| Admin |
ベルギー戦ほか
2013年11月20日 (水) | 編集 |
勝っちゃいましたね。
正直驚きです。
どうやらベルギーが日本のサッカーに付き合ってくれたおかげでしょう。
これはベルギーが手を抜いたわけでもなく日本のパスサッカーを見ていると自分たちもとやってしまった結果だろうと思うのです。
同時にパスを回されることでベルギーはプレッシャーをかけれなくなってきたのでしょう。
結果的に余計に日本のパスがつながるという・・・。

この遠征で先発や選手交代など選手の起用でこれまでとの違いを見せていることで選手の動きが違っているのは感じられますよね。

日本は良かったというしかないでしょう。
ただ、ベルギーは本気だったろうとは思うのですが、あくまで今の時点の本気でしょう。
前にも書いているようにこの時期予選を終えコンディションも万全ではないでしょうし日本への知識も不足していることでしょうからね。
それは個人的にもヨーロッパ予選を勝ち抜いたチームが苦戦しているように見えて仕方がないからですね。

韓国がロシアに1-2で負けたけれど見ている間は互角に近い試合をしていました。
まぁ凡戦ですけど。お互いにミスも多くボールの蹴り合いになっていた面があったのでね。
ベルギーもロシア同様に相手のサッカーに合わせてしまった部分があったと思います。
オランダ戦同様に遠藤が後半から出ることで遠藤が割とフリーに仕事をさせてもらえるのは日本にとってかなりのプラスになっていると思うんですよね。
もし日本が研究されていたら沿道には必ずプレッシャーはかかるはずだし、ベルギーはもっとパワープレーを仕掛けてきたはずなんですよ。
それがない分本田が言ったように舐められているというわけではないんでしょうが、研究不足なのでしょう。
日本戦に向けて日本がいいチームだと言ってくれた選手もビデオは見ていなかったようですし・・・。

まぁ個人的にはこの二試合は日本のスタイルが変わってきたと思っていますし、それは悪いことではないと思います。
ただ、本番での苦戦は予想されますね。
ここでいい試合をした=研究されるという事でしょうからね。
日本でサッカーを見ていれば日本が苦手なタイプはハッキリしてるわけでガツガツ守備をするチームとパワープレーで推すチームは苦手です。
また何倍のチームのような個人技も苦手なわけでやはり相性がいいのはヨーロッパのチームという事になるのでしょう。
ただ、そうはいってもスペインやポルトガルは個人技もあるので相手としては厳しいのは間違いないでしょうね。

まぁベルギー戦は正直あまり良く見てませんw。
同じ時間帯に行われたプレーオフなどを同時に見ていたのでついついそっちが面白くて・・・。

ポルトガルが勝ちましたね。
まぁおいらはこの試合は途中までしか見てなかったので最終的に3-2になってたのは驚きです。
先制点のロナウドの点が入った時点でスウェーデンは3点が必要になったこととポルトガルが安定していたのでフランスVSウクライナに切り替えたんです。
この時点でフランスが2点取ってたわけで(前半で)フランスが有利だと思ったすぐ後にウクライナの選手が二枚目のイエローを貰って退場しフランスが圧倒的に有利になっちゃったんですね。
後半にもフランスが一点を入れこのままいけば逆転でワールドカップが決まるっていうシチュエーションができたわけですが、一人少ないウクライナも一転入れればアウェーゴールでワールドカップに行けるという状況に興奮しましたね。
終了間際にウクライナのフリーキックがゴール前にボールをあげたわけですから・・。
フランスは日本がドーハの悲劇を味わったときに日本と同様にアメリカ行きの切符がアディショナルタイムに逃げて行ってしまったわけですから その二の舞もあり得たわけで。。。。

とりあえず日本の3点は見たんですがベルギーの2点目はビデオの再生でしか見れませんでしたw。
ああいうプレーをもっとされていれば日本も苦しかったと思うんですがベルギーもパスをつなごうとしてましたしその中で日本より個人でボールを持つ時間が長い分日本がプレッシャーをかけることでミスも誘っていたわけですね。

何が良くなったって、日本の前からの守備でしょう。
そしてボールを貰いに行く動きも良かったことでベルギーがボールを取りに行っても奪われないために後半出てきた遠藤へのプレッシャーがかからなかったのだと思いますね。
本田も結構つぶされていて存在感が薄かったんですが、目立つところでは決めるんですよね。
持ってるっちゃ持ってるんでしょうね。プレースタイルは好きじゃないけどw。

ちなみにおいらはこういう結果を出したとしてもザッケローニ批判は止めませんけどね。
この二試合は選手の疲労なども考慮したし選手起用も良かったと思いますよ。
でも、いい監督ならなぜ今までそれができなかったかという問題が残るわけです。
本田が日本を舐めるなと言ったが一番日本を舐めてるのは当の日本人でしょう。
そしてその理由は代表の戦い方や結果がもたらしたものです。
たった一試合のいい結果ででかい顔をされてもすでに信用がないということですね。
ベルギーに勝ったことで良くなるかもしれませんが、日本人が一番代表を舐めているとおいらは思いますよ。
中にはオランダ戦の一試合で手のひらを返した人、ベルギーにも勝ったことで手のひらを反す人もいるでしょうが
おいらはまだ信用できないんですよね。

これが日本だ!となるにはベラルーシ戦やセルビア戦などの出来と違いすぎるからですね。
ついでにやはり失点が止まったわけでもないわけで、これはもっとプレッシャーの強い相手と当たれば勝てませんよってことでしかないんですね。
オランダ戦もベルギー戦も日本のプレッシャーが有効になったからよかったわけで相手がうまくかわせば日本は着かれるからきょうのベラルーシや先日のオランダのようになってしまうでしょう。
そういう相手とどう戦うかがまだ示されてませんからね。

でも、今日は良くやったというだけですね。

アルジェリアもクロアチアもワールドカップ決めましたね。ギリシャも。
残るはあとわずかですねぇ。
12月には組み合わせ抽選があるんでしたっけね。
楽しみですね。
スポンサーサイト