| Admin |
お前ら ホルホルしすぎだろ。
2013年11月20日 (水) | 編集 |
ベルギー戦で日本が勝って喜びすぎだろう。

インタビューを見ていても日本にスペースを与えたらやられるという言葉などで事前に碌に研究していなかったことがわかる。
監督はワールドカップ並みに研究したといっているがホームで負けたのだから研究してませんでしたとは言えないだろう。

今朝も書いたが日本の早いボール回しでディフェンダーが手を焼き結果的に距離を取るようになっている部分もあるだろう訳で単純に相手の力不足というわけでもないだろうことはおいらも認める。
けれでも本番なら手を焼いたってもっとプレスをかけてくるようになるはずでそのときどういうプレーができるかが一番大事なことだと思うね。

それにしても、不思議なものでベルギーに勝って日本はベルギーに負けたことがないというやつ。。。。
日本が過去に勝ってるのは過去の代表が強かったわけで今の代表の力ではないのだよ。
残念ながら当時のベルギーは今のベルギーよりも強いチームではなかったのだけど。
その強気と言われる相手に勝ったことは評価するべきだが過去のチーム同士の成績などは関係ないだろう。

アザールなども日本に4-0で勝てというサポーターに目に指でも突っ込んでろなどと言ったらしいが そのことが日本を知っているということでもないだろう。
オランダに2-2という事を知っていれば日本が簡単ではないことは誰でもわかるはずだ。
弱くなっているとはいえオランダはやっぱり実力チームであることには変わりはないのだから。

ちなみにだが、セルジオも本田を褒めていたようだが 果たしてそういうプレーだったんだろうか?
おいらには見ている範囲でやはり遠藤の影響の方が大きかったと思えるんだが・・・・。

本田信者は本田の俺を信じろという言葉にそれ見たことか!的な発言をしているが おいらはそれでもまだ信じれないのだ。

理由は簡単なことだ。
今回の遠征でなぜ良かったかはハッキリしている。
選手が攻守にわたってよく動いたからだ。
なぜこれまで勝てなかったかを考えれば今回ほどの動きをしていなかったからだな。
じゃあ次に同じような動きをし続けられるかを考えた場合に疑問しか残らないわけだ。
理由は簡単なことだ。今回の相手の二チームはランクも高く勝つ試合をしたわけで日本から点を取るサッカーをしたからだな。
これが相手が引いてしまうと日本はハッキリ停滞してしまう。
そういう試合を挟みながら同じように動き回れるサッカーを続けられるかが問題なのだ。
相手に引かれるとこれまで通りにチンタラパスを回すサッカーに戻りかねないわけで一気に動きが落ちることが簡単に想像できてしまうのだ。
仮にだが今のまま失点癖が治らなければ先制され惹かれると日本は手も足も出ないだろう。
また、皆も懸念しているだろうが南米のサッカーには相変わらず手も足も出ない。
前線からの守備をいなされ日本が先に消耗してしまうのだ。

なぜそうなるかを考えれば日本がアジアでは強国でありながら世界ではまだまだのt-無でしかないからだろう。
アジアでは引かれるケースも多く日本も沈阿多rサッカーをしてしまう。
是では世界を相手には戦えない。
どこかでギアを変える必要があるのだが今回は選手が世界で戦っているために驕りがあって謙虚に攻守に向き合えていなかったのではないだろうかと思わずにいられない。

おいらは選手の実力については過去の記事を見てもらっても疑っていない。
ただただ戦略と戦術があっていないと書いているのだ。
今回の遠征で目に付いたのは前線からのプレスでボールを奪いショートカウンター気味に速く攻める子よができている。
これまでのサッカーとハッキリ言ってまるで違うものだ。
相手の姿勢で攻めてくるチームを相手にしたからできたってのもあるだろうが、こういう動きができなかったから負けていたわけで 選手が批判していた人間にどうだ!俺たちは間違ってないと言ったところで、これができてなかったから負けて批判されていたんだろうと言われるだけのことだ。

まぁそれでもメディアや本田大好きたちは 批判してきたおいらなどにどうだ!と言わんばかりなんだろうが、こういうサッカーをやってきて負けてたならおいらももう少しトーンダウンしていただろう。
たった二試合いい試合をしたからゴメンナサイするほど日本代表を信用する気にはなれないね。
だって実際に勝てない試合をし続けてきたわけだし、今回良かった原因の一つが相手が点を取りに来てくれたためだろう?
ベルギーは特にチームとして若かったうえにオランダ以上に日本を知らなかったんじゃないかな。
オランダも同じようなものだったかもしれないがオランダのほうが伝統的に引き出しが多いのだろう。
もっともオランダも今回は日本にチンチンにやられたわけだが・・・。
それも仕方あるまい。だってベラルーシ、セルビアの零封されて負けたチームだからね。
むしろ日本の安定しない戦術に問題を感じるところだ。

そういう意味ではザッケローニの激変には驚かされる。
オランダ戦でメンバーをいじったところから現実的な選手交代。
戦術的にもこれまで見れなかったほど攻守の切り替えが早くボールを奪う意識の高さを見せられた。
10月の遠征と同じ監督が指揮を執ったとは思えないほどだ。
ベルギー戦の後半の選手交代なども逃げ切るための明確な交代であったと思う。
選手の疲労などについてもこれまでの個の選手を出しとけば文句は出ないだろう的なものではなく本当に良かったと思う。
その中で大迫と柿谷を使い分けに二人ともに結果を出させたことも評価に値する。

ただし、10月までそれができなかったことの問題が消えるわけではない。
現状ではワールドカップ前に決まっている国際試合はの頃一つだけだろう。
キャンプの頃にはもう少し試合が組まれるのだろうが、ここまで結果が出ない試合をし続けたことはやはり問題なのだ。

そういうわけでおいらはまだ本田を信用しない。
まぁ責任を取れない人間の信用しろを信じるほどお人よしではないってことだね。
元々ビッグマウスだしね。

もう一度書いておくが、日本代表がおいらにそれ見ろ、俺たちは強い!というかもしれないが、結局のところ 今回の遠征で見せたようなサッカーができてなかったから批判されてたってことを知るべきだろう。
しいて言わせてもらえば やりゃあできんじゃん、最初からやれよ って話だよ。
おいらは監督が変わらなければできないと思っていたわけだ。
ザッケローニは頑なに海外組に拘って戦ってたからね。自由にさせすぎだったよ。

やはり一番適切な言葉は やりゃあできんじゃん だな。まぁ知ってたけどできなかったわけだ。
おいらは日本は個で劣ろうがチーム力で戦えば強いと言い続けてきてたわけで。
ある意味今回の遠征の結果は嬉しい。
オランダ戦の内田のミスもベルギー戦の川島の判断も引き分けたり勝てば大きな問題ではないのだ。
チームで補えばいいわけで昔から日本にはそういう力はあったと思っている。
外国と同じコンセプトでサッカーをする必要はないのだ。
個人が海外でプレーするには個の力を重視する必要があるかもしれない。
しかし代表で戦う際にはチームの連携など海外に勝るものが日本代表にはありそれが体格に劣る日本のストロングポイントだと思っているのだ。
一つは昔から言われている通りに日本の速さである。
攻守の切り替え、前からの守備、短いタッチでつなぐパスワーク。こういった速さが日本の武器だね。
反対にベルギー戦の二点目を取られた場面などが弱点だね。

考えすぎかもしれないがオランダ戦やベルギー戦を見て岡田監督がこれが俺がやりたかったサッカーだ!なんておもってるんじゃないだろうかと思えて仕方がない。まだまだ欠点はあるんだろうが、少ないタッチでパスをつなぎ前に早く進めるサッカーってのがワールドカップ前にやろうとしていたサッカーなはずだ。
結局うまくいかなかったが その原因は過程でディフェンスが崩壊したからだろうね。
今の代表も同じようになってるが、当時もワールドカップ前にオウンゴールの連続で勝てなくなっていた。
笑えるのがイングランド戦だよね。日本が三点取って1-2で負けたやつだ。イングランドは誰も点を取っていないのに勝ったw。

そう、肝心なのはこういう試合を続けられるかってことなんだな。

どの時代だってこういうサッカーで日本は評価されることはあったんだな。
ただ続かないからいつまでたっても日本の評価は注目のチームぐらいから進歩がないわけだ。
2002年に世界を驚かせたのも日本なら 今短い期間で強くなったチームと言えば日本なわけで進歩が全くない。
個人レベルでは世界に出ている選手は確実に増えてはいるが代表に限っていえばいつまでたってもダークホース的なものでしかないのが現実だよ。
理由に一つがいい試合をやったってそれが続かないから日本代表のサッカーとして安定しないし結果がついてこないからだな。
こういう試合は昔っから単発的に日本代表はやってきているってことを忘れないでもらいたい。
ってことだな。
単発でならこういう試合は10年以上前から日本はやれるんだという事だ。
スポンサーサイト