| Admin |
協会から脳筋なんだろうね
2013年10月20日 (日) | 編集 |
いやぁ、あんまり書く気になれなかったんだが悪口ならいくらでも出てくるんだな。

原強化委員長が柿谷にお前が決めれば変わる、ファンペルシーなら決めてた。などと言ったらしいんだが、協会の強化委員長からして問題への目線がズレているというしかないだろうね。

おいらが思う本来の10月の遠征での最大の課題ってのは無失点で終えることだったと思うんだな。

南アフリカのときのサッカーをドン引きなどというのも間違っているだろう。
オランダ戦はドン引きだったが、日本は取るべき点を入れた結果グループリーグを勝ち上がったのだという事をもっと評価するべきだろう。
勝つ方法で一番に思いつくのはまず相手に点をやらないことの上に一点でも点を取ればいいわけで、それをやったのが南アフリカだろう。
岡田監督が本大会前に評価を落としたのはある意味点を取るための岡田監督のやり方がうまくいかなかった末に守備がオウンゴールを繰り返し負け続けたからだ。
おいらはあくまで岡田監督のやりたかった事は間違ってなかったとは思っている。
結果的に選手が消化できずにバランスを崩したことが負け続ける結果になったわけで、バランスの修正能力で岡田監督がダメだったとおいらは思っている。
ザッケローニはバランスの修正以前の問題だろう。
勿論バランスの修正ができているはずもなく問題の分析からしておかしなことになっている。

柿谷への発言が端的に表していると言えるだろう。
柿谷や豊田、工藤を東アジアカップまで呼ばなかったのをはじめ大久保や寿人は未だに声がかかっていない。
点が取れない前田を使い続けたのがある伊美ザッケローニを表しているわけだ。
原氏の発言はあくまで点が取れないのはFWの責任という事を表しているが誰が入ったって点が取れてないわけでもはやシステムの問題ということに気が付いていないんだろうね。
おいらは工藤が右サイドハーフで点を取ったことで改めて感じたんだが点が取れないのはFWだからだと確信したね。
原氏は逆に工藤は点を取ったぞ!とでも思ったんだろうね。
おいらに言わせれば工藤が点を取れたのはMFだったからで工藤の能力や柿谷の能力の問題ではないと思うわけだ。
ザッケローニをしても工藤はその後外れたが柿谷は呼び続けているだろう。

南アフリカから日本ももっと攻撃的にと言う気持ちもわかるが 考える基本が逆なんだろうと思うな。
日本の守備がもっとうまくなれば日本がボールを持つ時間が増えるんじゃないだろうかね。
厳密には守備がうまい=ボールが持てるではないが 守備が良くなる=守備の組織が安定するなら組織的にボールを動かすは関係性があるしこのことは守備だけにとどまらず攻撃でも通用するだろう。
結果的に攻撃面でもボールは回るんじゃないだろうか。

おいらは攻撃的にいくことを否定はしていない。
今の代表の攻撃的には問題があると思っているだけだ。
攻撃的に人数をかけ高いポジションを取った挙句のボールの奪われ方が悪いし その後の守備の対応がまずいと思っているだけだ。
前に人数をかけた挙句に中央から攻め相手に引っかかりクリアされるのでもなく繋がれてしまう奪われ方が悪いし奪われたボールへのプレッシャーが遅いからしっかりつながれ危機に落ち失点につながるのが悪いと思っている。
簡単にそれを解消できるなら今のままでもいいが、個人的には難しいと思っているのでもっと手数をかけないで相手ゴールに近づけるようにもっとFWに早くボールを渡すなど早い攻撃をするべきだと思っている。
人数をかけることを優先するより相手の守備が整わないうちに攻撃することに重きを置きたいわけだ。
必然的に日本も攻撃に人数は欠けれないがボールを奪われても人数的にはこのほうが余裕があるだろう。

南アフリカよりボールの保持率を上げるのなら守備の組織をもっと洗練することが一番それに近づく方法だと思うんだよね。

日本サッカー協会が攻撃的にといって点を取ることに思いを置くってのは悪くはないが 今のやり方なら負けるのも覚悟の上でしかなく正しい方法には思えない。

おいらは日本は組織力と言う武器があったはずだと思うんだが、それを消してまですることではないと思っている。
磨きをかけこれまでただクリアしていたボールをつなげられればそれだけでポゼッションが上ることにもっと注目するべきだと思う。
個のレベルが上がることで攻撃面にもつながり所謂強豪とも渡り合える結果になっていくんじゃないだろうか?

そのためにはもっと走れ!だと思うね。守備ってのはDFがやるべきことではなく皆がやるべきことでボールをロストした選手が筆頭になってボールにプレッシャーをかけ続けることが相手へのプレッシャーになり相手のミスも誘い結果的に日本のポゼッションが上るにつながると思う。
傾向で前半の終了間際や後半に失点が多いのは選手の気持ちの甘さだろう。
特にMFの気のゆるみがそこに集中している気がしてならないんだよね。


原氏が攻撃に注文を付ける点で優先順位がおかしいと思うんだ。
前からの守備にもっと焦点を絞った感想こそふさわしいとおいらは思う。
スポンサーサイト