| Admin |
ザッケローニ
2013年09月04日 (水) | 編集 |
ワールドカップ後にはイタリア代表監督か?という記事がイタリアで出たらしい。

個人的にはあり得ないと思うw。

更に韓国ではザッケローニの評価が高いらしい。コメントが結構書かれている。


おいらは意識が低いんじゃないかと。

韓国はコンフェデなどで日本が強豪と戦うことを羨ましく思っているようで、その点は確かにそうなんだが今の日本代表はハッキリ言って負け続けているわけですよ。
日本がFIFAのランキングで上に行くにはある程度強豪と戦っても勝てなければ何の意味もないということを考えるべきだろう。勝てないまでも負けないという事も大事だろう。

そういう意味においてはアジアがメインの日本は不利なことも確かだが、今の 日本がヨーロッパで戦っている人が多いわけで日本で戦わずにむしろ向こうでぢ表が戦うことをもう少し真剣に考えるべきだろう。

おいらがザッケローニがイタリア代表監督が現実的でないと思う点は結局日本代表がアジアでしか実績を残せていないことにあるんだよな。
イタリアはある意味誰が監督をやったってそこそこの成績は残せるだろう。
そういうメンバーがいるわけだ。
そう考えるとザッケローニの実績なんてのはある意味たいしたことはないのだ。

おいらは常々思うんだが、日本人も意識の改革ができていないのだろう。
2002年もそうだが、勝ち星がなかった日本がワールドカップに勝ちグループリーグを突破した時に日本は世界に評価されたわけだよ。
2010年だって同様の評価は得ているわけだ。

いまザッケローニが評価されている理由は何だ?と考えてみて欲しい。

日本が強くなったってことなんだろう?
しかし現実はここ最近でも何連敗しているかを考えてみればいいのだ。

結局のところいつか日本は強くなるってのはいつにだってある考えであって2002年もそうだったし2010年でも同じなんだよ。
そして今現在でも日本はまだ弱い国であって強くなる可能性が独り歩きしているからザッケローニの評価があるんだとおいらは思っている。
そう、今現在の日本は強くないわけだ。
ただアジアで楽に戦えているように見えるから世界はザッケローニを評価しているのだろう。
特にイタリアはコンフェデでの対決に日本の進歩を感じたんだろうが、現実は単純にイタリアの出来が彼らの許容範囲を超えるほど酷かったのだろう。
ついでにイタリア人が物忘れがひどいのだろうさ。
日本でイタリアが引き分けた試合を忘れているんだろうよ。
日本が先制し引き分けた試合をね。

イタリアは本来ワールドカップに優勝するための監督が必要なんだな。
2010年のワールドカップが酷かったために戦術の見直しみたいなことも言われているが、個人的にはあまり意味がないと思うんだよな。
イタリアはどういうチームが相手でも負けない試合ができるチームであったわけで今後もそれでいいはずなんだ。
イタリアの本当の強みってのは負けないだけではなく 強豪を相手に点が取れるチームであったことを忘れている人が多いのが問題なんだろう。
負けないだけではワールドカップやユーロで上位には行けないんだよ。
負けない上に相手から点を取れる力があるってことなんだな。

カテナチオってのはイタリアの固いディフェンスを表す言葉だが、実際のイタリアってのはそのうえで点を取ったから輝かしい実績が残っているわけだ。

個人的には沢山点が入る試合が好きではあるが、たくさん点を入れられては何の意味もない。

スペイン代表は今も強い。
しかしスペイン代表に多くの選手をだし同じように戦うバルセロナを考えてほしい。
負けるときは結構簡単に負けているだろ?しっかり相手に点を取られてだな。

個人的にはある意味ではスペインにとって本来一番怖い相手がイタリアなんだと思う。
堅守であり速攻で点も取ってきた相手だからね。
スペインも高いポゼッションと高い位置を取るわけでリスクもあるわけだ。
ポゼッションされても勝つなんてのは本来イタリアの得意な戦術だろう。

2010年にイタリアがグループリーグで勝てなかったのは点が入らなかったことが原因でしかない。
それをもってイタリアが点を取りに行く必要なんてのはまったく勘違いでしかない。
イタリアで一番美しい勝ち方ってのが1-0で勝つことだと言われていた。
これこそ日本に足りない勝ち方を知っているってことなんだろうさ。

日本が点を取って勝てていないわけで、その監督がザッケローニだよ?
イタリアが伝統的に知っている勝ち方さえ教えられない人間がどうしてイタリアの代表監督に向いているっていうんだ。あり得ないだろう。

もし仮にだが、ザッケローニがイタリア代表監督にふさわしいのなら それこそ日本代表がヨーロッパに乗り込み何試合か教護と試合をして負けなかったら・・だろう。
現状ではそこまでのことはできていない。

いつも書くことだが、今の日本って個人個人の力は上がっているのは間違いがないと思うんだが、結局勝ちきれないのは戦術的に正しくないからだと思うんだな。
アジアでは勝てるが世界では勝てないのはそういうことだろう。

ザッケローニは指導力がないとおいらは思っていたが、約束事が多いっていう話を聞けばある意味ではしえることが下手以前に教える内容が間違っているとしか思えないね。
ある意味ではイタリア人にはあっている内容であったとしても日本人には向いていないってことかもしれないがそれでも日本人に合っていないことを教えるのなら能力が足りないのだろう。
だからアジアでは勝てても世界に通用しないのだろう。
おいらは今のメンバーでも戦術が正しければ世界で戦えると思っている。
ワールドカップの優勝までは届かないが強豪相手に負けない試合もできると思うし、単なるFIFAのランキング上位なら勝つ試合もできるようになると思っている。
それには個の力が足りないということよりも戦術的なものの力のほうが大きいと思うのだ。
だからザッケローニは代えてほしいのだ。

それこそザッケローニを代えてみればおいらが正しいってことがわかるだろうさ。
スポンサーサイト