| Admin |
Gille(ジル)が ももクロの いくぜ!怪盗少女をカバーしたんだが
2013年07月27日 (土) | 編集 |
いま話題らしいGille(ジル)がももクロの怪盗少女をカバーした。

カバー曲のセカンドアルバムGille2に入っていて9月に発売されるのだが、24日に選考配信されYoutubeにも25日の未明からあがっているらしい。
24日の夜中に思い出してYoutubeを見たんですが(実際の時間は25日になっちゃってたんですよ)この時点ではYoutubeにはあがってなかったわけで、ももクロの情報ブログで25日の夜にはYoutubeにあがっていることを知りましたからこの間にあがっていたようです。

最初にこの曲を聞いたときは再生回数が1700回程度だったんですが26日に再び聞きに行くと17000回ほどになってしました。(27日の現時点では26000回ほどになってますね)

最初に聞いた多くの人はおそらくは元々Gilleのファンの人が多かったのでしょうGoodの評価をした人が多く、100回ほどの再生回数にたいしてGoodがすでに200ほどあったんですよ。
中にはももクロのファンのかたが(まぁおいらもそうなんだがw)批判するつもりで来たがすごく良かったなどと書いたコメントもありBadをつけている人は6人ほどだったと記憶しています。
その後Badの評価も9人になりいまは16人になっているようですが、Goodは300人を超えてますね。

個人的には正直悪くはないが良くもないという感想です。(ざっくり言えばのなりますが)
Gilleの歌がうまいので曲自体の完成度は高いとおもうんですが、さすがの原曲が5人で歌っているものなので早口になってしまいGilleの良さが今一つ出ていない面を感じてしまうのです。

同じようにIdolの曲を歌ったものでAKBのフライングゲットなどはかなり良いんですけどねw。
あれは秋元氏の曲でもともと歌いやすいってのがあるんでしょう、GilleのうまさでAKBとは違う良さをみせていると思いますね。昔にあげたやつで再生回数390万回を超えさらに別バージョンもありますからね。

個人的には前にも書いたことがありますが、原曲は大昔に原田真二が歌ったタイムトラベルという曲をGilleがカバーしたやつが一番好きです。
これも普通バージョンで100万回を超える再生数を上げてますが、個人的にはアコースティックバージョンが一番好きですね。
ギターの音がすごくいいのとGilleの声が非常にあっていると感じてます。
ほかにも森山直太朗のさくらなども好きなカバー曲になりますね。
多くの人の曲をカバーしているので原曲を好きな人も英語バージョンとして楽しめると個人的には思ってます。

Gilleがなぜ英語で歌っているのかを知りたければフットボールアワーの岩尾氏がGilleをインタビューした動画もありますので見てみると面白いですよ。
インディーズでデビューしていた彼女が事務所に内緒で動画をあげ20社ほどからデビューしませんかとオファーを受けたという話などが聞けます。
インディーズデビューのきっかけはWikiによると留学中に地元が口蹄疫の被害にあったことで両親や皆を勇気づけるために歌った曲が目に留まったためとありましたが、まさにシンデレラストーリーですよね。

怪盗少女もGilleが歌うと確かにかっこいい曲になっちゃっているんですが、おいらはやっぱり彼女のバラードのほうが好きなんですね。元々ももクロの曲ってカラオケ向けじゃないわけで5人で歌うための曲ですからねw。
ついでにももクロファンやモノノフにはももクロってのは曲の歌詞にもあるように歌って踊って笑顔でなんぼのももクロですからGilleの曲は違ったインパクトを感じるでしょうね。
普通にカッコイイ曲になってますからw。

モノノフの中には日産にゲストでこないかしらなんて声もありましたしね。

ももクロファンにはGilleの入り口としてフライングゲットと個人的なおすすめのタイムトラベル(アコースティックバージョン)も聞いてほしいと思いますね。
Gilleチャンネルがありますので彼女の歌をガッツリ聞くことができますから。

一応YoutubeんのタイムトラベルのURLを上げておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=xi42dihpZDM&list=RD02zscwmZlvAt0

是非聞いてみてほしいです。
ついでに怪盗少女のURLも。

http://www.youtube.com/watch?v=WLYhPFvHuPU

できればGilleを応援してね!
スポンサーサイト