| Admin |
24時間テレビの偽善
2013年08月26日 (月) | 編集 |
さっき元ジャニーズアイドルがギャラ?受け取るでしょ?普通に だって仕事ですもんっていう話を目にした。

おそらくはそういう事なんだと思う。
特に進行役になった嵐などはドラマを作ったりロケに出かけたりと時間をかけて所謂しごとをしているんだからね。
ほかの出演者にもギャラを出すとしているのはあくまでテレビ局側が人気のある人間で視聴率を稼ぎたいがための手段としてギャラを払う前提を作ってしまったのだろう。
ついでにスポンサーから金を受け取り自分たちの営利活動を正当化する目的だってあるのかもしれない。
おいらが知らないだけでもしかすると募金の金額の後にテレビ局だって多少はチャリティーにお金を回しているかもしれないだろう。


ただ、個人的には何もこういう形でやる必要があるのかと思わずにいられない。
普通に考えてなぜ24時間やる必要があると思う?おいらには必要ないとしか思えないのだ。

さらに言えば普通にギャラいりませんよっていう人たちだけで番組を作ったほうがより説得力がある番組ができると思うんだよね。
そしたらさ、何も24時間もやる必要がないわけよ。長い時間じゃないと募金を集められないってなら深夜は映画でも流していればいいわけだ。なにもタレントがでていなきゃできないわけでもないわけで。
テレビ局だって普通の番組をやるスポンサーには理解をしてもらってその他は純粋にチャリティーのスポンサーを募ればいいよね。

本音で言えば東京のテレビ局がやるから大げさになってるんだろうが地方のテレビ局が8時間とかで本当のチャリティー番組やっちゃえばいいと思うんだよね。
出演者なども司会者は局アナ、出演者は本当にノーギャラで出てくれる人、スポンサーはチャリティーに金を出してくれるところを選ぶわけだ。
テレビ局は普段スポンサーになってくれている企業に断りを入れその予算内でできる企画をやるわけだね。
出演者はボランティアだからお金がかからないわけだしできない企画じゃないと思うんだよね。

募金が集まらなくったってその方がよほど健全なチャリティーなように思える。
なんならそのうちの2時間はチャリティーに関係する映画を流したっていいんだ。

無償でもいいってタレントやアイドルはチャリティー握手会なんかやればいいんじゃね?
それこそAKBや地方の48グループの個人とかならでれるんじゃね?
ボランティアは仕事じゃないからね。


まじでどこかがやれば応援するんだけどね。
スポンサーサイト