| Admin |
面白いねw
2013年11月17日 (日) | 編集 |
オランダ戦の反応のコメントが面白い。

大迫を褒めてるのは当然だが、柿谷いらね とか笑える。

今日の試合で言えることは、今まで通りの攻撃的サッカーとは違うサッカーをしたってことだろう。
点になりそうな場面の多くは実は人数をかけていない攻撃だったとおいらは思っている。

大迫の得点は長谷部から本田を通さずに大迫と二人で取った点だし、柿谷へのスルーパスも本田の外へ広がる動きのアシストはあったが それでもパスを出した香川と柿谷 本田を加えても三人でチャンスを作ったわけだ。
本田の得点もワンタッチのパスをつなげたわけだが連動してゴールに向かうボールのつなぎがゴールに結びついたわけでバックパスや外に逃げるボールがなかったわけでこれまでの日本の攻撃とは違っていると思える。

これを見てザッケローニの修正力!とか言ってる人がいるが、修正力があったのならなぜこんなに負けてるかうまく説明してくれw。
おいらが思うに今日よかったのは攻守の切り替えが早くオランダのプレッシャーが弱いという事に尽きるだろう。

日本のプレッシャーにオランダがパスミスをしているわけでオランダの中盤のパスのつなぎが悪かったのと遠藤の当たりでのプレッシャーが弱いことで日本が自在にボールをコントロールできたことが日本の攻撃のリズムを作ったと言えるだろう。
逆にオランダは中盤のボールのつなぎが悪いことでリズムができなかったのだ。

おいらは日本はいい試合をしたとは思うが それは相手の出来が悪かったというしかないと思う。
相手にリズムを作らせなかったのは日本がいい試合をしたからともいえるわけで、相手のコンディションが悪いからなどと一概に相手の問題にするつもりはない。
日本が良かったから相手がうまくいかなかったのならそれは日本がうまく試合を支配したのだろう。
ただ、日本にリズムを作らせたのは遠藤へのプレッシャーをかけれなかった相手の戦術もあることだけは一応ミスだろうと思う。

どういえばいいかわからんが、相手が強い時には日本人は初めから頑張るのでいい試合ができるのだろう。
一方でセルビアなどが相手の場合、日本は最初のプレスで手を抜きがちになり相手にリズムを作られてしまうんじゃないかな。
うーん、そうでもないか・・・。
ただ、イタリア戦やきょうのオランダ戦のような遠藤がボールを持てる状況が 滅多にないことだけは事実だろうね。
ある意味アジアでだってこんな試合ができるのはそうそうないだろう。

今日の試合で代表への見方を語るのはお粗末だと思うということだね。
これで褒めれるのも全く理解できない。
むしろバラルーシやセルビア戦で結果を残せなかったことを追及するべきだろう。

きょうにしても勝ったわけではない。
おいらは代表が勝ち続けるなら文句は言わないわけだ。
ただ、相手が万全でなかったり格下なら勝ち方ってもんは大事だと思っている。

人のコメントにはキリンカップをおいらのように覗いて負け続きという人間に対し、なぜ抜かして考えるんだという人がいるがパフォーマンスが劣る相手に勝ったのを自慢したって意味がないだろ?って話だ。
寧ろあれがなければ7連敗というのに10月だけの二連敗と考えれば危機感のないものにしか映らないんじゃないんだろうか?

おいらは代表での戦いってのは基本的に負けてもいい試合なんてものはないと思っている。
本番で勝つためには負けてもチャレンジできればいいなんてのは間違ってると思うよ。
いつだってチャレンジはできるわけでチャレンジしたから負けるよりチャレンジしたときこそ結果を残すべきだと思うんだがどうだろうね。
さらにワールドカップのグループでは強い相手ばかりになるわけだからそれまでの試合だって勝智続けるほうが自信にもなるだろう。
なら負けていい試合なんてのはないわけだ。

クラブチームなら負けてもいい試合ってのはあるんだろうが代表はダメだ。
国の看板背負ってるんだからできれば全部勝て!である。

ちなみに、今日の試合をみても今のままならグループリーグを勝てるかも なんて気にはならない。
コンフェデのイタリア戦を評価したとしてもその後の戦いでの結果をみてれば単純に期待するわけにはいかないということだね。
たった一試合で大きく評価が変わることはないってことだ。
スポンサーサイト