームでさえヨーロッパでの将来が約束されていると言われるわけで日本がヨーロッパに近ければ・・・などと思わずにいられない。
まぁこういう風においらが書けば日本人は体格が悪く大人のチームでは活躍できないなどと言う人は大勢いるのかもしれないが、乾だって香川だって体格的には恵まれているわけではない。
おいらは日本がヨーロッパでワールドカップ予選を戦えば勝てないなどと言う人に対し逆に日本が常にヨーロッパレベルで戦えば確実にもっと早くワールドクラスの強豪になれると思っている。
日本が時に苦戦する理由は単純に相手との間合いを測りかねるからであり相手を知れば知るほど対応できると思うからだね。
日本人が海外で活躍するのが難しい理由の一つがその精神性によるものだと思っている。
日本ではヒーローを支える存在に対しても脚光が当たるのに対し海外ではヒーローにこそ脚光が当たる。
人間もおおむね自己中心的なわけでそのことが積極性につながっているともいえるだろう。
こういう文化に常に触れれば日本人の積極性もでるだろうし逆に日本の良さでもある自己犠牲的な精神が海外に理解されれば日本人の価値そのものが向こうで評価されることにだってなりうるだろう。

おいらはいつも書いてることだが代表に選ばれる選手と呼ばれない中でのいい選手の差ってのはほとんどないと思っている。
確かにJの中にも凡人っぽい人はいるが代表に呼ばれそうな選手ってのは呼ばれた選手とそれほどの差ってのはないんだよ。
単に経験値が違うぐらいの問題でしかない。

わかりやすいのが東アジアカップだろう。
初代表って人が大勢いたってアジアレベルでは勝てるっていう証明をしたと言える。
もう少しこなれれば世界でも同様に活躍できるとおいらは思っている。
ただ、ザッケローニじゃ駄目だw。

個人的には選手の個性を引き出す監督!これが重要だと思っている。

日本人がヨーロッパで活躍しきれない理由の一つが日本人の個性を十分に出し切れない戦術にあると思っている。
ザッケローニと似ているねw。
香川が活躍できた理由のひとつに香川のスタイルをチームが受け入れたことが大きいと思っている。
まぁ香川の特徴的な少ないタッチでいい展開を生むというのはそうでなくても海外でも評価されるうえに香川は自分でも得点をするというのが余計に良かったのだろうが。
一方で岡崎なんて選手は献身的に動くが残念なことに所属チームでは中々得点に絡めないが それなりに評価はされているようだ。
それも香川への評価があったればこそと言える面はあるだろう。
日本人にはなかなかボールが出ないなんてことは香川の活躍で少しは減ったんじゃないだろうか。

ほかにも海外でも実力さえ出せれば活躍できるだろう選手はいる。
遠藤は誰もが疑ってないだろうし憲剛などもまず活躍できるだろう。
若手でも扇原などの声は前から移籍の話題が出ているがほかにもいくらでも戦えると思っている。

その理由の一つがJリーグの存在にあると思う。
ユースで日本は弱くもないが強豪でもない中、リーグで戦う中で確実に力をつける選手がいるという事が非常に大事なことだと思うのだ。
中にはJをアジアでも勝てないリーグなどと言う人がいるが 大事なのはアジアでこれほどの規模でリーグ展開をして地方のサッカーの振興に貢献しているリーグであるということをもっと理解する必要があると思う。
Jほどの規模でプロリーグを運営できている国は少ない。
選手が少ないチームに集まりそのうえで外人が入っているのだからチーム数が多くないリーグのチームが強くたって何ら不思議ではない。
日本の場合はいい選手もそれなりに分散していると考えればいいのだ。
韓国や中国、そして中東のチームなどは毎年のように同じチームが顔を出している。
日本もある程度は同様ではあるが顔ぶれは少しずつ変わっているだろう。
日本はいつだって活性化しているからアジアでは厳しくなっているのだ。
ましてやおそらくアジアでは一番厳しい日程で戦っているだろう。

もし協会が短期間で日本を強くしたいならジュニア世代やユース世代でヨーロッパなどに選手の売り込みの遠征でもすればいいのだ。
サッカー漫画でユース世代を各地に派遣して強化を図るなんてのがあったがそれwp実際にやってみればいいのだ。
それとは別に日本代表のBチームを海外遠征させるなんてのも面白いかもしれない。
Jで埋もれてる選手を世界にお披露目する機会になるだろう。

野球でウインターリーグみたいなものがあるようにJの若手でヨーロッパに遠征しヨーロッパのユース世代あたりと試合をしまくれば市場が活性化されるんじゃないだろうかね。
選手にとってもいい経験が積めるはずだし海外への意識は確実にプラスになるんじゃないだろうか?
まぁそのためには日程を調整しなくてはならずに協会は汗をかかねばならないがw。

まなんといってももっとJは評価されるべきだと思う。
そうそうもう一つ。Jで忘れてはいけないのが育成だろう。育成や地域での貢献は義務付けられているわけで、こういうことももっと評価するべきだと思う。
地域のサポに熱が入るのもこういった活動が評価されているからだとおいらは思う。

もっとJリーグは評価されるべきだとおいらは思う。
スポンサーサイト