| Admin |
いまさら・・・
2013年10月16日 (水) | 編集 |
ザッケローニが試合後に 原因を先頭に立って調べていくと言ったらしい。

何をいまさら・・といった感じを受ける。

基本的に日本がホームでは自分たちの試合ができるがアウェーで自分たちらしさがでないのを解消する目的で欧州遠征の4試合が組まれた と、この試合で勝つことよりも課題を見つけ克服していくことが大事だといっているんだよね。

ザッケローニの記事で彼は最近イタリアよりも日本が好きといっているらしい。
個人的には当たり前だと思うんだ。
だって代表監督っていうポジション、チームの監督ほどいそがしくもなく日本では負けたからといって叩かれまくることもない。
どこへ行っても代表監督というポジションで丁寧に扱われるわけだ。
ハッキリ言って天国だろう。
彼の場合は食事もあっていたようで今の立場はこの上ないだろう。

そういう立場にしてしまったのは日本人としてもある意味はずかしい事だと思う。
代表が負ければ本来は監督に対しもっと責任論が出なければいけない。

イタリアなら負けた試合の後は外出する気も無くなるだろう程文句を言われるのではないだろうか?
それが日本ではないのだ。


昨日の試合で大陸別のザッケローニの結果が出ていた。
南米での一勝はアルゼンチン戦だろう。
あれで彼の幸せが始まってしまったのだ。
しかしあの試合は原強化委員長のおぜん立てでしかないのだ。
誰かが書いたコメントであの試合に出たメンバーで栗原がいて吉田がいなかったわけだが、若干を除いてあの試合のメンバーがほぼそのまま今の代表にいるわけだ。
途中、清武などが加わっているが普通のチームならメンバーにこれほど変化がないのは異例のことだろう。

個人的にはザッケローニはJを見下していると思う。
あれだけ試合を見ていながら また合宿などに招集しながら選手をゲームに使わないのだから。

また、ベラルーシもそうだったが一つのチームから大勢の選手が選ばれていたりするのだが その利点は選手の連携がうまくいくという点はあると思うんだ。
これに対しザッケローニは東アジアカップの際に同じチームの選手は同時には使わないなどと言ったらしい。
それはチームのやり方を否定し代表に会わせてもらうという意味のようだが、こういったこだわりがせっかくの利点さえも捨ててしまっていることでもあるだろう。

柿谷はセレッソで香川や清武、乾とプレーした経験があるわけだが そういう組み合わせを使わないのが一例だと言えるだろう。

また選手にも言えるかもしれんがスタイルにこだわるあまりに出ている選手の個性を消している気がしてならない。
今後についてもたとえば宮市などにも期待されるが、永井や柿谷も同様で彼らは前にスペースが欲しい選手たちだ。いまの代表にはそれをつかえる形はないだろう。
それは選手に合わせた戦い方を否定しているかのようだからね。
選手に合わせればスペースが欲しい選手にはスペースを与える形で戦うべきだと個人的には思うんだな。
したがってFWがいないという話は当たり前だろう。
皆FWは所属チームで自分たちの長所を生かすために戦っていて代表では違うことが求められるんだからね。

CBがいないという声も聞こえるが吉田以外に海外でプレーしているCBはいないわけで代表のやり方と日本のやり方の違いは考慮すべきだろう。
おいらは日本人にあった戦い方をすれば日本人のCBは十分にいると思っている。
そんな中で本職でない今野がずっとCBをしているのもよくわからないね。
基本、日本にはMFが豊富なわけでチームでボランチにいる今野をCBで使わないのはなぜかという事も考えてみればいいと思うんだ。

それにしてもザッケローニはのんびりしてるよね。
いまさら これから考えるだよ?

おいらはすでにコンフェデのときからダメだと思ってるんだが・・・・。
いやその前のブルガリア戦からだったか。
スポンサーサイト