| Admin |
ももクロの発言に小林氏が発言で
2013年08月21日 (水) | 編集 |
ももクロが古市氏の本で反日的発言ということが最近話題になっているが、それに対し小林よしのりが悪いのは古市と言い切ったんだな。

実はおいらはこの話題に触れたいわけではない。
以前にこのことについてはもしかすると書いたかもしれないが(書いては消しってのが多くて上げたかが定かではないんだな)所詮は勉強より芸事に熱心な少女たちの言葉であり名にも熱く語ることではないというのが個人的な見解である。先日、元韓流に嵌った人たちが嫌韓に変わって書いたブログなども見たわけで誰にだって知らないうちは間違いは起こすことを忘れてはいけないだろう。
もし問題にするなら真実を知っていながらそれに目をつぶって反日をしている人たちに対してこそ本当の反日という言葉を使うべきだろうとおいらは思う。


で、今回書きたいのは そこに書かれているコメントについてン疑問なんだな。
ネトウヨってのははにかがおいらにはわからなくなってしまったのだよw。

なぜならコメントの中にはネトウヨの定義的な意見として嫌韓・中に加えて親米というのが書かれているのだ。
皆が同じ意見かどうかは解らないが、否定する意見もなかった。
おいらは自分ではある意味ネトウヨの一員かもしれないと思うが単純に親米というわけではない。
アメリカってのは基本的に法治国家の体をなしているが実は決してそういう国ではないと思っているからね。
いつも書くがアメリカ人ってのは基本的に日本の政治と一緒で経済優先でありある意味では力のあるものに迎合する社会を作っているのだろう。
日本と一緒でと書いているが一応は社会保険などの精度を見てもわかるが日本農法が少しはまともだろう。
アメリカで普通に行われる献金などは不正の温床にだってなり得ているのは解り切ったことだろう。
下院では反日の法案がいくらでも通るのがその証拠でもあるだろう。
しかし、あくまでそれは下院でのことでしかない。さすがに国家の意見にしてしまえばアメリカの政治の本質さえ問われることになるからね。
献金がまかり通るという事は不正も行われますよという事を表しているだろう。誰だってスポンサーは大事にしたいだろうからね。

ついでにいえばアメリカだって信用に値するかと言えばそれは解らない。
アメリカの国益や判断する個人の利益が優先されたっておかしくはないのだ。

トルーマンは彼個人の意思で原爆を落とした。
それを批判する人もアメリカの政治家にはいるわけだが、結局はそういうことだろう。
今現在は流石に大統領とはいえ個人の判断できる範囲は狭まっているだろう。
なぜなら資本主義が進み経済活動が優先される傾向が強い。
下院でどういうことが決まろうとアメリカの対日姿勢はそれほど大きく変わることはないだろう。

もうひとつ、自民党関連について書かれていたんだな。
ネトウヨは自民支持者ではなく自民党を信じ切っている人っていうんだよ。

これには完全においらは外れてしまってるんだよね。
おいらは選挙で自民党に投票はしていないからね。
いくら自民党が変わります、変わりましたと言ったって 古い体制も残ったままだし人も変わっていない。
選挙に勝った途端に道路工事始めますって言ったのが自民党だよ?
信じれるわけないじゃないか。
ああします、こうしますが勝った途端にしぼんじゃったのを皆見てきたんじゃないんだろうか?

政治の体制が変わるまではおいらは自民党は信じないことにしたんだよね。
おいらは今の政党政治に未来はないと思っている。
いくら地方でいいこと言ったって結局は党議拘束の名のもとに言っていたことと違う事に賛成票を入れるのが今の政治だからね。政治家の言葉を信じることなどできるはずもない。

議員定数の削減だって政治家の意見はおおむね賛成にまとまっていながら実際にはできていないことでもその実行力のなさはハッキリしている。
一部の人が得をして政治家が儲かることはさっさと決まるのにねw。
議員定数の問題などは個人的には小選挙区制度が現状では一番の問題だと思っている。
地元の意見を聞く必要が・・などと言う人がいるが、そんなものは中選挙区でもできる話だろう?
一票の格差だって小選挙区を中選挙区にかえたら死に票が減るって話だ。
小選挙区制度の利点は少ない投票で最大の結果が出せるということだろう。
たった30数%の得票で過半数を獲得できてしまうシステム、それが小選挙区制度なわけだ。

まぁいろいろと書いてきたんだが、おいらはネトウヨってのはある意味単純に嫌韓・中の輩全体を示す言葉かと思っていたんだが、このコメントたちを見ているともう少し定義が複雑に思えてきたんだよな。
嫌韓=ネトウヨという定義が一般的だと思うんだが、ネトウヨの中の自分はネトウヨでないと思う人にはネトウヨの定義が複雑に存在しているようだと気付かされた気持ちになったねw。

おいらは嫌韓だけれども身近に困っている韓国人がいれば普通に助けるだろう(ただし政治的な会話がない場合に限るが)。
個人の政治的でないレベルで人が助け合うことに疑問の余地はないからね。
日本人の少なくない人がそういう部分では共感できると思うんだが、そこに政治的なものが見えてしまえば話が変わってくるんだろうね。嫌われている人間をわざわざ助けようなんて奇特な人はずっと少なくなるだろうさ。

というわけでだ。おいらは果たしてネトウヨなんだろうかw。
まぁネトウヨなんだろう。単に嫌韓だからな。
スポンサーサイト