| Admin |
Jの守備!?
2013年08月25日 (日) | 編集 |
ある記事のコメントでJリーグの守備は相手を遅らせるディレイっていうのがきほんになっているぶぶんがあってこれが悪いと言っていたんだな。
その例としておいらも見たマリノスとアントラーズの試合の守備を上げていた。
マリノスが失点した場面で大迫がパスのトラップで中沢をかわして短いドリブルをしてシュートを決めた場面とディフェンダーを前にとこにボールを動かし抜ききらない状態でシュートを決めたんだよね。

これに対しアタックしないからこういうシュートを決められると批判しているわけだ。
確かにある意味正しいともいえるだろう。
もしかするとディフェンダーがアタックしていれば時間がかかりシュートを決めれなかったかもしれない。
しかし簡単に外されればもっと容易なシュートチャンスになったかもしれないわけだ。

おいらはディレイがいいとか悪いとかいう以前に日本が抱える問題は相手との間合いのほうにあるんじゃないかと思うんだよな。
個人的には少し遠いと思っている。
相手に反応するには距離があったほうが対応はしやすいが当然のことながらスペースを埋める場合に埋めれる範囲が狭くなってしまうだろう。

戦術としてディレイがいいとか悪いとかいう以前にあの場面ではシュートコースを開けてしまったことが問題だと思うんだよね。

一本目のシュートをされる場面では中沢は半身で下がりながらケアをしていたわけだが大迫がボールを受ける瞬間に大迫の体の動きに反応して体の向きを変えてしまった。
そこに大迫がトラップで逆を突いたために中沢は大迫に距離を開けられ簡単にボールを持ち込まれシュートをされてしまった。ある意味トラップがうまいとしか言いようがないんだが、最初の判断で半身で下がるが相手の体を付けに行くというものだった場合にボールはともかく相手の体を抑え込むチャンスは出来たかもしれないっていう部分ではディレイの姿勢を取ったことは問題にできるかもしれない。

二本目にしたってディフェンダーを抜ききらない形でシュートコースが空いていることが問題にされるべきであってなぜ空いてしまったかと言えば相手との間合いが大きいためにあいたとおいらは感じたんだよね。

良い悪いで言えばディレイがいいとか悪いではなくコースを開けた守備が問題なんだと思う。
確かにヨーロッパなどの守備ではCBは相手の体を預けるような守備ってのは日本より圧倒的に多いだろう。
それ自体も日本はもっと研究する必要はあると思うがアタックやディレイの選択は戦術的なものや個人のその場の判断によるだろうしやっぱり肝心なのはコースを開けたという点だと思う。
ディレイだってコースを切っていればシュートは打たれなかったかもしれないし打たれたって触れただろう。
そうであれば批判の対象にはなっていないはずだ。もしかすると逆に良い守備をしたってなっていたかもしれないのだ。

おいらとしては日本の守備を見ていていつも感じるのが守備の際の体の置き場が遠いと思う事の方が問題だと思う。
近ければ反応速度がより求められるので抜き去られる危険もあるわけだが、もう少し相手に近づく必要があると常々感じている。抜き去られる危険は増えるがパスなどに対しては圧倒的にプレッシャーをかけることができるだろうしボールコントロールの小さなミスができなくなるという点でもプレッシャーをかけることができるだろう。

個人的に思っていることだが内田の守備は昔よりかなり良くなっていると感じている。その理由が距離が良くなったからだと考えているのだ。
良かったころの長友も同様で相手に密着して守備をし彼の場合は抜かれてもさらに追いついていたと思うんだな。

おいらとしてはアタックもいいが今の距離感でアタックしてもよけられてしまう気がするんで、まずは一歩前で守備ができるようになってもらいたいと思う。
近くなればこちらの仕掛けに対する相手の反応自体も早くなければいけなくなるわけでこれも相手に対するプレッシャーになるだろう。

ちなみにだが解説の人も言っていたように現在のマリノスは失点も少なくマリノスのCBコンビが最も優秀だと言えるだろうことは間違えではないだろう。
中沢の衰えってのはあるかもしれないが現状では優秀なのは変わりはないだろう。
そこから点を取った大迫の調子がいいというしかないとおいらは思うな。
大迫のセンスはかなり良いと思うよ。

ついでに書いておくが日本代表の攻撃シーンでこういう場面ってないだろう?
FWに縦一本のパスがでないのが今の代表の攻撃スタイルなんだから。
MFがボールを回しながら相手の陣地に入っていく方法がメインで、同時に相手の守備が整ってしまうんだ。
大迫のようなプレーをするチャンスがFWには無くなっている。

おいらはいつも書いているが得点のチャンスは相手の守備が整う前に攻撃しシュートにもっていくことだと書いている。
今の日本代表ができていないことだろう。
こういうチャンスを作る姿勢が欲しいと常々書いているわけだが本田やザッケローニにはそういう考えがないのだろう。
だからザッケローニには監督を辞めてほしいのだ。
スポンサーサイト