| Admin |
思ったより本田発言に批判があった・・。
2013年08月16日 (金) | 編集 |
さすがに今の流れで攻撃的っていうのは批判されるんだろうかね。
でも、前に書いたが攻撃的が悪いわけじゃないと個人的には思っている。

攻撃的っていうのは点を取りに行くっていうことだからそれ自体は否定する必要はないと思うんだよね。
肝心なのは点が取りやすい相手の守備が整う前に責めることだとおいらは思っている。
そしてもう一つ今の代表に必要なのが悪い形でボールを奪われないことだろう。

早いサッカーをするにはどうすればいいかといえば、今の代表なら単純にFWをもっと使うってことだろう。
遠藤の位置からFWにつなぐとか本田から手間をかけずにFWにつなぐと言ったことをするべきだという事だ。

同時にサイドの選手がボールを奪った後に早いうちに高いポジションをとることも大事だろう。
センターラインの近くで本田と香川でボールのやり取りなどをしていては相手の守備は整ってしまうし、そうなればFWの動きも制限されてしまう。
柿谷などは前にスペースがあったほうが個性が生きるわけでMFがうまくその力を引き出す仕事をするべきだろう。遅い攻撃になったことで全体が高いポジションを取った後に悪い形でボールを奪われるから失点が多くなってしまっていると思うんだよね。
MFが点を取っていることからもFWの位置にMFが入ってきていることは容易にわかるし、それだけ高い位置にMFがはいれば守備が手薄になるのも仕方がないだろう。

個人的には攻撃的にいくという事自体は悪くはないと思うが今のスタイルのままならとんでもない!というしかないだろう。
悪いが日本がせいぜい2~3点取ったって相手に4~5点取られて負けるのが今の日本の力だろう。
点が取れているのに失点が多くて勝てないのは単純にバランスが悪いからでしかない。
なぜバランスが悪いかと言えば攻撃時にMF陣が前係になりすぎているからに他ならない。
岡崎は元々相手の裏に走りこむタイプだからFWのポジションに入っていくし香川もペナルティーエリア内でしか点をほとんど取っていない人間だろう。本田は元々が攻撃的が好きなタイプでどうしたって守備が疎かになっているから失点が多くなっているわけだ。
パスの出どころをしっかり遅らせることができれば少なくても失点は減るはずだ。

早い攻撃が得点の一番のチャンスなのは言うまでもない。
柿谷の飛び出しで独走して点を取ったのがいい例だが、ああいうチャンスは今の代表にはないものだろう。
しいて言えばフランス戦の今野の独走があるがあの試合には本田は出ていない。

テレビの解説でも柿谷が裏を取ってそこにパスが出たシーンをだし(それ自体はオフサイドだったが)こういうシーンが少ないと言っていたが、せっかくパスが出せるだろう選手がいながら縦に入れるケースのほとんどがいまのMFでは遠藤ぐらいしかいないのだ。香川は少なくてもマンUでは入れていると思うんだが、代表ではそういった場面がない。本田に折り返したり沿道に戻してしまう場面が多いのだ。

いつも思う事だが本来一番強い攻撃ってのは単純なサッカーだと思うんだよな。
例えばだが、いい形で追い越した選手がいれば単純に使ってやるべきだと思うんだ。
いまはこういう選手を使わなかったりするケースも多い。
使ってやればその選手次第だが普通ならそこからクロスをあげるだろう。
相手が防いだとしてもコーナーを奪えばそれもチャンスだ。
本田と香川の二人でサッカーをしようとするから攻撃が遅くなっているとおいらは思っている。
特に本田のプレーが遅い!ボールを持ってキープした挙句に後ろに戻すならさっさと戻せばいいだけのことだ。
いつも書いていることだが本田にはシュートが打てる範囲でいつもプレーしてほしいのだ。
本田がいないとそこまでボールが運べないなどと言う人は間違っている。本田が低い位置でボールをキープするならパスを一本余分に回せばいいだけのことでしかない。おそらく結果は同じだろう。
低い位置でボールを受けた本田のパスが前に出たケースはほとんどないはずだ。ほとんどが横か後ろだろう。
こうやって日本の攻撃が遅くなっているんだよ。

今の代表が相手に対して一対一や三対三のような攻撃を仕掛けるケースはほとんどないと思う。
縦に早いボールが出ないからだな。
早い攻撃の利点はもう一つあって、それは少ない人数で攻めることができるという事だ。
これができれば守備の負担は確実ん減らせるだろう。
攻撃的に戦ったって守備が安定するわけだからこういう戦い方をするべきだとおいらは思う。
厚く攻めたときはシュートで終わり悪い形でボールを与えないことをもっと徹底させなければいけない。

何度狭いところを抜こうとしてボールを失ったかを香川などは知るべきだろう。
攻撃は何回失敗しても点を取ればヒーローになれるわけだが、実際はボールの失い方で味方のピンチを招いているという事をもっと理解し自分の守備もしっかりやるべきだと思うな。

ディフェンス事態もくだらないミスを繰り返しているが、なぜそうなるかと思えば失点が多くなっていることで悪い流れができてしまっているからだろう。
人間はミスをするわけで、いまそれが続いているのは流れが悪いからだろう。
何故流れが悪いかと言えば攻撃の際に悪いボールのとられ方を続けていることがおいらは原因だと思っている。

そしてアジアならそういうミスに対し相手もミスをしてくれるが強豪はそういうミスを見逃さないということもあるだろうよ。

とりあえずおいらが思うことはさっさとFWにボールを預けろよということに尽きる。
そのことで攻撃は一気に早くなるだろう。
FWの目にもスペースがある中攻撃ができるからFWが点を取るチャンスも増えると思うぞ。

そうだなぁ、日本が今一番やるべきことってのは実はFWに点を取らせる攻撃をすることじゃないかと思う。
そうすることで多くのことが好転する気がする。

ザッケローニの代表のスタイルに合わせてもらう的な発想が日本をダメにしているように思う。
FWに点を取らせようという攻撃ができれば日本はもっと強くなるはずだ。
スポンサーサイト