| Admin |
韓国戦
2013年07月29日 (月) | 編集 |
夜が明けた。

振り返ってみると、東アジアカップの代表のいい面と悪い面の両方が出た試合だったと思う。

良い面は日本の代表らしく早い攻撃で少ないチャンスを生かし切ったことだろう。
おいらは前から書いているが点を取るチャンスってのは早い攻撃で多く、そういった攻撃で2点を取ったということだ。相手もボールを奪った瞬間に柿谷が飛び出し それを見ていた青山が長い縦パスを通して柿谷が冷静に流し込んだのが一点目。
2点目も原口が一対一をドリブルでかわしてシュートを放ちキーパーがはじいたボールを柿谷がディフェンスの動きの逆をついて流し込んだものだった。
両方とも相手のディフェンスが整わないうちに攻撃したことから点に結びつけているわけで、日本が本来やるべき攻撃で取った点だと思うのだ。
これはワールドカップ予選を戦った代表では見られない点の取り方で点を取るのに一番有効な手段だろう。

悪い面は相手のボールおクリアすることに集中しているためかセカンドボールをほとんど相手に拾われていた。
そのために防戦一方になってしまったわけで、この点ではワールドカップ予選を戦った代表に比べボールをつなげないという点で圧倒的に劣っているという事だろう。

ただ、やられっぱなしになったことは一つには練習時間の短さによるものも大きいだろう。
攻撃は寄せ集めでもある程度は出来るのだが守備は寄せ集めでは圧倒的に劣るのは仕方がないことだろう。
ラインの上げ下げやディフェンスのマークの受け渡しなど時間をかけないとできないことなど少なくないわけだ。

寄せ集めでもできることをやったと言えるのかもしれない。
実際に一戦目より二戦目、二戦目より三戦目と守備は安定してきた。
起用された選手は変わっても結果として優勝を勝ち取ったという事は大きい。

まぁ個人的には三戦目の選手交代以外はザッケローニがやったことなんてのは大してないと断言する。
これまでの彼の選手交代は選手に対してのメッセージ性が薄いものでしかなかった。
三戦目で初めてウイークポイントに手を入れ疲れが見える選手を交代させたわけで、ここしばらくというかずっとわけがわからなかった選手交代が大事な場面でやっとまともな後退をさせたと言えるだろう。
とはいえ、8割がた相手に攻撃された試合だ。
手放しで喜べるものではない。
なぜこうなったかを考えれば、選手を呼ぶ際から代表の経験がある選手をほとんど呼ばなかったことにあるのだろう。
選手の核になる中心がなかったことで落ち着かないボール回しになったりしたわけだ。
栗原や駒野、そして高橋など経験者と言え 控えの選手でそもそもリーダーシップを発揮する選手ではないだろう。

もう一つ日本が世界に決定的に劣るのがメディアだ。
この大会をラストチャンスなどと煽ったのがいい例だろう。
確かに元々代表の固定に熱心なザッケローニは今後代表の熟成などに時間を費やすだろうことは明白だが、決してこの大会がラストであるはずはない。
簡単なことだが代表が戦ううえで駒が足りないという声が上がればいつだって追加で招集できる選手を熱望する声は上がるのだ。
ディフェンスの替えがいないなどというのも大きな間違いだ。
昨日頑張っていた森重のように普通に選手はいる。
代表の中で戦える経験を積むことができれば戦える選手はいくらでもいるのだ。
上でも書いたがディフェンスは練習した時間が強さや安定につながるのだから。

話は変わるが本田の調子がいいようだ。
チームに野どり攻撃的な仕事をこなしている。
これは非常にいいことだろう。彼のポテンシャルが生かされているのが今の現状なのだろう。
しかし、代表で任されるトップ下に入った時にボールをもらいに下がる、ためを作ると言われるが相手ゴールに向かわないボールのキープなど決して良くないパフォーマンスに戻らないことを祈るだけだ。
いつも書くことだが本田は代表でプレーするポジションよりももっとゴールに近い場所で存在感を示してほしいのだ。ともすればスペインのような(ちょっといいすぎですけど)ポゼッションをして(あそこまでキープする力もなく、途中で取られれば一気に大きなピンチになる)相手の守備を固められて点を取れなくするよりは速い攻撃をするべきだと思うよね。
本田はトップかまさにトップ下の位置でボールを触ってほしいものだ。
チェスカではサイドでも仕事ができているようなので右サイドでのプレーも面白いかも知れない。
チェスカやもしかするとミランで高い位置でプレーすることに慣れてくれれば日本代表にとってもいい結果につながると個人的には思っている。
できなければ体格を生かしてボランチだぁw。

それにしてもセレッソの育成システムはしっかりしてるなぁと・・・。
柿谷いがいでも注目される南野や丸橋など次から次だ。
クルピの手柄のように言われているが、育成システムが優れているわけでこの点ではクルピは関係ないだろう、ただ次々に上がってくる優秀な選手をしっかり使う点ではクルピの力なしでは成長できなかっただろう。
育成では大分から移った清武がセレッソの選手が皆うまかったと言っていたわけで、選手の育成という面ではいかに優れているかがよくわかる。
それにしてもだ、トレセンシステムなど多くのことに協会が力を入れる中セレッソがたった1チームでこれだけ次々にいい選手を作り出していることはある意味奇跡的だろう。
たった1チームの下部組織がやっていることを全国的にやれば・・・と個人的には思ってしまう。

柿谷のプレースタイルは純粋なFWタイプではないだろう。
初めから純粋なFWタイプでセレッソが選手を育成したら・・など非常に楽しみである。
スポンサーサイト