| Admin |
ウルグアイ戦
2013年08月14日 (水) | 編集 |
相変わらずの試合だった。

しかし、何よりも先に言わなければいけないのはTBSの中継の話だろう。

最近の試合の放送の仕方ってかなりおかしい気がする。
なぜ、こんなに点を取ったシーンを試合中に流すのだろう?
その裏でまだ試合がおこなわれているというのに・・・。
まぁ今のテレビメディアが相当ひどいのは仕方がないかもしれないが。


試合の話に戻そう。
2-4だったわけだが、相手がしっかり決めていればウルグアイは5~6点が取れた試合だろう。

最近の日本の守備が崩壊という話ばかりが出ているが、個人的には今の攻撃スタイルのままではよくなるはずはないと思っている。少ない人数で守れるほどに日本の守備は強くないからだ。
日本の守備ってのは基本的に数的優位を作って守る戦い方が基本だからだ。
厚い攻撃をすることで数的優位を保った守備ができない、もしくは相手の一人の攻撃に崩されてしまうから失点をしてしまうのだ。
なぜ急に失点がこれほど多くなってしまったかというと一つにはMFが点を取るシステムのようなものが根付いてしまったからだと思う。
このシステムにより日本代表は最近はしっかり点は取っているからだろう。
点を取った人間はといえば香川や本田、岡崎だろう?
FWの前にスペースがあるような攻撃をしていれば必ずFWに得点のチャンスがあるわけだが、結果からもわかるようにFWが動けるスぺ―スがない攻撃をしているからMFの得点ばかりになっているのだろう。

個人的には日本はFWが点を取る形に戻らなければ失点は減らないと思うね。
上でも書いたが結果的にMFが点を取る形を作るタメに攻撃のスピードが遅い。
そして人数をかける。
結果、悪い形でボールを奪われるとディフェンスの人数が足らずに相手の個人の力で突破され失点に至る。

最近はこれの繰り返しだ。

しかも点が取れているから攻撃スタイルは悪く言われないのだ。
守備が悪いという話ばかりになっているのはそういうことだろう。

おいらに言わせればこういう攻撃をしているから失点が止まらないのだ。
確かにどこかの国の優秀なディフェンダーなら止められるのかもしれないが、そんなものは求めたって仕方がないのだ。
日本のディフェンダーが負けない守備をしなければいけないのだ。

簡単な方法は常に守備にそれなりの人数をかければいいわけだが、それだと攻撃が薄くなるかもしれない。
そうならないためにはカウンター攻撃をすればいいわけだが、せっかくのMF陣がいるのだからという世論がある。
個人的にはそんなもの気にしないでもっと早い攻撃、シュートを早く打つことで少ない人数で攻撃をすることを確認し合うのが一番だと思う。
ところ世の中はスペインのようなサッカーが理想的なような雰囲気があるが、悪いがあれば圧倒的なパスの力、トラップの技術、キープ力があればこそで今の日本が真似をするべきスタイルではないだろう。
攻撃的な面だけを考えれば個のスタイルで点は取れている事を考えればそこまで否定的になることでもないのかもしれないが、結果的にこのスタイルで攻撃をした結果失点が多くなるのではこのスタイルではダメだというほかないだろう。

きょうの試合で本田が点にかかわった面では素晴らしいと思うが、結果的に本田と香川でボールを回すスタイルをしているうちはダメだという事を感じている。
点は取れるかもしれないが、そのせいで攻撃に時間がかかりFWの前にスペースがなくなってしまうのだ。
柿谷がボールをもって前を向く場面がどれほどあったと考えてみればいい。柿谷の持ち味などどこに行かせるというのだ。相手ディフェンダーとキーパーの間を早く攻めることをする必要がいまの日本代表には絶対的に必要だとおいらは思う。

厚い攻めの裏返しが薄い守備であり今の代表の2-4の結果になっているとおいらは思う。

繰り返すが守備陣が悪くてこうなっているのではなく今のスタイルがこうさせてしまっているのだ。
厚い攻めで大事なのはボールを失わないことであるが、今の日本ではそれができないために失点が多くなっているのだからふさわしくないと思う。

なぜ最近になってこうなったかと考えれば結果的にこれまでは厚く戦ってもボールを失わなかったわけでもなくある意味相手もミスなどに助けられていたのだろう。
相手のレベルが上がった途端に必ずと言っていいほど失点につながってしまっただけのこと。

おいらがザッケローニを批判する一つの理由がFWを生かすではなくMFに任せすぎていることに大きな問題を感じているからだ。選手に関してはやっと(ほんとにやっとだが)FWの選手を代えた。
しかし、日本で点を取っている選手を選んで使いながらそういう選手を生かす方法を取らずにMFに合わせたサッカーをさせるからダメなんだと考えている。

おいらが嫌いな監督だが岡田氏のほうがザッケローニの百倍は有能に感じる。

選手が悪い面は確かにあるが、ここまでになってしまったのはザッケローニの手腕のせいだと思う。
スポンサーサイト