| Admin |
流行語でしょうか
2013年11月15日 (金) | 編集 |
オランダ戦を明日に控え記事を見ていると遠藤のコメントがありました。
左からの攻撃は譲れない、そこは拘ってブレずにやっていきたい というような内容。

先日の本田のコメントでもファンの監督交代や選手への批判などを邪魔なものに扱ったなかで批判は俺に、俺は無視できる 、ぶれないなどといっていたんだけど ぶれないってのは代表ないでの流行語なんだろうか?

おいらは代表に求めているのは最終的には勝利であり 選手がやるべきことってのは攻撃の手段が目標にならずに勝つことを目標にして欲しいと思ってるんだが 選手たちは違うのかと思えてくるね。

おいらは勝つための方法を模索してくれれば戦術の変更など全く気にしない。
ところが選手の口からは不思議とブレるブレないという言葉ばかりが出てくるんだよね。
全く不思議な話だ。

本田の代表チームへのネットなどでの批判を気にしないと言いつつ邪魔と言ったりしているのhsぶれてないんだろうか?というコメントまであったわけで。
個人的には代表チームに対する思いがおいらの場合は批判に結びついているわけで、別に本田がいようがいまいが関係がない。同様に遠藤がいるから代表を応援しているわけでもなく勝てない代表を批判しているだけの話だ。
彼らは自分たちの代表の在り方を語り合っているのだろうが、おいらには彼らの代表なんてものに大きな興味はないのだ。
ただ勝ってくれればいい。

おいらは本田がいなくても遠藤がいなくても香川がいなくても代表を応援するし、勝てなければ主に監督をだが批判するよ。
今の代表は勝てないのに戦術を語る場面で攻撃的にいくことだけが取り上げられているようで そこも気に入らない理由の一つだね。
失点をしなければ少なくても負けないわけで攻撃より守備にもっと練習の時間を費やすべきだろう。

中には本田がいるから応援するみたいな人もいるのかもしれないが、本田がいなくたって応援するって人のほうが圧倒的に多いと思うんだよね。
まぁ代表に本田がいないと怒る人もいるのだろうけど、おいらはいない方が今の場面ではいいように感じるんだよね。
おいらの頭には当時のオリンピック代表の本田による監督批判があり結果的にグループリーグで全く勝てなかった状況にいまの代表が重なって見えるからね。

特に本田の発言ってのはある意味相当だろ。
彼はいつだってワールドカップの優勝を口にしているわけで、現実は格下のキリンカップでの勝利以外は7連敗と言っていいと思うんだよね。
しかも率いているザッケローニも私の仕事はグループリーグを勝ち上がることで優勝を目指すことではないと言っている。
本来の本田のモチベーションならこういう監督の指示に従うつもりにはなれないはずだろう。
ところがいまのところ監督の人事も含め雑音は邪魔だと言っているのだ。

悪いが、代表ってのはかてなければ雑音が入るものだと知るべきだろう。
おいらは本田がいない代表だってまったく気にしないどころか今のままならいない方がいいと思っているのだから気に入らなければ辞退してくれても構わない。
日本代表が国を背負うということならこういう雑音も含めて背負宇ことが必要だとおいらは思うけどね。
ちなみにだが、おいらが批判する最大の相手は協会であり、その次が監督、そして正しいと思えない方向に向いている選手という順番だ。
普通のチームならおいらは選手は批判はしない。
選手が勝ちに向かって頑張っているのは当たり前だからね。
しかし、いまは方向性を間違っていると思うから選手も批判をしているのだ。

代表を応援するからこそ勝つために頑張ってほしいのだ。
いま重要なのは勝つために失点をしないことが一番だろう。
ところがメディアから聞こえてくる選手のコメントで攻撃的な選手は点を取るために今まで通りにという言葉ばかりだ。
おいらは攻撃のスタイルが失点の起点になっていると思っているから今まで通りなどと言う言葉に非常に残念な思いを感じている。

まぁ選手はポゼッションにある程度の手ごたえを感じていて、守備に関しては攻守の切り替えを早くだとかそういう確認だけをしているのだろう。
おいらとしては攻撃に入る際にここではボールを失わないとか攻めているときのボランチのポジションだとかという確認作業に加えてもっと手をかけない形で攻撃するなどと言う方法を模索するべきだと思うんだよね。

ちなみにここで攻撃の形を変えるなどというのはブレるんじゃなくて必要に応じた改善なんだと思うが、サッカー選手ってのは頭が悪いのかブレる、ブレないということに感じてしまうんだろうかしら・・・・。

それにしてもほとんどメンバーを変えないでこれだけ負けていながら批判はするなってのは何様なんじゃいって感じだよね。
負けても責任も取れないのに俺を信じろ、後悔はさせないといったって負けてもなにもできないんじゃないのか?
大体、協会が容認しザッケローニが選手を選んでいるが監督が代われば本田が代表に入る保証もないはずだろう。
これだけ負けていながら主要選手として大口が叩けるのは面の皮が厚いとしか言いようがない。

それにしても遠藤からしてブレるとかいう言葉を使ってるのが痛い。
代表に選ばれた責任は勝つことで果たしてくれ!としか言いようがない。
おいらは、守備的になろうが勝てばブレたなんて言葉は使わない!

ワールドカップで優勝という事を口にするなら勝ち続けることでファンを説得するしかないとおいらは思う。
そのための戦術変更はブレではなき改善だと選手がまず考えてほしい。
スポンサーサイト