| Admin |
それは違うだろ?
2013年11月19日 (火) | 編集 |
元代表の武田氏がオランダは本気じゃなかったとコメントしているようだが、それは違うだろ?

本気かそうじゃないかという問題ではなく、出れる選手でどう戦うかというテーマのもとに戦っただけだと思うんだよね。
武田だって選手だったわけで出ていた選手が手を抜くなんてことはそうそうあるもんじゃない。

ブラジルみたいな国なら金のためにチームのためにならない試合もやるし怪我が怖くて手を抜くなんてことはあるだろうがオランダは別に金に困っているわけでもない。
オランダ自体が成績が悪く無駄にできる試合もないだろう。
ロッベンなどは多くの選手同様に負けることが大嫌いに見えるしね。

デヨングが下がったことには議論の余地はあるが若い選手を使ったり親善試合ならではの試みはあったにせよ本気でないなどという事はあり得ないだろう。
ただ、本来のパフォーマンスが出せなかったという点ではおいらの考えと一致する。
もっとも、パフォーマンスを出せなかった原因がオランダのプレーヤーによるものか日本の守備によるものかで大きな違いがあると思う。

普通に考えて2-0で前半を終えた場合と前半の終盤に点を取られて2-1の場合で余裕なんてものがあるかと考えれば言うほど余裕があったとは思えない。

おそらくはこれまでのオランダという強豪のイメージが強いことが本気でなかったと言わせているのだろう。
だとすれば武田氏の勉強不足だろう。

少し話がズレるが本田のベルギーの認識にも通じるものがある。
コロンビアに負けたから強くない的な発言がそれだ。
コロンビアは南米予選2位の成績でFIFAランク高い。
ワールドカップで実績がないとはいえそれでも日本よりは伝統も実績も上である。
ついでに言えば日本が苦手にする縦ポンサッカーができるのも日本にとっては脅威だとおいらは思う。
組織だってパスをつないでくる相手には組織で守る日本は対応のしようがあるがいきなり前線でDFと勝負してくる相手には苦戦するのだ。
もっとも本田の発言はベルギーをどうこう言うより基本自分にプレッシャーをかける発言なのだろう。
いつだってメディアや本田ファンは好意的にとらえているようだからね。

おいらは本田ファンでないからそのままとらえるがw。
したがって大人げないから後悔させられた時の責任を追及する気満々なのだw。

この記事のコメントでそれでもオランダはベラルーシやセルビアより良かったっていうのがあったが それも違う。
日本に対してどちらが良かったかと言われれば明らかにベラルーシやセルビアのほうが良かったと言えるだろう。
オランダ戦ほど日本がボールを支配できた場面がなかったからね。
中盤でもそれなりにプレッシャーをかけていた。

これは日本の攻撃がどうこういうものではなく日本の守備が違った方こういう結果になっているんだが、前線からの守備が効いていたおかげで基本的に高いポジションから攻撃ができたことが大きな差になっているのだろう。
結果的にロッベンなども高い位置を取れずにいたわけである意味日本にとって理想的な展開ができたわけだ。

問題は、今回オランダには通じたが日本のプレスをかわしパスが回せる相手には追い回すプレスは日本も消耗するわけで通用しないってことだ。
ある意味ブラジル戦などがいい例だが、こういう相手の場合は手も足も出ないんだよね。
逆に相手は日本のプレーヤーに対して余裕を持ってプレーするわけで日本が逆にミスを連発してしまうのだ。

そうなると結果的に本田などがどういおうが結果を求めれば守備的にならざるを得ないだろう。
結果を無視するなら相手に点を入れられようが攻めるときには攻撃は仕掛けられるのだからいつだってチャンスはある、あったと言えるだろうが勝負には勝てないだろう。
攻撃陣は満足するかもしれないが勝利を願うファンには物足りない。
まぁ一部のファンは本田が満足すれば嬉しいのだろうが・・・・。

オランダ戦に関する記事でオランダのメディアのコメントの中に日本は負けることを恐れないようなアグレッシブさというニュアンスのものがあったと思う。
まさに負けても攻めることにチャレンジしてくるともとれるわけで、あるいみそのまま今の日本に当てはまっていると思う。しかし、勝つためにサッカーをしてくれ!とおいらは思うんだがw。

どのチームだって基本的に勝つことを目的にサッカーをしている。
オランダが手を抜いたってのは少なくても間違いだろう。
確かにある時間帯で流すってことはあるだろう。
コンフェデでメキシコが2点をとって流したあとに日本が1点取ったなどというのは流していたからと言えるかもしれないが同点にされるような場面で流す選手はいないだろう。
ああ、ブラジルならあり得るかもしれんがw。

そういえばオランダ戦と似たような展開の試合があったような気が・・・。
キリンカップでこういう試合展開があったような。
うん、前半本田が高い位置をキープしていて個人的には気に入った展開だったが、点が取れずに後半に香川や遠藤が点を取って本田がボールにすり寄り結局本田も点を取ったってやつ。

おいらは後半に点が入り活性化したけど前半の試合運びのほうが気に入っていたんだよね。
ボールは出なかったが本田もサイドにうまく流れたり前でボールを貰う動きをしていたんだよね。

常々書いているが本田が危険なのはあのキープ力がゴールに近いところで発揮されることだ。
そして積極的にシュートを狙うところである。
おいらは本田が後ろにボールを貰いに行くのが嫌いなんだな。
下がった位置でボールを失わないが遅くなるしあの位置では怖くもない。
試合に出るなら常に高い位置をキープしてほしいのだ。
絶対に相手もその方が嫌なはずだからね。

まぁなんだ。オランダ戦の好プレーは半年に一回のプレーなわけだから、コンスタントにこのプレーができるようにしてくれ!ってことだな。


武田氏よ、認めるとこは認めようじゃないか。
そのうえで今のチームの問題点を指摘するべきだと思う。
オランダの出来は悪かったのは確かだが本気ではないってことはないだろう。
万全でなかっただけに過ぎない。
オランダは自分たちの問題でか 日本のプレーによってかわからんがいいプレーができなかったのだ。
それが結果でしかない。

ベルギーにはベルギーらしいプレーをしてもらったうえで日本に頑張ってもらいたいものだね。

オランダに引き分けたが、オランダはいいプレーができなかったわけで手放しで喜んでもいけないし日本の失点癖が出なかったわけでもない。
浮かれるにはまだまだ早いのだ。
スポンサーサイト