| Admin |
武田がザッケローニの招集人事に文句があるらしいが
2013年07月28日 (日) | 編集 |
元代表の武田が大久保や寿人、闘莉王が招集されなかったことに惨敗なら批判活動をすると言ったらしい。

個人的には共感部分と反対部分がある。

反対部分はなぜ闘莉王?w

名古屋は守備が崩壊していただろう?

守備に関しての問題ならそこは栗原と一緒に戦っている中沢だろう。



話は少しそれるが、すでに結果はでているが惨敗はしていない。
最終戦の韓国戦で例え負けようがすでに2試合で6得点、5失点で1勝1分けの結果を出している。
まぁ最終戦で負けた場合、韓国に上に行かれ中国がオーストラリアに勝てば4チーム中3位という結果になるかもしれないわけだが。

個人的にはワールドカップの予選を戦ったメンバーのほとんどいないチームで一部を除き若い世代を集めた選手がこの結果を残していることにある意味では満足している。
おいらに言わせれば さらにザッケローニという能力のない監督の下でだしているからすごいというものだ。

攻撃的な選手でいえば代表の控えとはいえ中心になれる憲剛などがいない中での結果でもある。Jでやっている選手だけでここまで戦えるのは十分力を証明していると言えるだろう。
失点に関して言えばそれこそザッケローニ以外の監督なら更なる失点の前に手を打ったはずで多少は割り引いてみてやれるだろう。

最終戦を前に一応書いておくが6得点も正直手放しでは喜べないことも書いておく。
オーストラリア戦では3得点で勝ちはしたが、オーストラリアの守備は決して良くはなかった。
正直中国戦よりも緩かっただろう。
長い縦パスが簡単に通っていたのは見ていた人間はよくわかっていたと思う。
ボールに近い選手へのマークに比べその辺は間違いなくルーズだっただろう。
斎藤の動きの良さは認めるが それでもあのルーズさの分は差し引かねばなるまい。
オリンピックやその他の年代の大会で斎藤が引っかかっていたのを見ると・・・ね。


あと1時間足らずで試合が始まる。
状況は厳しいがいい結果が出ると素直に喜べるだろう。
頑張ってほしいものだ。

というわけで残念ながら武田がザッケローニを批判するのは難しくなるかもしれないだろう。

おいらは一貫して批判するけどねw。
スポンサーサイト