| Admin |
片腹痛いわ・・・
2013年07月18日 (木) | 編集 |
東アジアカップの代表選出で元代表の武田が惨敗ならザッケローニの責任論も浮上と言ったらしい。
個人的には賛成だが、惨敗でなくても代えるべきだと思う。

ついでに割と真面目に惨敗しないと思うんだけどな。

惨敗しない理由は簡単で選手は若いがいい選手は集めているのは間違いない。
負ける理由があればザッケローニの指導力と選手起用の問題だろう。
おいらがザッケローニが嫌いな理由が 彼の好むスタイルがハッキリ言っておいらが考える日本代表と異なっている点にあると言えるだろう。
ザッケローニはまずサイズに拘っている面があるのは言うまでもない。ディフェンス時の大きさを決行重視している。FWで大柄の選手を徴用しているのがいい例だろう。
そして海外勢を重用しているのも問題だと感じている。
いつも書いていることだが体調などが悪い時などはほかの選手を使うべきなのだ。
海外勢が悪いわけではない、使い方が問題なのだ。

また、おいらが指摘している本田の悪い面(ボールをもらいに下がってしまったり長く持ちすぎること)を治そうとしていないのかもしくは治せないのだろうことは大きな問題だと思う。

東アジアカップで結果云々の話でこれを見た人のコメントがまた残念だと思うのだ。
寿人や大久保を外した理由を彼らが語っているのだがシステムに合わないなどと書いていたりするわけだ。
ザッケローニのスタイルってのはなんだか口にできるのだろうか?
おいらには彼のスタイルがさっぱりわからない。
代表でみれることは中盤の才能のある選手に任せていることしかわからないのだ。
戦術などというものも見出せないと言えるだろう。
南アフリカが守備重視でわかりやすかったしオリンピックも同様だが、いまのザッケローニは何がやりたいのだろう?プレッシングにしたってしっかりやれることもあるがほとんどがそれほどきついプレスも書けないケースが多い。
うえであげた二つの大会で見せたスタイルはこの試合で走り切るんだという姿勢が見えたのに対しザッケローニのはそういうスタイルではないのだろう?
ではパスをつなぐサッカーなのかと考えてみても、相手が格下であろうとこういうスタイルでは日本が点が取れないのは今までの試合でハッキリしているだろう。
昨年は格下なら点が取れたが今はダメだといえるだろう。
メンバーは大きく変わっていないが点が取れなくなったともいえる。
錬度を上げる?おかしな話だ。
メンバーが変わっていないのに得点力が下がってしまっているではないか。

ある意味理由になりそうな事柄がいくつかある。
FWの前田が昨年のような調子ではないこと。
本田と長友がけがをしていたことで十分な力が発揮できていないことなどがあるだろう。

いつも書いていることだが、本番でも同様の状況が起こりうるわけでこういうケースでも勝てるような選手起用やスタイルの確立がザッケローニは出来ていないというしかないと思うのだ。

東アジアカップでザッケローニのスタイルに合うとか合わないとか言ったところで 選んだ選手の中でザッケローニのスタイルを体現できる選手がそもそもいないではないか?
ザッケローニのスタイルを知る選手が今回の代表の中核に入る人間を選んでいない中行き当たりばったりで何を見るというのかってことだ。
わかりやすく言えば選手個人の能力任せの試合をやって結果を出した選手を評価すると言っているようなものだろう。
そこにはザッケローニが今の代表でやっている形のようなものとは全く違う中で試合をやった結果を見るだけのことで今までの代表とのマッチングなどというものでは決してないということだ。


日本代表は2000年頃からは世界的にもそれなりの結果は残してきていることをまず忘れるべきではない。
そして今の日本代表が最強だという妄想も捨てるべきだろう。
ブラジル相手でここまでひどい負けを続けた代表は今の日本代表ぐらいだろうことを言っておく。

選手の能力が今が一番高いかもしれないことは否定はしない。
しかしなぜ一番強い代表ではないかといえば監督がダメなんだろう。
昨年の代表は同じメンバーでもよかった。今年はダメになっているということはわかりやすい。
先ほど上で書いたような状況があるからだろう。

南アフリカ後に代表監督を探すうえで日本のスタイルという重要な課題があったと思うのだが、結果的にザッケローニはそういうものを一切考えていなと言えるだろう。
中盤の人材に任せっきりをスタイルというならあまりに情けない。
誰だそこに入るにせよ同じようなスタイルで戦えるってのがスタイルと呼べるものだと思う。
本田がいないと勝てないなんてのは妄想だと思う。
いや、ある意味正しい。
ザッケローニが本田がいないときの戦い方を練習させていないのだろう。練習させているとしてもその場主義なのはトップ下を長く香川で行くか憲剛を使うか迷っていたようなことからもわかるだろう。
同様に香川がトップ下に入った場合の選手の使い方もザッケローニ自身が迷っていて戦い方の指示などもできなかったのではないだろうか。
これでは勝てないのも仕方がないだろう。

ちなみにだが、FWに誰が入っても日本の形は大きく変わっていないだろう。
攻撃面では前田やハーフナーの高さは生きていないのは解るはずだ。
そうであるならば寿人が選ばれることもあっていいはずなのだ。
守備での高さ云々という声が出るかもしれないが、本来守備でFWを使うなよと言っておく。
寿人で高さがというならセンターバックを大きくするとかボランチを大きくするという考えの方が本来正しいはずだ。

ザッケローニを選んだ協会はザッケローニを批判しにくいのかもしれないが、今のままではダメだろう。


とはいえ、去年の前田は悪くなかったし来年の本大会前に調子が上がっていないとも限らない。
同様に長友や本田がいまよりも昨年よりもよくなっているかもしれないという事がありうるんだよねぇ。
本来、監督ってのは何人かが不調でも戦えるチームを作るべきなんだが 今の代表は選手の調子さえよければそこそこ戦えてしまうわけでザッケローニの手腕とは関係なしに活躍することも考えられるんだよね。

ただ、個人的には今年勝てないってのが気に食わないのだ。
コンディションが悪い選手や結果が出ない選手は代えるべきだと言っておく。

なんでイタリアのメディアに前田は動きはいいが点が取れないのは日本で質問してはいけないことといわれなければいけないのか 考える必要があると思う。
海外のメディアは試合ごとに点をつけているが、高得点になるのは点に絡むケースが多い。
FWなら点に絡んでこそだと思うな。

ザッケローニがすることに大きな考えなどあるわけがない。
選手を試すってったって大きな影響はないだろう。
それほどの大会でしかないってことだろう。

しかも、協会がザッケローニに対し強くでないことがうかがえる中での話で負けたところで処分もないと思える中での話だ。

茶番でしかないだろう。
スポンサーサイト