| Admin |
改めて・・バカだよねぇ
2013年08月04日 (日) | 編集 |
そこまで言って委員会で原発問題をやっていた。

個人的には即廃止を支持しているわけだが、相変わらず推進派ってのは馬鹿だと感じる。


わかりやすいのがミリタリーオタクの二人だろう。
井上氏や森本氏は訳の分からない形で推進を支持しているが、彼らの根底には原発による核兵器の開発tぽいうものがあるのではないかと推測できてしまう。

ほかにもバカみたいな安倍支持による推進支持ってのもバカだと思う。


武田氏の話は筋が通っているし、竹田氏の説得力も正しいと思う。
GTCCという新しい技術を有効利用すれば原発は必要ないというのも正しいだろう。
とりわけ両氏のいうように廃棄物問題を棚上げにしないとできない原発の利用のどこに説得力があるというのだ。

電気料金が産業をダメにするというのなら何よりも早くGTCCの普及に努めるべきで 同時に燃料費を安くする努力を政府が行うべきものだろう。
アメリカとロシアにつよく働きかけることはすべてにおいて日本の安定につながるものだろうと思う。

ちなみにだが、森本氏のように原発の廃止のための技術なんてものの維持が必要なら 結局いつまでたっても原発など廃止できないという事になる。これって非常におかしな理屈だろう。
韓国や中国の原発の問題だって日本の関与を必要だってのも現実的に技術のある国がアメリカ、フランス、日本しかないのなら逆に日本がいなくたって同じだろう言えるだろうと思う。
同様に考えれば日本の原発を廃止するのだってアメリカやフランスに皆が頼らなければいけない状況なら日本だって同じでもいいのではないかと思う。
ちなみにだが彼らのようなミリタリーオタクだって考えようによってはすでに日本は十分に必要な核廃棄物は持っているだろうことも付け加えておく。

井上氏た森本氏について言わせていただけば、廃棄物の処理の答えを彼らだってもっていないではないか?
政府だって同様だ。いろいろなことは言えても廃棄物問題だけは皆が口をつぐんでしまうわけで原発問題は破棄物の処理で推進派が口をつぐむ状態なら推進する意味など全くないと思う。

井上、森本両氏だってほかの問題なら素直に納得できる議論ができるわけで全く返事ができないものがありながら稼働させるというのはどう考えてもおかしいだろう。
森本氏の意見をそのまま聞いてみればわかるが技術のために必要というなら原発はいつまでたっても無くならないというしかないだろう。
いつか手を切るべき技術なら早い方がいいというのも間違いではないはずだ。

ちなみに選挙を持ち出したが、いわゆる有識者がこの程度の人しかいないから選挙に意味を見いだせないということをもっと知るべきだと思う。
選挙で勝った=承認されたは大きな間違いだ。
それなら支持する人がいないとか支持できる政党がないという投票もしっかりカウントされるべきだろう。
投票率が低いのが問題なら政治家への不満や支持できないというのもせっかり繁栄されるシステムを作れば投票率は上がるのではないだろうか?と思うぞ。
スポンサーサイト