| Admin |
韓国との関係
2013年08月17日 (土) | 編集 |
個人的には理解し合うことができない民族と思っている。
個人は別にして現状を見る限り議論の余地など全くないと感じている。

なぜなら韓国は国会議員をはじめメディアが国民を煽る形で日本を非難しているからだな。
つまり国策でやっていると言えるわけだよ。
ブログなどでは一部に日本を理解しているような発言もあるが結果的に親日の人間という言葉ひとつで片づけられてしまうわけだ。

多くの反日で扱われている事柄について議論しようとしたところで 不思議なことに彼らの中に理性というものが感じられないのが話し合う余地がないことを物語っているだろう。

韓国は当時の合法の中で併合されたわけだ。
反対する人間がいようが国策で併合されたわけだよ。同じようにアジアの多くの国が当時は挑戦のようにではなく植民地として他国の支配を受けてきたわけだ。
日本は朝鮮に対し当時のGDPの多くを割いてインフラの整備や教育などに予算を使って併合時に結果として人口を増やし寿命を延ばしGDPを押し上げ耕作地を増やし収穫率も増やすということなどをやってきたわけだ。
彼らは収奪のためというが、そんなことはある一面しかみていないだけのことだろう。
普通に考えれば収奪にあった国民の平均寿命が二倍になり人口が二倍になるなんてことがあるのだろうか?

彼らと話ができない理由の根幹はわかっている。
わかりやすいのが旭日昇天旗の話だろう。
2010年にキ・ソンヨンのモンキーパフォーマンスによって旭日旗は戦犯旗認定を韓国ではされてしまったが、この事件以前は何ら問題になっていないことを彼らは都合よく忘れてしまっているし平気で忘れることができる民族なのだろう。
同じような話はいくらでもある。
慰安婦問題がそれだろう。
彼らはどういう理屈かしらないが、1990年代までこの問題が大きな問題になっていなかったことに何の疑問も感じていない。彼らには彼らなりの理由があるのだろう。
しかし、本当に大きな問題ならなぜ1990年代まで大きな問題にならなかったのか?を日本に対してはっきり説明するべきだろう。

ついでに言うが、アジア諸国が欧米の支配から独立をしたわけだがそこには多くの血が流れたのだ。
韓国は日本の敗戦によって独立を果たしたわけだが、ある意味自力で独立しなかった唯一の国だろう。
彼らは日本を戦犯国だと言っているが、当時は朝鮮人は日本と共に戦った国でしかない。
朝鮮人はそういう意味では自分たちも戦犯であることを忘れてしまいさも戦勝国のように振る舞っているがそれは事実に反していることを知るべきだ。
そもそも近代において朝鮮人は小さな争いを除けば日本と戦争さえしたことがない国でしかない。

慰安婦問題についていえば前にも書いたことがあるが朝鮮人は慰安婦を求める列に日本人と共に並んでいたことや、世界大戦終戦後に怒った朝鮮戦争で国策として自分たちが慰安所を作っていたことも忘れようとさえしている。
ほかにもベトナムでの話なども都合よく棚に上げて他人を批判しているが自分たちのことは顧みることをしないんだよな。

せっかくだから韓国が誇る世界大統領と言われる国連事務総長について教えておくが事務総長には先進国の人間は着かないんだよ?つまり世界的に見て韓国は先進国として見られていない証明なんだよ。

韓国人はいろいろなことで自分たちをよく見ているようだが、例えば世界で影響力のある企業のトップいくつとかってのがあるだろう?
うんうん、韓国企業だっていくつも入っているよな。サムスンやLGなんかがそうだろう。
でもね、よーく考えてほしいんだが 韓国の場合国策で世界的な企業が優遇を受け躍進しているとしてもだ じつはその数社の企業の次に出てくる企業の力ってものを考えてみて欲しいんだよね。
トップ百に何社入ったとしてその数字はトップ1000になってもそれほど変わらないんじゃないだろうか?
日本の場合は100と1000じゃ大きく数字が違うはずだ。
日本と韓国のどこが大きく違うかといえば日本はトップの企業の下にも多くの優秀な企業があるってことなんだよ。
サムスンは日本の部品なしでは製品は作れない。
現代もエンジンを自力で作っていない企業でしかない。
このことっていうのはものすごく大きな問題なんだと気が付くべきだろう。

先日見た記事では中国人が韓国とどっちが技術力があるかという話でロケットの話を持ち出していたよ。
中国は有人飛行までやっているが、韓国はロシアの力なしにまだロケットの打ち上げもできない国だと書いている。まさにその通りだろう。

日本人が韓国の話に耳を傾けなくなった最大の理由は彼らの言葉があまりに理性的でないからに他ならないだろう。朝鮮人の理屈を擁護する日本人もそうなんだが、最終的に出てくる根拠が承認しかいないってことなんだよね。慰安婦問題で日本を批判している中に田嶋陽子もいるわけだが、彼女が根拠にしているのが自分が慰安婦だった人たちに聞いたっていうだけでしかないんだよ?なぜそれが真実だと言えるかを実証していないではないか?

よく反論されている中に当時の朝鮮の警察の7割が朝鮮人だったのにつれていかれるのに誰も抵抗しなかったのはなぜ?連れていかれたっていう身内の証言さえないのはなぜ?ってのがある。
どうやらそういうことに関係した人たちが殺されたっていう事にされているようだが そのときに7割もいた警察官などは何もしなかったってことなんだろうか?
今になっても新たな証拠なんてのも出てくるが結果的にどれも証拠にはなっていないだろう。
更に元々は強制連行を大きな問題にしていたのがいつの間にか論点をずらしてきている。
いつまでたっても証拠がでないからだろう。
今の論点は人権だろう。

ここで日本人にとって非常に残念なんだが、欧米人は彼らの感性でものを見るのが辞められない人種だということだな。捕鯨問題でもそうだが彼らの感性で何事もみてしまうのだ。
慰安婦の人権ってのがおいらには今現在の娼婦の人権と同じに感じるのだが彼らはそういう風には見ないのだ。
慰安婦が誰かに売られたとか客を選べなかった(アメリカが当時調べた資料では選べたと書かれているのだが)などという事を非常に問題視している。
おいらには現代の娼婦がどういう理由で娼婦になったかとかどういう生活をしているかに慰安婦問題と同様に注意を払い問題の解決に努力してほしいものだと言わざるを得ない。

まぁ一番の問題は欧米人の二枚舌って部分だな。
実際には慰安所をどこでも要求し利用しているが名目は自由恋愛だったりしていることだ。
人権問題の矛盾を抱えながらクリアできないまま日本のことを語っているわけだ。

日本は自前で準備をしアメリカは強者の立場で現地でやらせたんだよね。
それも建前上はアメリカが作らせたわけではなく現地が作ってくれたっていう形でだ。
ハッキリ言ってこれってのは二枚舌というほかないだろう?

韓国に話を戻すが、おいら個人は別にかまわんよ。
気にしさえしなければ被害なんてものはないんだが、残念ながら多くの点で結果的にかかわってしまっている人たちのためにニュースには必ず出てきてしまうのだ。
でも、日本人ならこうなんだがっていう部分は通用しないし、彼らには日本人的な反省する文化などというものがないってことをそろそろ学習するしかないと思う。
彼らは自分たちの非は都合よく忘れることができる才能と相手を批判するときはなんでもありという事に疑問を持たない才能があるんだから。
いつだって自分たちが正しく相手がすべて悪いと考えられる感性しか持っていないんだよ。
都合よく自分たちがしてあげたことはより大きく記憶しやってもらったことはなかったかのように忘れることができるのだよ。

今調子がいいからなんでも日本を攻撃する材料にするが、通貨危機などでどれほど日本に助けられたかなどということはそういう時には全く頭にないんだよ、かれらは。
ワールドカップで試合会場ができなくなったときも日本の援助があったわけだが多くの韓国人はそれを知らないんだなぁ。

こういう人たちといまなままで話して日本が得をするなんてことはあり得ないわけだ。
日韓の状態についてメディアがいろいろと書いたり話したりしているが、個人的にはこの状況で行けるだけ行くべきだと感じている。政府レベルではなく民間レベルで必要なことはすでにやっているはずで、それ以上の問題については別に日本が困ることは多くないはずなんだから韓国が日本政府にすり寄ってくるまでは放っておくべきだろう。できればこのまま断絶したって構わないと個人的には思うのだが・・・。

日本人なら忘れてはいけないと思うのだが、中国と韓国に関して言えば いつだって悪いのは日本だけなのだ ということ。
日本はこれに付き合う必要はないのだ。
そして彼らの気持ちでは自国でも悪いところはあったと認識したところでそれって私がやったわけではない!っていう気持ちが働くことだ。チベットの弾圧?私がやったわけではない。ライダイハン?私がやったわけではない!っていう気持ちが根底にあるのだ。
そのうえで日本人には戦争責任だ、慰安婦問題だ!とやってくるのだよ。

本当に困った人たちだよねぇ。

おいらが知らない部分でおいらが書いた文章に問題があるかもしれない。
例えば南京の虐殺なんて言われている問題とかで戦争だからどこかで殺人はあったかもしれない。
20万人や30万人が問題ではなく人が殺されたという事が問題だというなら なぜ人数を増やす?
同様に日本人が虐殺された話だってたくさんあるんだが、そういう議論はどこでするんだ?
ってことになると思うんだよね。


もう一つが日本のメディアなどが世界の声みたいなものを気にする風潮があるが 個人亭には気にするべきではないと思う。
アメリカでさえ政府の人間が日本の風潮を批判しているのが中韓だけという事を知らなかったり、韓国が日本と戦争をしていないことを知らなかったりするようなのだ。
そういう人たちの批判に踊らされる必要はないと思う。


そうそうついでだから書いておくが最近オリバー・ストーンが日本を悪く言っているようだな。
中国に謝るべきなどとね。どうやら彼の妻は韓国人らしい。
日本人の文化人で日本批判している人たちも少なくない。
宮崎駿などもいろいろと言っているようだし村上春樹なども同様だ。
大江健三郎なども反日的な発言は少なくない。
どうやら世間知らずでも文学はかけるようだしアニメも作れるのだろう。

こういう批判が妥当かどうかはわからないが、巨匠なんて人の采配が常に正しいなんてこともないとおいらは信じている。例えば宮崎アニメの声優についてあれがベストだなどとは思わないといえばわかるかしら?
あれだけのクオリティーでありながら声優に素人を使うっていう事をやる人が完璧なわけがないだろう。
こうやったら面白いぐらいでやっているのだろうが、おそらくは間違いだろう。

話はずれたが韓国とは近づく必要はない。
彼らが求めているのは日本の歩み寄りで決して自分たちが譲歩することはないと知っておくべきだ。
日本の政治がやるべきことはなんでもたかって彼らを歩み寄らせることであって日本が歩み寄ることではないだろう。
メディアなどで日本の歩み寄りを求めるのはただの売国でしかない。そういうメディアが彼らの悪いところを直せという指摘をしたことがあるかと考えてみればいい。吸いうメディアはいつだって悪いのは日本だろうよ。
スポンサーサイト