| Admin |
世の中には変な奴が・・・
2013年08月22日 (木) | 編集 |
いやぁちょっとビックリしたんだが、世の中には変な奴がいるんだなぁ。

わざわざ自分で女性専用車両に乗って駅員に喧嘩を売って歩いている奴がいて しかも動画に音声を上げている。
馬鹿としか思えないね。

ちなみにこの人は法律で規制できないというのを根拠にしているようだが、果たしてそれは本当に通用するのか疑問だろう。

それぞれの電車を運営している会社が女性専用を歌っている時点でそれを利用する女性に対し男が乗れば嘘をつく形になるわけだから電鉄の信用にかかわる問題になるだろう。

おそらくこういう場合に普通に考えれば運営会社が不利益を被ることを乗客がすることができるかという問題になっているんじゃないかと素人ながらに考えるわけだ。
それを根拠に考えれば運営会社が女性専用を歌いそれに抵抗する存在ってのは営業妨害をしているわけである意味完全に法律に触れなくても会社の規約に触れるだろう。

そしておそらくこの男が間違って理解しているのが利用する際にどこに乗っても構わないと思っている点だろう。
公共交通として守らなければならないのは乗車拒否ができないことなんだろうけど、どこには載ってはいけませんという理屈は運営会社がきめても問題がないはずであるということだろう。

世間が女性専用車両を認知した時点でこの男の行為は運営会社にとって営業妨害に当たるとおいらは思うね。
法律云々ではなく運絵う会社が女性専用と歌った時点でこれがその会社の運営規定に当たっているはずでそれを妨害する行為をしていると理解するべきだろう。

法律を盾にしているようだが、おそらくは営業妨害で訴えられた方がよっぽど怖いことになると思うぞ。

ちょっと話を代えてみればいいのだ。
女性専用車両を喫煙あたりで考えてみればいいのだ。
自分が利用する施設の喫煙は場所によっては法律や条令で禁煙が義務付けられるものもあるだろうが、法的に拘束力がない場所を運営する会社が禁煙にした場合のそれを破る人は果たして正しいと言えるのかという事だろう。
法的に根拠がないわけで運営する人が禁煙と言えばそこは禁煙だろう?普通に考えて。
運営する会社がこの車両は女性専用ですって言えば女性専用だろう?

人が大勢はいるレストランや食堂だっていいんだが、チェーン店などでは禁煙だったり分煙になってたりするが人が大勢は入れるようなものでも食堂だったりすれば禁煙でなかったりするんじゃないんだろうか?
どうやっきまるかと言えば運営会社の考え一つだろう。

社会通念とでもいえばいいんだろうか?この男はそれがわかっていないのだろう。
まぁこういうやつはいつか損害賠償でも請求されなければそれがわからないのだろう。
スポンサーサイト