| Admin |
U-17に学ぶべき
2013年10月22日 (火) | 編集 |
U-17のワールドカップが行われている。

日本はD組で戦っており、欧州チャンピオンらしいロシアを初戦で破り昨日?第二戦でベネズエラにロシア戦から先発を8人代えて3-1で快勝したようです。
最終戦はチュニジアとグループ1位をかけて戦い引き分け以上で首位に立つ。

ベネズエラの監督は8人もの入れ替えにもかかわらずロシア戦と同じように戦えることに驚いたらしい。



おいらはこの事ってのは結構大事だと思うんだよね。
ロシア戦は相手も強く 全く同じように戦えたとは思えないんですが、日本代表として戦略や戦術の共通理解のうえに個性を生かした戦い方が選ばれたメンバー皆ができるってことが大事だと思うんだよね。

A代表のようにおいらはそう思っていないが 誰々がいないと日本は勝てないなどと言うチームを作るのは失敗だと思うんだな。
U-17などと言う若い世代だから失敗を恐れないこともあるんだろうし まだ壁にぶつかっていない世代なのかもしれんが試合に出ればだれもが活躍できるってのは素晴らしいよね。

おいらはこれがA代表でも 日本のスタイルというものを考えてチームを作っていれば本田や香川がいなくても同じように戦えなきゃいかんと思うんだよね。

そういう意味でもザッケローニが本田と心中しているような今のチーム作りには賛成できないね。


ザッケローニは本田さえ使っていれば負けても皆が納得してくれるという甘さを知って府抜けていると思えてならないんだな。
だから香川は時々代えることがあっても本田だけはどんなに悪くても代えないよね。

代表にあっても本田は個が大事と口を酸っぱくいうが、おいら的にはそれは代表に来るまでの問題で いざ代表で戦うに当たっては代表の戦略なり戦術がどうかという事だと思うんだ。
それがチームの完成度を高めるポイントだろう。
個が大事なのは代表でなくたって同じことで、所属チームで練習や試合で培っていく目標みたいなものでしかないだろう。
代表ってのは日本を選ばれた時点から背負っているわけで 選ばれた選手で勝つための最良の方法を実践する場だよ。
そのために試合の前に集まって練習するわけで、そこで重要なのが指揮官の的確な指導だろ。
ザッケローニは一回呼んで次がないってことが多く、固定されること自体大きな問題だが その固定されたメンバーがやりやすいようにしか練習していないんじゃないか?
豊田や工藤に期待がかかり呼んだのならしばらくは呼び続ける気持ちがなければ代表の雰囲気など身につくはずもないだろう。
それこそ工藤など呼ばれて点まで取ったが次がないじゃないか。

こういう選手の使い方をして選手を評価するのは決していい方法ではないだろう。
50人試したって重要なのは試し方じゃないんだろうか?
絶好調の大久保や安定して結果を出し続ける寿人を呼ばないのがある意味わかりやすいよね。

話題になった選手も呼んでは見るがこんな使い方でいいのか?っていう程度の起用ですぐに切ってるよね。
試合に出れた選手はまだ恵まれているよね。ベンチで次はないっていう選手はいくらでもいるだろう。

おいらはそれなら常設でB代表ぐらい作ってもいいんじゃないかと思うね。。。。

代表にはその時々で選手を生かす方法ってのはあってもいいと思うが それでも基本的に日本らしいスタイル、国内組がやっても海外組がやっても同じように戦えるというプランも大事だと思うぞ!
スポンサーサイト