| Admin |
おいらには不思議だ
2013年07月30日 (火) | 編集 |
東アジアカップが終わったわけだが、あのメンバーのだれがどう代わってはいるかなどという記事がある。

ハーフナー➡豊田は確かに有力なのかもしれないが、無得点だった豊田がなぜ柿谷や大迫より評価されるのかという質問への答えが不思議なんだよね。
その理由は、代表の本田、香川、岡崎の前でプレーするのにボールが収まったりスペースを作れるというのが重要だみたいな答えが結構あるんだよ。

おいら的にはそこは違うだろうと思うんだけど・・・。

メンバー的に本田、香川はザッケローニが代えたがらないだろうが岡崎は日本では本来FWな扱いだったはずなんだよな。んで、本田や香川は点が取れる選手ではあるが、FWではないわけだ。
なんで初めからFWで点を取るということを考えないのかが理解できないわけですよ。

基本、本田にせよ香川にせよラストパスが出せる選手なわけでほかにも清武や憲剛などもパスが出せる選手なわけだ。乾だって香川との連携でいくらでもラストパスは出している。
そんな選手がいる中でFWの動きで重要なことの中に本田や香川のためにスペースを空ける動きってのは何なのって感じなのだ。
違うでしょって。

一般的に知られるポストプレーってのは相手を背負ってボールを納め周りの選手を生かすプレーなわけだろ?
ペナルティーエリア近くで前田がそういうプレーをしたのは多くはないんじゃないだろうか?
イタリア戦だったかメキシコ戦で前を向いてキープして走りこんだ長谷部にパスをしたのは思い出せるが、強気なFWならあそこはシュートだっただろう。
ある意味ポストプレーなんてのはパスをつなげないチームが押し上げる時間を作るタメにするプレーだろ?
本田のキープでサイドが上る時間を作ってるって言ってる人なら余計に前田はいらないって話だろう。
FWは基本的にボールにつながるプレーを単純に求めるべきだと思うんだ。
豊田はゴールにつながるプレーを見せていたとおいらは思っている。

したがって今の時点ではハーフナーの代わりではなく前田➡豊田であるべきで、場合によっては、前田➡岡崎だったり前田➡柿谷であるべきだと思う。

これは前田の動きだけが問題なのではないとも思っている。
イタリア戦で見せた香川からのボールをヘディングでシュートをしたのなどは素晴らしかった。
いまは結果が出てないから決まらなかったが、本来本田にしても香川にしても二人で連携するよりもFWを使うべきだのだ。そうすることでデコイとしての役目ももっと効果的になるはずだ。

おいらはゴールの近いポジションでポスト的な役割をするなら本田が最適だろうと思っている。
そのためには本田はセンターラインとゴールラインの半分より前でもっとボールに触るべきでセンターラインに近い位置は遠藤に任せるべきだろう。下がってはいけないと思う。

今回豊田は結果も欲しい立場であったために代表での前田よりも積極的だったことが高い評価につながっていると思う。
いまのように自分がフィニッシャーでアランとする姿勢こそが大事でそこには大きさは重要ではない。
ただ、豊田のような選手は体格的にも恵まれていてチャンスが大きいと言えるだろう。
それに加えて豊田のタイプは若干岡崎とかぶる。
ならば岡崎のポジションはもっとほかの選手が使えるという利点も出てくると個人的には思う。
まぁおいらは岡崎は買っているので第一の選択肢は岡崎のFW起用なんだけどね。
代表での実績なら岡崎のFWが一番結果が出ていると思う。新戦力を考えた場合は右サイドで動ける選手なら岡崎以外の選択肢はあると思う。使うならFWだ!

そして個人的には森重の存在も大きい。
森重は個の部分で負けていなかった。
森重がセンターバックで使えれば今野がボランチっていう選択肢も見えてくる。
コンフェデで今野はやらかしたが基本的に能力は高い。
フランス戦でのドリブルを見ても多少前に出ても戦えるのは間違いがないだろう。
そもそもがボランチの選手だし。
つまりディフェンスに関してはセンターバックが一人見つかればそれなりに落ち着けるというものだ。

コンフェデの結果は一部には川島の状態が影響している気がする。
ブルガリア戦だったかのパンチングミスの失点からどこか思い切りが悪い。
前に出るプレーに躊躇が見られたと思う。
メキシコ戦の失点がその例だろう。目に前で触られ失点をしている。(2点ともね)
これも彼の状態が良くなれば解消すると信じたい。
彼などは守備範囲が広く一対一も決して弱くないわけで、状態が戻れば心配ないと思っている。
しいて言えば少し前に出るプレーが(メキシコ戦のようなだが)問題だろう。
いまの日本人ではいまのところほかに選択肢はないと思う。
できればだが、控えの中に楢崎あたりを入れておくのは精神的にいいかもしれないとは思う。
ついでにだが、今回働きが大きかったのが意外に徳永だろう。
攻撃的ではないがオリンピックでも今回でも安定していた。
守備的にする際には一つのオプションになるかもしれない。

というわけで とりあえず豊田がハーフナーの代わりや前田の動きを期待するのは大きな間違いだと個人的には思っている。おいらは豊田に今の前田以上の期待をしているしましてやハーフナーの代わりなどとは思っていない。

前田基準でFWを考えている人は不思議だと言わざるを得ないね。
スポンサーサイト