| Admin |
東アジア選手権 代表・・
2013年07月15日 (月) | 編集 |
この大会はこのメンバー選考の時点で意義も減ったくれもない気がするが、セルジオはこの大会にもザッケローニにノルマを課すべきだと書いているらしい。

ザッケローニの言葉で成長していないというのがあったが、個人的にはこの言葉は表裏一体だろう。
選手に能力があったって使う側の問題を避けて通ることはできないだろう。
先ほども書いたがこの選手選考でザッケローニが見たいものってのが個人的にはよくわからない。
代表の胎動してきたメンバーをほとんど選んでいない中、この戦いの毛㏍が意味するものが何なのかがよくわからないのだ。
試合に勝つことが目的なのか?また、誰かが活躍することが目的なんだろうか?

おいらにはザッケローニの考え方がよくわからないんだよな。

佐藤寿人画家kつやくする陰には彼にパスを出すシステムのようなものが存在していると思う。
柿谷が活躍するにしても同様にパスの交換をする相手があってこそだろう。
豊田にしても同様で水沼のパスなど相性がいいのかもしれない。

そういうものを得て彼らは活躍している。

そう考えると点を取る選手を活躍させるのはほかの選手とのかかわりが大きいと思うんだよね。
ザッケローニは新しい選手を呼んだ時にそういう選手の役割を誰かにさせているのだろうか?と疑ってしまう。

いまのシステムに合う選手を選ぶんだよ、という人がいるかもしれないが それってのは点が取れなくても動いてスペースを作ることを言うのだろうか?
いつも書いているがおいらは前田の才能を疑ってはいない。ただ、今年の前田には運がついてきていないのを問題にしている。
点が取れないとザッケローニが悩んでいるという記事もあったが ザッケローニ自身が点が取れるように動いた形跡が見えないことが最大の問題だと思う。
先日の試合が終わってJリーグの得点上位者は皆日本人だが、だれも代表に呼ばれていない。
ランキングの低い前田だけが呼ばれているのだ。


どこかの記事に本田や前仇は守備で大きな役割を果たしていると書かれていた。
彼らがいると失点が減るらしい。

コンフェデを見ても同じことが書けるのだろうか?
背の低い岡崎がヘディングで点を取り、本田や前田がいても失点を繰り返していたではないか?
南アフリカでは守備が硬かったが今のディフェンスシステムはザッケローニの好みで作られているんじゃないんだろうか?
背が足りないのならセンターバックに今野ではなく栗原を使うべきだろう。
今野はボランチにいれればいいではないか?

データは重要だが、トータルで考えて判断するべきだろう。本田はボールを受けているしパスもとおしているが彼が絡むと攻撃が遅いのも特徴だろう。
中にはそれによってサイドが上る時間が稼げているという人もいるだろうが、点を取っているケースでは圧倒的に速い攻撃ができているはずだ。
時間をかけ攻撃に厚みを出しても点が取れなければ意味がないというもの。
そんなことをするよりは速い攻撃を仕掛けることのほうが点に絡む確率が高いはずだろう。

ボールをもらいに下がることも問題で、そうしないことをザッケローニが支持しなければならない。
本田を使うならボランチかトップで使うべきだと個人的に思う。
いつも書くことだが本田のキープ力を生かすならもっとゴールの近くで生かすべきだと思う。

まぁんにせよ、ザッケローニに対する協会の甘さが最大の問題で新しい選手の発掘なんて言えば聞こえはいいが、今のままならたとえ活躍したってこの大会におけるフロック的な扱いでしかないだろう。
チャンスには違いないがすでにザックの頭は固くなっており今後の少ないチャンスで再びチャンスをものにするしかないだろう。
それにしても折角の宝を使わないのはどうにも言いようがないと思う。
寿人や大久保の実績は申し分なく同等にチャンスを与えるべきだと思うな。
何度も使ってきたってのは意味がない。
ザッケローニが使い方を知らないだけだからなぁ・・。
進言できる教会関係者がいないのが最大の問題だ。

いまの日本のメンバーならネルシーニョやクルピならもっと強いチームを作るだろうとおいらは確信している。
スポンサーサイト