| Admin |
タックル  途中で見るのを辞めたが
2013年07月29日 (月) | 編集 |
おかしな話だw。

そのまんま東君、国家防衛軍とか?笑わせてくれる。

略していってみればいい。国防軍だろw。

テレビの番組の討論ほど無駄なものはないだろう。

佐藤氏の話の腰を折って切り出した阿部氏のアメリカでしょ?の続きをなぜ見せない?
集団的自衛権で日本が行使したい相手は同盟国で日本の安全保障を請け負っているアメリカが主な対象だというのはなんら間違っていないだろう。
肝心なのはその範囲であって日本の防衛に関するという但し書きでもつければいいだけだろう?

日本が近隣国から(まぁ中国と韓国、北朝鮮以外にありえないのだが)攻撃されるような事態になった時実際に行動をすぐに起こせる国などアメリカ以外にはありえないだろう。
忘れてはいけないことだが、現状で中国が責めてきた際に抑止力たりえるのはアメリカの核あってのことでしかない。日本は核を作る技術はあって保持をしていないのだから。
ではアメリカが日本の防衛の任務に就いたとしてアメリカが攻撃された際に日本がそれを助けないときにアメリカが日本の防衛に本気になるなどあり得ないだろう。
反対する人たちはそれで日本が守れると考えているのだろうか?
というよりは反対する人たちは本気で日本が中国に飲み込まれてもいいとさえ思っているように思えてならない。
わかりやすく言い換えれば、彼らはそれらの国にパイプがあったりして仮に共産党傘下ン入っても特権階級でいられるとでも踏んでいるのだろう。
ハッキリ言って庶民は見捨てるか覚悟があるという事だろう。
わかりやすいのは昔あった赤軍派などだと思うが、目標達成のために犠牲は必要だという考えを今ももっているのだろう。
そうたとえそうなっても自分たちが生き残り権力側にいて市民は犠牲にしてでもいいぐらいにしか感じていない輩でしかないだろう。

彼らの身上のためには誰かが実際に被害にあったとしてもそれは必要な犠牲ぐらいにしか感じないと思うのだ。
そうでなければ責められてもいいみたいな発想は出てくるまい。
中国や韓国の言いなりになったって庶民がその税金を奪われようが自分たちは損をしないで彼らに媚を売れるのだからね。

仮にアメリカが責められて日米安保が無くなったって彼らがいれば核を持つこともできずに日本は攻撃にさらされることにだってなりかねない。
否定する人たちは自分はそれでもいいが他人を思いやれない人間だと言えるかもしれないだろうよ。

こうやって書いているがおいらだって決して戦争をしたいわけではない。
普通に考えて日本の周りに日本に攻撃的な国が存在し彼らには核まであるのに日本は未だに軍隊と呼ぶとか呼ばないとかやっていること自体おかしいだろって話だ。
上でも書いたが、普通に戦争を慕って相手国の判断で核を使うと決められたら日本には抑止力はないのだ。
核の抑止力を持っているのはアメリカでしかない。ならば日本はアメリカが責められた際には日本もアメリカを守るよぐらいの態度は必要だろう?

本気で日本を守る気持ちがあるならだ。

それ以外の行動を規制する法案を出せばいいだけの話だろう。

尖閣が望みなら中国に差し上げます的な発想はしてほしくないが彼らはそれでもいいと思っているのだろう。
おいらが会場にいれば、よし!じゃああなた方で中国が納得し日本の国益を守る形で話をつけてきてくださいというだけだろう。
ついでにお約束でおいらは決して戦争がしたいわけじゃないと言っておけばいいだけだ。
実際そう望んでいる。

彼らは中国や韓国の顔色を見るのが役目だから反対するのだ。
わかりやすく憲法を改正したら戦争をしますと言ってだ。
バカバカしいにもほどがある。

東さんにはいう事はないw。
最初に書いたとおりに国家防衛軍と呼びたいならそう呼べばいいw。
略してなんていう?国防軍だろう。
こういう人間でも国会議員様だと思うと情けない。
スポンサーサイト