| Admin |
参議院選挙が終わって
2013年07月22日 (月) | 編集 |
ニュースなどでは国民が選挙に参加しないといけない(特に若者が)と言っているが、これって正しい意見なのだろうか?と思わずにいられない。

おいらは今の政党の中では自民党が一番まともだと思っているが自民党には投票はしない。

政党政治に限らずマニフェストを掲げてやっているのが今の政治であり全く一致する意見の政党など存在しないのが実情だろう。
さらに、概ね賛同できるのがおいらの場合は自民党なのだがそれでも信用がおけないしいくつかの選択で決定的に違っているのも事実だ。
そうであってもおいらから見れば一番真面な政党が自民党だと思えるっていう状況で政治にかかわる意味など果たしてあるのか?という気になっても仕方がないと思っている。

実際に今回の参議院選挙では自分の意見とは違うが予想通りの結果になったと思っている。

一番真面だと思っている自民党の政策ではTPPや原発問題、さらには経済優先は結構だが結局のところ大企業優遇の姿勢だったり金持ち優遇の姿勢は変わらなかったりする点で支持できない。
与党になったすぐに地元の自民党議員は高速道路の話をしたし何も変わっていないと感じたものだ。

野党はただの反体勢力でしかないし その中でも政治になんの足しにもならないような政党ができもしない公約を語るのを聞かなければならないってのも苦痛でしかない。


おいらはずっと選挙には行っているが もう選挙に行く意味を見いだせないでいるのも事実だ。
位階将来、選挙に行かなくなるような気がしている。


果たして選挙に行く意味などあるのだろうかと思う。

スポンサーサイト