| Admin |
ガーナ戦 前半
2013年09月10日 (火) | 編集 |
個人的には最近にないほどいい感じに見える。

一つはFWの柿谷を意識したプレーが多くなっている点。
もう一つは本田が高い位置に拘って見える点だ。若干失点直後にボールを貰いに下がったが修正も早かった。
いつも書いているように本田はゴールに近い場所こそ能力が発揮されると思う。
まぁいつものように狭いところを抜けようとするプレーもあるが今日の場合少し遠いところからシュートの意識が見えるから球に切れ込むのは悪くないだろう。
本田が前目を意識していることもあるのだろう、ボランチのポジションから裏を狙うプレーも多く いいプレーができていると思うね。

若干だがポジションが前で被ったりってのがあるが こういうスタイルで行けるのなら改善できるだろう。

失点の場面はもう仕方がないだろう。
少しずつボールを追った結果が日本がさわってさわってコースが変わって相手に行ってしまったわけでこういう失点は仕方がない。
それよりも先ほど今野の話を書いたが、そこでも出ていたように日本の左サイドで個人でつぶしに行った結果 はからずも今野がスライディングに行き裏を抜けられてしまっている。
昔ならディレイに行くべきところだろうが 個の力と言う声が出てからディフェンスが無理をしているんじゃないかな。
前の試合でも吉田が同じような形で抜かれ失点をしている。
こういうところが修正できていないのはザッケローニの方針でアタックにでもいっているのだろうか?と思うしかないだろ。
まぁ全体に守備への意識も高く悪くはないと思うんだが、日本はシュートの精度と良くはなっていると思う守備だが結果はまあついてきていないことが問題だね。

後半に期待したいね。
本田がボールを貰いに下がらないことを願うね。
良い攻撃は出来ていると思うからね。
スポンサーサイト