| Admin |
遠藤選手のついての記事があった
2013年07月13日 (土) | 編集 |
遠藤は攻撃で貢献している、もっと評価してあげてって話に対して皆が好き勝手に書いていたw。

いつもいうことだが、100人いれば100通りの味方があるわけで 他人の意見にニワカ扱いや批判的になる必要は全くないことだと思う。

おいらにしても遠藤の才能は評価するが今では扱いは確かに難しいと思う。

イタリアのピルロなんて選手もパスの名手で守備には難があるが、イタリアなどはほかのディフェンダーの力があるから日本と一緒にするのもどうかとは思う。
これはおいらがいつも書いていることだが、決して日本のディフェンダーの質が低いということではないと思うんだ。まぁ日本人よりは対人での強さはあると思うってことだね。
日本のディフェンダーは組織で守ることが多いのでそういう面では弱いのだろう。

おいらの基本的な考え方には調子のいい選手をつかえというものがある。
したがって調子が悪い選手は本田であろうが遠藤であろうが代えるべきだと思う。
そして相手によっても選手は代えればいいということだね。

本田や香川が替えの効かない選手みたいに扱われてしまっているが、ほかの選手との相性などを見てもおいらには彼らが絶対的な選手には思えない。

ハーフナーに合わせられる選手が駒野だけと書いている人を見たことがあるが、そういう相性みたいなものも選手起用の条件になるんじゃないかなぁと思う。

おいらがよく書いていることだが、この選手は絶対的存在などという人はその選手が故障したらワールドカップはあきらめちゃうってことなんだろうかと思うんだよね。
代表選手になろうっていう人は試合に出続けているのがほとんどなわけでいつ怪我をするかもしれないわけだ。
その選手の替えがいないって国はどうすればいいのだ?
おいらは監督がそういうことも頭に入れてチームを作るべきだと思うし、替えが聞かない選手ならその代わりを務める選手の育成にも力を入れるべきだと思う。

もっともおいらは選手の能力にはそれほど大きな差はないってのが持論なわけで、ある一面でずっと劣る面があったとしても相手を上回る面を持っていれば使い方次第で十分に戦えると思うのだ。
香川のボールタッチや冷静さは真似できないがもっと守備で頑張れるっていう選手は別のチームなら香川より活躍できるかもしれないだろう?

よく代表の選手の層が薄いなどという人がいるが、そんなものは間違いだと言っておく。
昔から結構いい感じの選手はいるんだが、実はそういう選手をうまく扱える監督がいないだけのことだと思う。

代表合宿まで呼ばれる選手ってのは基本的に所属チームで結果を残しているわけで能力がないわけではない。
問題なのは代表が寄せ集めのチームであるために選手一人一人のスタイルを発揮しきれないことで、そういうマッチングがうまくいけば今試合に出ていない人間や最終的に代表落ちしている選手だって活躍するチャンスがあると思っている。

おいらの見方では本田や香川が練習していることと同じことをほかの選手もやっているという事が大事なんだと思うね。代表に呼ばれた多くの選手が誰かの代わりに入ってもいいプレーができるというぐらいにね。

特にFWはMFのスタイルに合わせてしまっては持ち味が半減してしまうかもしれないからMFがFWにいかに合わせられるかがだいじだとおもう。
ザッケローニはそれができているのだろうかという懸念がおいらにはあるのだ。

遠藤の守備などに結構問題視している人がいるがそれなりにカバーもしてるしパスカットもしている。
もし問題があるのならば対戦相手によって守備的に戦える人間と代えればいいだえのこと。
おいらにはメンバーを固定したがる理由がわからない。
攻撃も守備も完璧な存在はもともとそうはいないだろう。
多くの強豪チームだって決まりきった選手ばかりで戦うなんてことのほうが稀だろう。

普通に対戦相手によって選手起用を代えるだけでいい話だと思う。
決まった選手しか使わないから代わりの選手がいないととらえる人もいるが、言っちゃなんだが そんな戦い方は古い戦い方でしかないと思うな。
疲れた選手は代える、調子のいい選手を使うというほうが勝つ確立は上がるはずだ。
調子がいい選手ってのはここ一番で体が動いている証拠なのだろう。そういう選手を使ってまずいわけがないと思う。

おいらが前から書いているように、ワールドカップ予選からコンフェデとまともに練習さえできなかった本田を途中交代さえもさせずに使い続けることのほうがおかしな采配だと思うな。

遠藤の話でもそうだが、遠藤にはストロングポイントも弱点もあるわけで使うところと代えることをしっかり使い分ければいいと思うね。

おいらは凝り固まった頭で選手を使いこなせていないと感じるザッケローニでは日本は強くなれないと思うだけだ。選手は使っていいところを引出し それを普段一緒に練習できないほかの選手に見せることも監督の仕事だと思っている。
新たに選手を呼んでは使わずに帰すザッケローニはそういう能力に欠けていると思うのだ。

選手は交代枠がある限り代えるという方針がザッケローニには欲しいと思うね。
残念ながらザックの交代は意味の薄いものが多い。
こういうことが彼の能力の低さを表していると思うね。
スポンサーサイト