| Admin |
日本が強くなれないのはメディアのせいだな
2013年11月17日 (日) | 編集 |
昨日のオランダ戦の引き分けをメディアはすごく喜んでいるw。

バカかとwwwwww.

勝ったんじゃないんだよ?ただの引き分けだ。

確かにあの柿谷のシュートが入っていればとタラレバを考えれば喜ばしいのかもしれないが。
しかしよく考えてほしい。
あくまで日本が課題にしなければならない失点癖は治っていないのだ。
やっと、やっとFWが点を入れたが それにつながるパスは本田からでも香川からでもなく長谷部からのものだった。基本的に代表の形が大きく変わったわけでもないのだ。

香川が先発を外れ、後半に遠藤とともに入ったが所属チームでの活躍ができるようになってきたことを背景に躍動した。
左サイドで長友と連携し、中央に入っては柿谷に絶妙のパスを出してチームを盛り上げた。

遠藤は近いパスやロングボールで愛典守備をかく乱しチームのリズムを作ったが あくまでプレッシャーの少ない中でのプレーでしかない。
相手にプレッシャーをかけさせなかったプレーを日本がしたのなら喜ばしいが 相手のプレーが単に悪かったのならまだ日本の強さが本物とは言えない。
イタリア戦は間違いなく相手の出来が悪かった。
日本が先制し2-0にまでできた時点でイタリアの守備は酷かった。

今回のオランダは0-2とオランダがペースを握ったうえでの逆転であるから喜んでいい部分は確かにある。

しかし、前にも書いたが今の時期ってのは厳しいヨーロッパ予選がプレイオフを除き終わったばかりなのだ。
ベルギーは親善試合で相手は強豪のコロンビアに敗れ、ランク7位のスイスは韓国に負けている。
状況はワールドカップを決めたヨーロッパ勢が一息ついたばかりだということなんだな。
実際にエースのファンペルシーやスナイデルなど主軸の一部が出場しなかったわけだ。

逆に日本は主体の海外組が最低の移動で済みコンディションは良かったのだろう。
まぁ日本の選手も一部、別メニューで練習したなどあったが、この選手しょっちゅう別メニューだからなw。

実際に香川や遠藤は後半からの出場だったが、フル出場し おそらくはベルギー戦でもフルにでるんだろうからね。

おいらは日本が本当に強くなれない原因はメディアの影響が強いように思う。
本来、これだけ負けて監督を続けられることは強豪国ではありえないだろう。
日本でも監督交代の声は上がっているが、たった一試合引き分けたらそういった声を打ち消すような報道をするわけだ。
そして代表戦ぐらいしか見ない人たちがそれに踊るんだからメディアの罪は大きいと思うね。

オランダ戦では確かに今後に望みが見えたかのような兆しはあったと思う。
しかしおいらの目にはそうなったことは選手が語っていたこれまで通りの攻撃スタイルとは違うものだったと思っている。
オランダ戦で良かった原因の一つがいくつも見えた早い展開で相手の守備が整う前に攻撃したことだ。
選手が否定的に話していたカウンターとは違うがショートカウンターの形がいくつも見えたこと。
そして本田が決めた場面で見えたワンタッチプレーの連続。
これは局所ではこれまでもあったが、オランダ戦では本田にも強いプレッシャーがありキープも容易ではなかったことでプレッシャーを受ける前にパスを出すなどハッキリと球離れの良さが目についた。
攻守にボールを持たない選手の動きが目についたのだ。
これは選手は今まで通りというなら 日本がこんなに負けることはなかったと反論材料になるだろう。
こういうプレーができてなかったから負けたのだ。
したがってオランダ戦のプレーはこれまで通りではなかったというしかない。

長友がウルグアイ戦のあとに言われたらしい話が日本には勝とうという気迫が感じられなかったという言葉。
相手にプレッシャーがかかっていなかった証明だ。

したがって監督や選手がオランダ戦のプレーをこれまで通りなどというのは嘘である。
これができなかったから負けていたのだから。
まぁ選手にはポテンシャルがあることはわかっていたわけで、おいらは戦略と戦術が悪いと書いてきた。
それが一部改善されただけである。
ショートカウンターなどの攻撃では攻撃に人数をかける必要もなく守備に負担が少ないわけで こういう攻撃ができれば守備はやりやすいはずだ。
またしっかり前から早いプレッシャーがかけられれば前半に失点したようないいパスを相手に入れられることも少なくなるはずでいいことづくめだ。

押し込みながらカウンターを食らう場面が今回はなかったのがいつもとハッキリ違う点だろうね。

きょうのニッカンスポーツのウェブ版でもサッカー界で流行のブレないという言葉を使っていたが、オランダ戦はいつもと違ったからいい結果がでたのであって彼らが使いたがってる言葉で言えばいい方向にブレた結果だろう。
言葉は正確に使うべきだw。
ブレル ブレナイという言葉は本人たちがブレてないといえばそうなんだろうぐらいの適当なものでしかない。
選手はいつだっていい方向に改善する必要があるわけでブレルとかブレナイではなく改善し続けることが大事なんだと思うよ。

しかし、勘違いしてはいけないのはコンフェデだってイタリア戦では良い評価は受けていたわけで肝心なのはこういったパフォーマンスが今の日本で続いたことがないことだ。
そういう意味ではベルギー戦の戦い方は注目するべきだろう。
おいらはベルギーがコロンビアに負けた結果は知っているが内容は知らない。
一部にはベルギーが押していたという声もあるようなんでベルギーには日本戦でらしいプレーをして欲しいと思う。

ついでに、ウルグアイもそうだし、コロンビアがベルギーに押し込まれたとすればコロンビアもカウンターやシュートカウンターを使ったのだろう。
世界ではそういう攻撃も有効なのだと日本人も知るべきだろう。
イタリアはかつてその堅守でしられたが負けない上に勝つことができたから強かったのだ。
守備的に戦う=ガチガチに引くではないし 守備的に戦う=勝てないでもないわけだ。
南アフリカの守備的はラインが低いことが問題であって守備的に戦ったことが問題なわけでもないだろう。
順序でいえば日本は守備のラインを高く保った守備的になることが賢明な気がするし世界と戦ううえでは有効なんだと思うんだが どうやら選手は高いラインの守備的を飛び越えて攻撃的に戦いたいのだろう。
しかし現実では裏を突かれ失点が止まらなかった。

昨日のオランダ戦で目に付いた高いラインでの守備があったからこその引き分けだったんじゃないんだろうか?
そういう意味ではオランダ戦でできたことってのは攻撃的に行けたではなく高いラインでの守備ができたから攻撃的になったと言えると思うね。

おいらとしては日本で大事にするべきことってのは攻撃的にいくを目標にするのではなく 高いラインから守備的になることで相手を自由にさせないという事だろうと思うね。

これってある意味U17の8人ボランチに通じるんじゃないかな。
前からしっかり守備をすることで高い位置から攻撃が始められるということなんだよね。

攻撃的にいく=高い位置から守備的にいく ってことでいいんじゃないだろうか。
代表がうまくいかなかったのは 攻撃的にいくが高い位置から守備的にいくができてなかったからだろう。
これが一致するようになれば日本は世界で戦えるとおいらは思うんだな。

海外厨は日本人にはいいFWやCBがいないから無理みたいに言う人がいるが、しっかり前から守備ができ高い位置から攻撃が始まれば日本は弱くないと思うね。
つまり日本はあっという間に強くなれる素養があるってことだ。
日本人がドイツで前のプレーヤーだけでなくサイドバックもプレーしているわけで戦略次第でいつ覚醒してもおかしくないとおいらは思っている。
ただ・・・・ザックじゃ駄目だwwwwwww.
スポンサーサイト