| Admin |
代表のディフェンスを心配している人
2013年06月25日 (火) | 編集 |
コンフェデを見て代表のディフェンスを心配している人は安心するべきだ。

岡田監督が南アフリカを前にボロボロだったことを忘れないでほしい。
DFは自殺点を繰り返してしい亜も負け続けたではないか。
それが本大会では堅実な守備は見るものがった。
ディフェンスの調子なんてのは基本的に心構え一つですぐに変わるものでしかない。
少なくてもそれぐらいの技術を持っているから選ばれた選手たちがやっているのだ。

今の日本の場合は指導者や選手の意識の問題がディフェンスの崩壊のようになっているだけでしかない。
日本のように動き回るチームなら全体が守備の意識を強く持つだけで十分対応ができるものだと思う。

南アフリカで直前まで批判されていたチームが善戦したのはバランスを変えたからだろう。
攻撃をする気持ちを抑えまず守備を固める意識が全体にいきわたっていたことで前線から徹底した守備を行い反撃でチャンスを作っていた。

今の代表にしてもフランス戦やアルゼンチン戦を考えれば十分に硬いディフェンスができることは証明されている。
いまなぜこういうような崩壊をしているかを冷静に考えるだけで十分だろう。
普通に考えれば日本が強豪と戦う際にイタリア戦で見せた吉田のような失敗はあり得ない。
あの時は2点を先制したという油断があったのだろう。また、吉田がプレミアで戦って得た自信が招いたものだろう。今野のパスミスも痛かったが、今野のこれまでの実績からしてたまたまでかたずけていいと思う程度の問題だと思う。
不思議なものでこういうときにこそ普段では考えられないプレーが続くのだろう。



おいらは今の代表が失点が多いのは仕方がないように思う。
ちょっと考えればわかることだが今の代表は万全ではない。
本田の運動量や長友の身体的不安などが挙げられるだろう。

特に長友は出場はしているが100%には程遠いのではないだろうか。
誰かが指摘していたが長友は左足でクロスを上げることがかなり減っているのではないだろうか?
また失点のスルーを通された場面でも長友はすべっていない。
体に心配を抱えていると言えると思う。

もしワールドカップでの守備に不安を感じるとすればザッケローニが体調に不安がある選手を使い続けることによる不安だと思いますね。
もう一つはザッケローニの選手への考え方によるものでしょう。

彼は海外組を尊重しすぎていると思っている。
おいらにはこれはザッケローニが自分で判断できずに誰かが評価した海外組というポジションが必要に見える。
また正しくない基準を持っていることも問題だ。
それはサイズに拘ることと自分の成功体験に拘ることだろう。
それにより自分でFWの選考基準を狭めているのは明白だ。
本田や香川を使い続けるのも悪い結果が出ても彼らを使い続けても批判されないからだろう。
ほかの選手を使えば批判されるだろうことを回避する目的だと思う。

おいらにはザッケローニの一番の問題は指導力不足だと思っている。
いつも書くことだが、おいらは多くの選手の力の差はわずかだと考えている。
したがって普通に選手を選んでいても指導力が優れていれば少なくても代表にふさわしい試合は出来ているはずだ。
今の代表は優秀な選手を多く使っているわけで指導力や采配に間違いがなければもっといい結果が出ていてもおかしくないんだよ。

おいらが前田を使うのは間違いなどというのも組織的な攻撃などがしっかりできていればこういう話をする必要もないはずなのだ。
結果的に個人の力頼りになっているからツキのない前田を使うなとおいらは言っているのだ。

乾が出ていた試合でザックはサイドに張れと支持をしていたらしいが結果乾は距離が空き連携に問題を感じたらしい。
こうした指導力がいい選手を使いながらいい結果が出ていない理由だと思いらは思うのだ。

最近おいらがトルシエの話を持ち出しているが、トルシエはその指導を徹底することで結果を出した監督だからだ。
しかもわかりやすいことにトルシエが指導したのがフラット3と呼ばれるものだったからだ。

ザッケローニが3-4-3がしたいなら徹底した指導をすればいいのだ。

日本で3バックがうまくいかないのは彼の指導力不足でしかないだろう。
一般に日本人に言われていることが戦術理解に優れていてテクニックがあり従順だという点だろう。
言い換えれば指導者にとってやりやすい民族だと言えるだろう。
なぜうまくいかないかといえば単純に指導力が足らないのだろう。

想像するに昔長友が言った言葉にザッケローニはボール保持者に自分が向かった際に後ろは気にしないで自分の仕事をしろと言ったらしいのだが、その場合後ろをカヴァーする人間がそれに見合うケアをしなければならないのだろう。それにはカヴァーする人間の心構えも指導しなければならない。そうするとそれに合わせたほかの人間のポジショニングもしなければならないわけだ。
それらすべてがうまくいって初めて彼の言うフォーメーションは機能するわけだ。
それがいつまでたっても3バックがダメというひょうかになるのはどこかでカヴァーの仕方が不十分なのだろう。

そもそもイタリアと日本ではパスの距離感に違いがあるのではないのだろうか?
イタリアでできる距離感が日本人にフィットしないのであればうまくいく確率も低くなっても仕方がない。
3バックをやるには日本人に合った距離感の3バックを作らねばならないのだろう。
しかしこれまでのザックの発言などから見えるのが彼が成功体験に固執する姿であって日本人に合った3バックというものを考えられない性格が見えてくる。
トルシエがフラット3を教え込めたのは日本人に合った形で教えることができたためだろうとおいらは思う。
結果的にトルシエは2001年のコンフェデに準優勝しグループリーグで名だたる選手をそろえたブラジルと引き分け決勝でフランスに0-1で敗れたとはいえ結果を残したのだ。
ワールドカップでもベスト16に入ったが日本に勝ったトルコは3位になったと記憶している。

おいらにとって日本に大きく貢献した代表監督はオフトとトルシエという事になる。
オフトはアジアで勝てなかった日本をワールドカップに導きかけた監督だ。
彼の行ったことは小さくはない。
トルシエは言うまでもないだろう。
まぁ2002年を迎えるための協会の努力も評価できるが(強いチームとマッチメークしてきたことなど評価できるだろう)結局は選手が頑張ったのだろうなぁ。


まぁなんだ・・・ディフェンスの崩壊なんてのは今のままでも修正できるし国内で活躍する選手にだっていい選手はいるから心配する必要などない。
何度も言うが問題はザッケローニだということだ。
この事だけは間違いない。
スポンサーサイト