| Admin |
メディア ディフェンスいない・・バカ?
2013年07月26日 (金) | 編集 |
代表の選手全員使ったが失点は続きディフェンスの選手がいない?という記事を書いている。

馬鹿じゃなかろうか?

オフェンスはセンスでできるがディフェンスはそういうものではない。

守り方だってマンマークやスペースを守るやり方、またマークの受け渡しなどは練習で身につくものでしかない。

代表のようなチームでは相手も変わるためサッカーなどでは代表よりもクラブチームのほうが一般的に強いと言われているだろう。
海外のチームなどは結構相手が変わっても平気でプレーできたりする場合もあるが日本人の場合は特に体格など劣るために組織の力を大切にしているはずだ。
つまりディフェンスは練習すればうまくなるんだよ。

オーストラリアの1失点目は連携のミスでありこういうのは練習で防げるだろう。
また、2失点目もボールを取りに行ってラインにギャップができたからドリブルで入るスペースとシュートコースが生まれたわけで個人のミスともとれるがこういうのも防げるはずだ。

人に対した時当たり負けしないか、走り負けしないかなどは重要だし、スペースを消すマークなどができるかなども重要だが肝心な連携が乱れただけでしかない。
1戦目の中国戦は相手に押されズルズル下がってしまったが これは合流して2日しかなかったのも大きな要因だろう。
個人的には一つの方法として中沢を使うという案がある。
栗原とマリノスでやっているうえザッケローニには呼ばれていないが代表経験は豊富だ。
クラブで一緒にやっていて連携にも問題は少ないはずだ。
こういうパターンを持つことも重要なことだと個人的には思う。

メディアなどには闘莉王の声もあるが彼の場合は上がり癖があるし戻りが遅い。
チームも失点癖がついているし現状ではベストではないと思う。


ザッケローニは全員見ることが大事などとコメントを出しているがこれってこれまで呼んだ選手は見てないともとれるよw。
少なくてもこれまで呼んだ選手の中の多くは実際の試合には使われた選手は多くはなかったはずだ。
宮市などが試合で使われた時間などを見ればわかりやすいだろう。

東アジアカップで失点をしているのはコンフェデの失点とはある意味違った意味合いがあると思う。
コンフェデの失点は崩壊であり今回は練習不足が大きな原因だろう。

早計にディフェンスがいないなどと言うのは間違いだろう。

いつものようにここでザッケローニを批判したいところだが、きょうは我慢しておこうw。
スポンサーサイト