| Admin |
イチロー
2013年08月22日 (木) | 編集 |
日米通算4000本安打達成おめでとうです。

すごい記録ですよね。

中には日米で合算するのはおかしいという人もいるかもしれませんが、これはこれでいいんじゃないでしょうかね。
日本のレベルが低いという人もいるでしょうが、逆にアメリカの試合数が多く日本ではままならない200安打をイチローはデビューから10年続けたことからも最初からアメリカなら今頃ピートローズの記録さえ抜いていたかもしれないんじゃないでしょうか?

話はそれますが、どういう反応を皆がしているかと思い2ちゃんねるを見に行ったらあるスレッドでイチローと松井を比較して論争をしていましたw。
個人的にはタイプが違う選手を比べても意味がないと思うんですが、もう意地になってるかのごとくやり合って楽しんでいるようでした。
長打率や打点は当然松井のほうが上なんですが、ある意味打点なんてのはチーム力や打順で影響を受けるもので単純に比較ができるものではないと個人的に思うのです。
松井は巨人>ヤンキースと強いチームを渡り歩いてきたわけで同じような選手よりも打点を稼ぐチャンスそのものが多かったほうじゃないでしょうか?
もしくらべられるとしたらチームの総得点が同じぐらいのチームの同じような打順の選手で比較するしか意味がないと個人的には思います。ついでに言えば次打者の成績なんてのも大きく影響をしているはずですよね。
同じような資料でも安打数や出塁率、ホームラン数なんてのは単純な数字ですので比較は可能でしょう。
得点圏打率はあてにはなるかもしれませんが、そのチャンスであげた打点はチャンスの数にも影響を受けるでしょうからあまりあてにはならない気がします。
で、イチローを批判している人が内野安打は打ちそこないでなぜか数を引いて実質打率はこうだとやってたんですよw。
笑えるでしょう?
だって公式記録で安打になってるから安打数に加えられているのになぜか引くわけですから。
これってのはある意味出塁率なんてのも否定した見方になりますよね、だって打ってないのに塁に出た記録ですから。

個人的には日本の安打製造機のイチローと日本のホームラン打者松井なわけですからどっちが優れているなんてのはないと思うんですよね。
ただ、アメリカでの記録に関して言えば歴史的な記録を破ったイチローと悪くはないが記録には縁がなかった松井という事になってしまうんじゃないでしょうか。
ただ、松井に関してはケガさえなければ記録を作るチャンスもあったかもしれないとは思うんですよね。
打点は上げてましたからチャンスはあったんじゃないかと・・・。
タイプ的にも恩師の長嶋氏同様でアメリカのホームデビュー戦で満塁弾を放つとかWCでMVPを取るなんてのは記憶に残る選手なんだろうと思うんですよね。

イチローのスタイルはなんだかんだで戦前の記録に挑戦できる唯一の選手なんだとおいらは思います。
イチローが抜いた選手であるルー・ゲーリックなどはハッキリ言って最高の選手ですよ。
病気があって若くして引退したが長打もあり率だってすごいわけです。
しかし、ある意味では球種なども少ない中で出した記録でもあるんじゃないかと思うんですよ。
だから本塁打などは最近の記録がすごいんですが安打数などは昔の記録が長く残っているんじゃないかと思うんですね。
イチローは批判はあるが四球を選ばずにヒットを狙っていく姿勢が安打にかかわる数字への挑戦ができているんじゃないかと思うんです。
それこそ最初からメジャーならピート・ローズの記録もすでに抜いていたんじゃって思うほどに。

個人的には打者で長くやれている選手の多くが長距離ヒッターだと思うわけで今年40のイチローがいつまで使ってもらえるかという点では不安がなくはないと思うのです。
まぁとはいえ守備や走塁が一流ですからね。まだまだやれると信じたいですね。

とりあえず今は4000本おめでとうですね。
スポンサーサイト